こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

出産祝いの品物を決めて、さぁ、あとは贈るだけ!って時に頭を悩ませるのが「のし」のアレコレ。

結婚祝いの時もそうだったんですが、「のし」の書き方とか正直よくわからない…。

私は、水引きの種類も全く分からない状態でした。

なんか色々種類があるけど、どれが正解なんだろう?

名前のところには自分の苗字を書けばいいのかな?それとも子供の名前?

せっかく贈る内祝いなんですから、失敗なく贈りたいですよね。

 

そこで、今回は「知らないと恥ずかしい!のしの書き方」についてご説明します!

のしに何を書くの?

まず、のしの構成についてです。

どこに何を書くのかがわかっていれば、これからの説明もグッとわかりやすくなりますよ。

■表書き

お祝い事の内容を書きます。

「寿」「御入学祝」など。

出産内祝いの場合は「内祝」または「出産内祝」と書きます。

■名入れ

誰からのお祝いなのか分かるように、贈り主の名前(人名や会社名)を書きます。

■水引き

飾りの紐です。

色・線(紐)の本数・結び方が色々あります。

用途によって使いわけます。

■熨斗(のし)

「のし」というとのし紙全体のことと思われがちですが、本来はこの部分を「のし」といいます。

色紙を細長い六角形に折った飾りもの。

お祝い事のみに使用されます。

ちなみに熨斗(のし)は…
かつて「長寿や繁栄」を意味する縁起物として、薄く伸ばしたアワビを干した「のしあわび」が使われていたことが由来です。
現在ではこれらが簡略化され、熨斗と水引が印刷されたものが「のし」と言われています。

出産内祝いには紅白の蝶結び(花結び)

水引きには色々種類があり、悩んでしまいますよね。

お祝いの水引には「結び切り」「蝶結び」があります。

 

蝶結びは何度も結びなおせることから、「何度繰り返してもうれしい事」に使われます。

出産内祝いをはじめ、引越し祝いやお中元・お歳暮に使われます。

ちなみに結び切りは1度きりが良いお祝い、結婚や快気祝いなどに使われますよ。

結び切り⇒

蝶結び⇒

関西では…
ちなみに、関西では「鮑結び(あわびむすび)(あわじむすびとも言います)」でもOK。
一般的に「鮑結び」は結び切りと同じく、一度きりのお祝い事に使われますが、
関西では、鮑結びは結婚・出産・入学などのお祝いから弔事まで幅広く使われています。

表書きはどうする?

表書きのところには「出産内祝い」または「内祝い」と書きましょう。

どちらでも、バランスのいいほうで大丈夫です。

贈る相手に不幸があった場合や、出産祝いをもらっていないけれどお世話になっている方への内祝いの場合、「御礼」とするのが良いでしょう。

名前はどうする?

名入れの部分は、贈り主の名前を書きます。

ただ、出産内祝いの場合は両親の名前は書かず、お披露目の意味を込めて、生まれた子どもの名前のみを書くのが一般的です。

また、ふりがなも名前の横に書きましょう。

最近は、名前の読み方も色々です。

すんなり読める字もあれば、ちょっと迷う字もあれば…。

ですので、相手が困らないようにふりがなを書いてあげるのが親切です。

名入れはそれぞれ
子どもの名前のみを書くのが一般的ですが、それ以外の書き方がマナー違反というわけではありません。
地域差や世代によって変わりますので、気になる人は身内に聞いてみるのがいいかもしれません。

双子の場合はどうしたらいい?

子供が双子ちゃんだった場合、「別々に品物を贈るの?」

「それとも1つの品物で2人の名前を書いちゃってもいいの?」ってちょっと迷いますよね。

双子の出産内祝も、赤ちゃん1人の場合と一緒の考え方で大丈夫ですよ!

ですので、1つの品物に双子の名前を書きましょう。

名前は、右から左へ兄弟の順で記載するのが一般的です。

年長者は右から
のし紙には、社会的地位の高い人を「右から順に並べる」というマナーがあります。
そのため、年長者である兄(姉)が右になります。

出産内祝いは「外のし?」「内のし?」

贈り物への、のしのかけ方には2種類あります。

■内のし

品物にのし紙をかけてから包装紙で包む

■外のし

品物を包装紙で包んでからのし紙をかける

 

厳密なルールはありませんが、出産祝いには「内のし」が好まれます。

のしは元々、贈り物に添えるかたちで風呂敷に包んで贈っていました。

今では、包装紙が風呂敷の役割をしているとすれば、「内のし」が理にかなっています。

相手のお祝いごとならお祝いを強調する「外のし」のほうがいいですが、自分のお祝い事ですので、控えめな「内のし」のほうがいいでしょう。

メッセージのマナー

最近は、ネットで購入してそのまま送る、というケースも増えてきました。

内祝いのメッサージを入れれる店舗もあり、品物と一緒にメッセージカードを贈るのもステキですよね。

 

ただ、その場合、メッセージの内容には少し注意が必要です。

「出産祝いのお返しです」という風な言葉は避けましょう。

 

「お返し」は、「もらったので返します」と、とられるおそれがあります。

メッセージに「お返し」という言葉は避けて、「ささやかですが、心ばかりの品をお贈りさせていただきます。」と書きましょう。

もしくは、贈り物については何も書かずに、お祝いをいただいた事への感謝の言葉と「今後とも宜しくお願いいたします。」の挨拶にとどめておいたほうがいいかもしれません。

 

 

また、産まれた赤ちゃんの写真を一緒に贈るのも危険な行為。

子供が欲しいのに、できない家庭もあります。

そうではなくても、それぞれに色々な事情があります。

赤ちゃんの写真を贈るのは、もしかしたら受け取る人の気持ちに負担をかけてしまうかも。

写真を贈るのはごく近しい人だけにとどめておいたほうがよさそうです。

 

メッセージ作成のポイントとしては、以下の4つの構成で書くといいでしょう。

  • お礼
  • 赤ちゃんのこと(性別、名前とその由来)
  • 自分の近況(育児でバタバタで~など)
  • 相手との「これからのお付き合い」のこと

ちなみに、メッセージの書き方として、赤ちゃんのことはあっさり。お礼は丁寧に書くと、とってもスマートです。

無料で使える、のしテンプレートも可愛い

百貨店や、通販サイトで内祝いの品物を購入すると、大抵はのしを付けてくれます。

ただ、商品券などを贈る場合には、流石についてきません。

商品券にも、のしは必要ですので、そんな時は自分で用意しなければいけません。

コンビニや、文具売り場で、のし紙は売っていますので自分で手書きしてもOK。

自分でのしを書く場合、表書きと名前は太い筆ペンで縦書きで書いてくださいね。

 

ただ、手書きが自信ない…って人にお家にプリンターがあれば、無料のテンプレートがたくさんありますので、パソコンで書いて出力してもいいと思います。

無料素材ですが、可愛いおしゃれな「のし」のテンプレートがたくさんあります。

贈る人に合わせたのしを作っても可愛いと思いますよ。

 

メッセージカードも無料のテンプレートがありますし、どうせなら気持ちのこもった手作りの「のし」と「メッセージカード」を作って一緒に贈るのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

これで出産内祝いの、のしの書き方はバッチリですね!

 

調べるまではちょっとハードル高いかな?と思っていた「のしの書き方」

どこに何を書くのかさえ分かっていれば、意外と簡単にできますよ。

内祝いをする上で一番大切なのは、自分の出産を祝ってくれた相手に感謝と御礼の気持ちをこめて贈ることです。

基本のマナーを理解して、気持ちのいい贈り物ができたらいいですね。

おすすめの記事