こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

いまでは子供が0歳から保育園に通わせる家庭も少なくないです。

私も、子供が生後7か月ころから保育園に預けて働きに行っていました。

はじめての子供ということもあり、何を用意したらいいか、保育園ってどんな感じなのか、全然分かっていませんでした^^;

というか、そもそも保育園と幼稚園の違いも分かっていなかったです。笑

 

そこで、今回は「0歳児からの保育園、何を準備したらいいか」をテーマにご紹介します。

ならし保育で色々聞こう!

「ならし保育」とは、子供がこれから日中の大半を過ごすことになる保育園に、少しずつ慣れるための期間のことです。

ならし保育の期間は、最短で3日と言われていますが、だいたい1週間~10日ほどです。

 

保育園によって、ルールや準備するものが違ってくるので、詳しいことを知りたければ、一番てっとり早いのがならし保育期間中に保育士さんにガンガン質問することです。

 

保育園のことを一番分かっている、保育士さんに聞くと間違いないですよね。

ただ、ならし保育は子供によって期間が違うので、「ならし保育中に全部準備しよう」とのんびりしていると、ならし保育3日で終了!

なんてことになりかねないので注意です^^;

あらかじめ、ある程度は用意しておいて、細かい部分はならし保育中に確認!のほうがいいでしょう。

0歳児さんの保育園準備リスト

オムツ

どこの保育園でも必ず持っていかなければいけません。

0歳児さんは、1日に8枚ほど必要です。

保育園によっては、オムツ全てに「名前つけ」が必要な場合もあります。

保育園によっては、オムツを持ち帰らなければいけないところも。

汚れたオムツ専用の巾着があると持ち帰りやすいです。

肌着+トップス+ズボンで1セットです。

0歳児さんでも、オムツ替えしにくいという理由から、上下が繋がったロンパースタイプの服はNGな保育園も多いです。

0歳児さんは、ミルクの吐き戻しや離乳食の食べこぼし、おしっこやうんちのおむつ漏れなどにより着替えが多く必要です

ストック用の着替えは3セットほど用意しておきましょう。。

 

また、服装には色々ルールがあります。

<NGな服装>

  • ロンパースなどのつなぎ服:オムツ替えに時間がかかる
  • 背中にボタンやファスナーが付いている服:着替えに時間がかかる
  • フード付きの服:遊具や他の子どもにひっぱられる恐れがある
  • スカート:子供が動きにくい
  • ボタン、金具の付いている服:とれたものを誤って飲み込んだり、投げてしまったりする恐れがある

食事用スタイ

離乳食をはじめる生後5か月頃から必要です。

布製やシリコン製など色々種類があります。

うちの保育園では、シリコン製のスタイはNGでした。

子供が自分で着脱できるように、ゴム付きのループスタイでないとダメと言われました。

保育園によってルールは色々なので、スタイを用意する前に確認しましょう。

口拭きタオル

食事中に口を拭くタオル。

1日にお昼ご飯用とおやつ用の1日2枚ほど必要。

ガーゼでもいいとのことでしたので、ネットで安くて大量セットで売られているガーゼをポチリました。

ガーゼなら乾きやすいですし、安いので、汚れて汚くなったらすぐに新品にしてあげられます。

予想通り、食事中にベタベタになった口を拭くガーゼは1~2か月ですぐに汚くなってしまいました。

ビニール袋

意外と毎日必要なのがビニール袋。

保育士さんがオムツを入れたり、汚れた服を入れたりします。

持ち手のない、100均のビニール袋で充分です。

掛け布団・敷布団

掛け布団は、夏場はタオルケットを、また寒くなってきたらブランケットを使用します。

敷布団は、「コットカバー」と言われるゴムつきのものを指定される保育園が多いです。

敷布団は年間同じものでもOK。

うちは、敷布団1枚。掛け布団は夏用1枚・冬用1枚の合計3点でやりくりしています。

だいたい、金曜に掛け布団・敷布団を持って帰って土日で洗濯。

月曜にまた持ってくる、というサイクルの保育園がほとんどです。

マグや哺乳瓶

大きくなってきたらマグ。小さいうちは哺乳瓶が必要です。

ちなみに、全て保育園が用意してくれるところもあります。

うちの保育園は、哺乳瓶もマグも保育園側が用意してくれました。

離乳食用のスプーン・フォーク

離乳食を食べ始める年齢になってくると必要です。

自宅で使っているのと同じものの方が、赤ちゃんも慣れていて安心かもしれません。

ちなみに、こちらも全て保育園が用意してくれるところもあります。

ループ付きタオル

保育園の机や廊下に用意されたフックから吊り下げて、手洗いやうがいをしたときに使うタオルです。

だいたい1日1枚で充分です。

通園バッグ

上記全てを入れるバッグ。

0歳児さんは自分で持てないので、ママやパパが使うカバンです。

金曜・月曜には敷布団・掛け布団を持ち運ばなければならないので、大きめバッグと火曜~木曜用の小さめバッグの2種類用意するのがおすすめ。

名前つけ

上記すべてに必要なのが名前つけ

保育園では、持ち物が混在しないように、全ての持ち物に名前つけが必要です。

タオルや靴下1枚1枚まで、全てに名前つけしなければいけないので、なかなか時間がかかります。

今では名前つけを簡単にできる便利なグッズが多くあります。

上手く活用して、楽に可愛く名前つけしましょう。

0歳児さんの1日のスケジュール

可愛い子供が、保育園で1日どうやって過ごしてるんだろうって気になりますよね。

だいたい、どこの保育園も同じようなスケジュールだと思うので、うちの保育園のスケジュールをご紹介しますね。

 

<0歳児クラスのスケジュール>
7時~9時  順次登園、自由遊び
9時   おやつ(または授乳)
10時 お散歩や室内遊び(または睡眠・外気浴)
11時 給食(または授乳)
12時 お昼寝
15時 おやつ(または授乳)
16時 自由遊び、順次降園

 

だいたい、寝ているか食べてるか遊んでるか。

まだ一人で歩けない子供は、保育士さんにだっこされて日光浴したり、ベビーカーに乗っておさんぽしたりしていました。

母乳の場合どうするの?ミルク・おっぱい問題

母乳で育ててきたママが頭を悩ませるのが「子供が哺乳瓶でミルクを飲んでくれない」こと。

7時間ほどおっぱいと離れ離れになるのですから、ミルクを飲んでくれないと保育士さんも困りますよね。

 

生後7か月で入園したうちの子は、母乳のみで育てたため、哺乳瓶で全く飲みませんでした…。

3月から慣れさせようと、毎日哺乳瓶に口をつけさせていたのですが、感触がイヤなのか、くちに含むことすらしてくれない…。

グッ…と口を閉じて、完全拒否の姿勢。

色々試してみたんですが、なかなか頑固で全く哺乳瓶で飲んでくれない。

 

そうこうしている間に4月のならし保育になり、全くミルクを飲んでくれないまま預けることに。

案の定、泣くは泣くわで保育士さんが大変そうでした。

あの時の保育士さんすみません…。

 

そのおかげで、だいたい1週間ほどのならし保育もうちの場合、2週間もかかってしまいました。

 

結果的に、生後7か月だということもあり、離乳食を多めにとることで問題は解決しました。

…結局最後までミルクは飲んでくれなかったのです。

 

他の子の話を聞くと、ママと離れて保育士さんに預けたことで、諦めてミルクを飲んでくれる子もいるようです。

子供の性格なので、この辺はどうなるかわかりませんが、少なくとも母乳で育てているママは、ならし保育の期間は長めにみておいたほうがいいかも。

アレルギーには保育園も敏感!離乳食問題

0歳クラスの子たちは、離乳食をはじめたばかりの子が多いと思います。

大切なお子さんを預かる保育園は、アレルギーにはとっても敏感。

ですので、あらかじめ「食べさせたことのある食材」のチェックリストを渡される保育園も多いです。

家で2・3回食べさせた食材なら大丈夫とみなされて、保育園でも食べさせてもらえます。

 

保育園では、初期・中期・後期・完了食と離乳食の段階に合わせてメニューが変わります。

そのメニュー表に合わせて、家でも「まだ食べたことのない食材」を食べさせなければいけません。

 

仕事から帰ってきてだと、なかなか大変だったので、私は土曜にまとめて「まだ食材」を食べさせていました。

なかなか食べてくれない時は「一口でいいから食べてくれ…でないとチェックOKできない…」と思いながら必死になっていました。笑

雨の日は大変!通園問題

保育園に向けて、色々準備もしたし、完璧!と思っていませんか?

 

一番大変なのが雨の日の通園

 

毎日毎日の送り迎えが、地味にしんどいのに、更に雨なんて降られたら思わず憂鬱にもなります。

 

車の移動ならラクですが、自転車で雨の日はとっても大変。

1歳までの子供が軽い時期だと、自転車+レインコート+抱っこ紐でも問題ありません。

もしくは、ベビーカーにレインカバーをかけて通園。

 

1番多かったのが、自転車+ママレインコート+チャイルドシートレインカバー

参考サイト:amicae

これなら、忙しい朝にわざわざベビーカーで通園することもありません。

自転車にさっとカバーをかけるだけで雨を対処できます。

まとめ

保育園の入園準備はやることが多いのに、あまり時間をかけられません。

入園許可が下りて必要なものがわかったら、できるだけ早く取りかかることがポイントです。

 

特に0歳児は1年でとっても大きく成長するので、月齢によって必要なものがどんどん変わってきます。

入園してからも、担任の保育士さんと、送迎の時にでも話し合ったりして、新たに買い足したりサイズを変更したりしたほうがいいものがないか、よく確認しましょう。

 

不安も色々あるでしょうが、保育士さんは子育てのプロフェッショナルですから「気になることはまず聞いてみる」が一番です!

保育士さんが忙しそうなら、連絡帳に書いてもいいですね。

保育園生活を楽しくスタートできるように、子供と一緒に楽しく準備を進めていきましょう!

おすすめの記事