10ヵ月の妊娠期間を経てやっと出会えたかわいい命。小さいながらも一生懸命、日々成長していく我が子に喜びを感じます。
そんな中お母さんの体で心配なことが、骨盤の開きについてです。産後の体は骨盤が開きガタガタです。
骨盤矯正ベルトを着用することを産院に勧められたが、どれを選べばいいの?いつまですればいいの?ここでは骨盤矯正ベルトについての悩みを解決します。

骨盤矯正ベルトとは?

骨盤矯正ベルトとは、産後に開いてしまった骨盤をより早く締めるために用いるサポートベルトです。
妊娠、出産を経てママの体は大きく変化し、大きな負担がかかっています。
骨盤は産後自然に戻ろうとする力があります。骨盤を正しい位置に戻すためのサポートをするのが骨盤ベルトです。

骨盤矯正ベルトの選び方

骨盤矯正ベルトは
・普段骨盤のゆがみを矯正するために使用するもの
・産後の骨盤ケアを目的に使用するもの
に分かれます。ほとんどのベルトは普段、産後どちらにも対応しています。

しかし、産後の体はとてもデリケートです。
産後のことを考えて作られたベルトはお腹に負担がかかりにくいものや、伸縮性の良い柔らかいものなどがあります。
出産で緩んだ骨盤をケアする目的としたもの、かつお腹に負担がかかりにくいデザインのものを選ぶと良いでしょう。

骨盤矯正ベルトを選ぶポイントは3つ

お腹に負担がかかりにくいもの

産後すぐ使える骨盤矯正ベルトは、お腹に負担がかかりにくいものを選びましょう。細身のベルトがオススメです。太いベルトだと幅が広いためお腹まで圧迫され、痛みを感じる場合もあります。産後でまだ体が十分に回復していない時は気をつけましょう。
骨盤の矯正を目的とするのであれば骨盤の部分だけを集中的にケアすることのできるデザインのものを選びましょう。

伸縮性通気性の良い生地

ポリウレタン等の伸縮性の良い素材を使用しているベルトはストレッチ性があるため身体にフィットし動きやくなっています。

ポリエステルなどの伸縮性の弱い素材を選ぶ場合はしっかり固定される代わりに、伸縮性がないので動きが制限され装着していることに違和感を感じる場合があります。

ベルトをしていて困る事は夏だと暑くて蒸れてしまうことです。その場合はベルト部分がメッシュ生地になっているものを使うと通気性も良く蒸れにくくなっています。

ダブルベルトのものを選ぶ

骨盤矯正ベルトはシングルベルトとダブルベルトがあります。シングルベルトが1枚のベルトで1カ所止めるものです。ダブルベルトはベルトの長さが長く、ベルトの両端に留め具がついていて、二ヶ所でベルトを固定します。
断然ダブルベルトのものをお勧めします。ダブルベルトは生地が二重になりサポート感が強く、留め具を自分の好みに合わせて調整しやすくなっています。個人に合わせて微調整もできるのが嬉しいポイントです。

サイズがあったものを選ぶ

産後の体は体重増加が気になります。私の場合産後すぐ使用した骨盤矯正ベルトはエルサイズでしたが、使用していくうちに骨盤が締まり、エルサイズではぶかぶかになり、使えなくなってしまいました。そのため骨盤矯正ベルトはエムサイズとえるサイズの2種類を使用しました。
産後すぐの体の負担を考えると、その時合ったサイズに切り替えることをお勧めします。

骨盤矯正ベルトおすすめ5選

産後の骨盤ベルトのお勧めを調べてみました。産後に助産師さんに聞いてみたり、目的やデザインで好きなものを選んでみましょう。

トコちゃんベルト2

 

出典:トコちゃんベルトHP

産院でもオススメされる骨盤矯正ベルトです。私もこのとこちゃんベルトを使用して骨盤を締めました。
トコちゃんベルトには種類が3種類ありますが、産院で勧められたものはトコちゃんベルト2です。

トコちゃんベルト2は骨盤を前から後ろに寄せるものです。腰やお尻の痛み、オシモのトラブル、骨盤のゆるみのためのベルトです。

前のベルトは細くなっているので、ピンポイントで骨盤のケアをしてくれます。そのためお腹を締め付け、刺激することがないので産前から使えます。

 

<価格>S/M \6,000+税  L¥7,000+税  LL¥8,000+税

ワコール産褥、産後用 マタニティ産後骨盤ベルト

出典:WACOAL MATERNITY HP

日本助産師会と共同開発されたものです。こちらも産前、産後に使えます。

骨盤のポイントの「仙腸関節」「大転子」「恥骨結合」の3点を支える構造となっており、効率よく骨盤矯正を行うことができます。

こちらの商品のおすすめはなんといっても、ヒップのY構造です。お尻を挟んで固定するためズレにくいのが特徴です。下着メーカーと助産師会の共同開発というところも、信頼でき気になるポイントですね。

<価格>S/M/L ¥6,500+税   LL ¥6,800+税

 

コナミスポーツライフ 産前産後骨盤ベルト パワフルギアF

 

出典:KONAMI SPORTS CLUB HP

 

4つのベルト通しの穴があい、装着後にも微調整ができます。他の物は、一度マジックテープをつけてしまうとその位置で固定されるので、思ったように締め付けられないこともありますがこちらは、微調整ができるのがとても嬉しいポイントです。

ズレ防止加工と、メッシュ生地のため通気性が良いことが特徴です。

産前・産後から使えます。

 

<価格> フリー \6,500+税

ピジョン 助産師推奨骨盤ベルト

出典:pigeon HP

 

こちらも助産師さんとピジョンの共同開発のものです。お腹部分がメッシュ生地になっているためムレにくく、幅も細めなので夏に使いやすいタイプです。お腹を締め付けないので産後すぐから使用できます。

魅力的なのがお値段です。インターネット販売などで安い価格のものを見つけると\3,000以内で購入できる場合もあります。産後は子供のことでお金がかかります。少しでも安く済ませたい、とりあえずはじめようと思う方にお勧めです。

<価格>M~L ¥3,000+税

犬印本舗 産後骨盤ケアベルト

出典:inujirushi HP

お尻の部分が立体構造になっているためズレにくいです。素肌の上から着用することもできる、内側は肌に優しい綿素材なのが魅力的です。

前は、シングルベルトタイプになっていますが、お尻の立体構造でサポートされるので安心です。

<価格>M/L ¥3,800+税   L/LL ¥4,000+税

 

産後骨盤が戻らないとどうなる?

産後に骨盤矯正をせず正しい位置に戻すことができなければ、一体どうなるのでしょうか?

怪我をしたときに自然に怪我が治ると同じように、産後も開いた骨盤は自然に閉じようとします。しかし骨盤矯正ベルトでしっかり正しい位置に戻すことをしないと体のラインが崩れてしまいます

そうすると体の歪みの原因となり肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。また体の左右のバランスが崩れることにより産後太りにもつながります。産前のスカートが入らないくなるのはそのためです。

骨盤をしっかりケアしてあげないと筋肉のバランスも崩れ基礎代謝が下がる原因にもなります。基礎代謝が下がるとダイエットも成功しない場合があります。

産後の骨盤矯正はいつから始める?

産後の骨盤矯正は、骨盤が安定し始める6ヶ月以内に始めましょう。

産褥体操は産後すぐから始められます。しかし産後すぐに、骨盤矯正で無理に骨盤をしめつけると悪露の排出の妨げになってしまうことがあります。

産後1ヵ月経った頃に骨盤矯正を始めることをお勧めします。

私は一人目の時、お腹を押して無理矢理生まれてきたので、オシモがビリビリに避けてしまいました。そのため入院中の5日間、帰宅後1週間は痛すぎて痛み止めを飲まないと生活ができない状態でした。また、1ヵ月は円座生活でした。そのため産後の骨盤矯正所ではありませんでした。

 

しかし1人目の出産だったので骨盤はそこまで痛みもなく産後1ヵ月ごろから1ヵ月間だけ骨盤ベルトをつけました。

2人目の時は、2人生まれた分産後の体はボロボロでした。立っているだけで骨盤がガクガクしました。

そこで2人目の時は、出産後入院中に助産師さんに骨盤ベルトの巻き方を教えてもらい、産後3日で始めました。骨盤ベルトをして骨盤を安定させないと動きがおかしな状態でした。2人目が生まれたのは秋だったこともあり、産後3ヶ月間骨盤矯正ベルトをしました。

 

産後の体はとても弱くデリケートです。

無理をせず医師に相談しながら骨盤矯正を始める時期を決めて下さい。

帝王切開をした人でも骨盤矯正は必要なの?

帝王切開をした人は自然分娩と違い赤ちゃんが産道を通っていないので、自然分娩の人より産道へのダメージは少ないです。

しかし妊娠している時点で大きくなった子宮や赤ちゃんを支えるために、骨盤には大きな負担がかかっています。

もちろん普通に生活しているよりも妊娠している時は靭帯が柔らかくなり骨盤が開きやすくなっています。

自然分娩の人と帝王切開の人は、妊娠中の骨盤上の負担は変わりありません。

そのため帝王切開の人でも骨盤のケアをしなければなりません。しかし帝王切開の人はお腹に傷があるので傷が治る、産後一ヶ月後位を目安に始めると良いでしょう。

骨盤矯正はいつまで行うの?

それぞれの体に合わせた骨盤矯正を行い始める目安は産後1ヵ月です。では骨盤矯正をいつまで行うのが良いでしょうか。

産後はぐらぐら不安定だった骨盤も、産後6ヶ月位で元に戻ってきます。そして産後1年ではほぼ出産前の骨盤の状態に戻ります。

骨盤をしっかり元の位置に戻すために産後1年まで骨盤矯正を行いましょう。

私は当時、正しい知識があまりなく、産後2,3ヶ月で骨盤矯正をやめてしまいました。

そのせいで産後2年経った今でも骨盤のあたりが痛みます。

きちんと骨盤矯正をしておけばよかったととても後悔しています。できるのであればもう一度骨盤まわりの筋肉や靭帯が柔らかい状態に戻り、骨盤矯正ベルトをし続けたいです。そのために3人目を産むか…なんて考えたことも・・

まとめ

骨盤矯正を始める時期は個人差がありますが、産後1ヵ月程ではじめましょう。

必ず医師や助産師に相談しましょう。骨盤矯正ベルトを正しくつける位置を教えてもらうと良いでしょう。

自然分娩でも帝王切開でも妊娠をした時点で骨盤には大きな負担がかかっています。そのため産後はどんな状況でも必ず半年以内に骨盤矯正をすることをお勧めします。産後1年間は骨盤矯正を行い続けましょう。

骨盤矯正を怠ると数年後に、骨盤周りに痛みが出たり体が歪んでしまい腰周りにお肉がつきやすくなってしまいます。

ぽっこりお腹の原因や肩こりの原因にもつながります。

産後は慣れない赤ちゃんの世話でとても忙しく、自分に時間を取ることが難しいかもしれません。整体やストレッチなどまとまった時間を取れない人でも、骨盤矯正ベルトはつけるだけでいいのでオススメです。

 

おすすめの記事