妊娠がわかり喜んだのも束の間、とても辛いつわりがすぐにやってきます。

自由に動けなくて辛いつわりは、いつまで続くのでしょうか。10週目を目安にピークが来るというのは本当でしょうか。

ここでは、妊娠中のつらいつわりがいつまで続くのか体験談を元にお話します。

 

つわりに効果的なアレコレをまとめてみました!

 

気になる、つわりの初期症状とは?!

つわりとは?

妊娠2,3ヶ月頃から始まる、吐き気があり食欲不振を起こす状態のことです。
匂いに敏感になり普段なら気にならないような匂いが気になる、吐き気がありとても気分が悪い。とにかく眠たい。など普段の生活ではありえない気分の悪さに悩まされるのがつわりです。

 

いつからいつまで?

つわりはいつからいつまで続くのでしょうか。

つわりの始まり

つわりは一般的に5週から6週ごろから始まります。妊娠が分かるのは、生理予定日から生理が来ない1週間位経ってからです。つまりつわりは妊娠が分かったと同時期に始まります。
妊娠初期につわりわ感じ始めた人は7割強です。

つわりにはいろいろな種類があるため、これがつわりだと気づくのが遅れる場合もあります。主に、初めてのつわりは吐き気を催した時から、つわりが来たのだと気づくことが多いようです。

辛いつわりはいつまで続くの?

つわりが落ち着く目安となるのは妊娠12~16週と言われています。安定期に入った妊娠5ヶ月目が最も多くなっています。人により症状や時期は様々ですが、平均すると安定期頃と言われています。妊娠発覚してすぐから安定期に入るまでと言う事は、約5カ月間もつわりに耐えなければなりません。
とても長いつわりの期間に少しでもつわりを軽くするためにいろいろな対処方法を試してみると良いでしょう。

ピークは10週目?

つわりのピークは妊娠3ヶ月目ごろが最も多いと言う結果があります。10週から11週がもっともつわりがきついという平均データがあります。

いつもつらいつわりが、ピークになると辛さが倍増します。普段あまりつわりを感じていない人が急につわりに襲われることもあります。

 

つわりの症状は様々なのでピークももちろん人により違います。しかし、10週目を目安につわりさらにひどくなった!と感じる人は、そろそろ終盤に向かっているという前向きな気持ちで乗り切りましょう。

 

つわりがない人もいるの?

ほとんどの妊婦さんが経験するつわりですが、つわりを全く感じない人も中にはいます。
つわりを経験する妊婦さんは約50から80%です。つわりを経験しない人は、約20から50%もいるということがわかります。

つわりを経験しない人の特徴は?

つわりの原因が正確に解明されていないためつわりを経験しない人の特徴もはっきりとはわかっていません。しかしつわりがない人の特徴がいくつか挙げられます。
 ・普段から運動をして体を鍛えている人
 ・冷え性がない人
 ・胃腸が強い人
 ・乗り物酔いがない人
 ・普段からストレスを感じにくい人
 ・自律神経がしっかりしている人

血行不良がつわりを悪化させるといわれているため、もともと運動をしていて血行が良い人はつわりを感じにくいといえます。
またつわりは臭いや周囲の環境などストレスを受けることで悪化することがあります。そのため普段からストレスを感じにくい人はつわりの症状が現れにくいと考えられます。

つわりによって性別がわかる?

よく、つわりで性別が判断できるといいます。本当でしょうか??
男の子だった場合のつわりの症状、女の子だった場合のつわりの症状をそれぞれまとめました。

<男の子のつわり>
・食べつわり
・症状が比較的軽い
・塩辛いものが食べたくなる
・唐揚げやお肉、がっつりしたものが食べたい
・甘いものが苦手になる

<女の子のつわり>
・つらい吐きづわり
・症状が重い
・甘いものが食べたくなる
・野菜やヘルシーなものが食べたい

つわりにより、お腹の中の赤ちゃんは本当に判定することができるのでしょうか?それでは症状と、実際に生まれた赤ちゃんの性別についてまとめてみましょう。

 

ケース1

つわりは比較的軽くすみました。マクドナルドのフライドポテトが無性に食べたくなり、ポテトチップスなどもたくさん食べました。大好きだったチョコレートは全く食べられなくなりました。大好きなので大量に買っていたのに賞味期限が切れてしまうチョコレート。甘いものがダメなだけで、食事はなんでも食べられました。
男の子の症状→男の子

 

ケース2

つわりはとても辛く、働いていたのですがピークの時はほぼ会社に行くことができませんでした。家にいても食事の支度も出来ず夫には迷惑をかけました。電車に乗ると人が多いと気分が悪くなり停車駅で降りてベンチに座って休みました。食事もろくに摂ることができず、つわりが終わるまでマイナス5キロになりました。
女の子の症状→男の子

 

ケース3
つわりの期間中は3日に一度嘔吐しました。動けないほどではありませんが、何をするにも頑張らなくちゃと思いながら動いている状態でした。食べ物はフルーツしか食べられませんでした。
女の子の症状→男の子

 

ケース4

つわりはほぼありませんでした。唯一これはつわりかなと感じることがトマトが食べたいと言うことでした。普段はそこまで好きでは無いトマトが何故か無性に食べたく感じます。
女の子の症状→女の子

 

ケース5
1人目のつわりは軽い食べつわりでした。吐き気もほぼなく軽度のつわりだと思います。しかし2人目は常に気分が悪く何度も吐き気を催しました。1人目と2人目で明らかにつわりの症状が違い二人目の方がとてもしんどいつわりでした。ひとりめは男の子で軽度のつわりでした。しかし今度はとても辛いつわりなので女の子だと期待しています。
女の子の症状→男の子

つわりによって生まれてくる赤ちゃんの性別が変わると言うジンクスは医学的な根拠はありません。今までの妊婦さんのつわりの症状から分けられたジンクスです。あまり信じないようにしましょう。

 

つわりの症状

つわりの症状には一体どのようなものがあるのでしょうか。

<吐きづわり>

多くの妊婦さんが経験するのが吐きつわりです。
常に胃がムカムカし、二日酔いや船酔いが続いているような状態です。
本当に気分がわるくなり、嘔吐してしまう症状や、吐きそうだが嘔吐しない状態が続くこともあります。
また、起きている間中吐き気が伴い、洗面器を話すことができない状態の人もいます。
何度吐いても楽にならないため、嘔吐を繰り返す場合は、脱水症状や栄養失調などが心配されます。
妊娠によって起こる激しい吐き気や、嘔吐によって体重が減ってしまったり、脱水症状になっていまう妊娠悪阻に陥ってしまうこともあります。

<食べつわり>

食べつわりはとにかく何かを食べていないとダメなのが食べつわりです。
空腹になると激しい吐き気を感じる時もあります。
ですので、寝起きなどは空腹の時間が続くため、特に吐き気が強くなることがあります。しかし満腹まで食べてしまうと逆に吐き気を催すことがあるため、食べてばかりもいられません。
お腹がすくと気分が悪くなるので常に何かを食べている状態にあります。吐きつわりと違い、体重がどんどん増えてしまう傾向にあります。そのため医師に注意されてしまうこともあります。

 

<ニオイつわり>

嗅覚が敏感になり、様々なニオイが苦手になってしまい、苦手なニオイを嗅ぐと吐き気を催します。
ご飯を炊くニオイがダメになったり、調理するニオイがダメになり、料理ができなくなる人もいます。それでもご飯お作らないといけないお母さんは、マスクをしたり息を止めたりして調理しています。
また、汗のニオイなど人の体臭が苦手になる人は、電車の中やエレベータで吐き気を催してしまうこともあります。
今まで好きだったニオイまでもダメになってしまうこともあります。

 

<ねむりつわり>

寝ても寝てもとにかく1日中眠いつわりです。眠気を催すと、ぼーっとしたり神経が散乱してしまいますので、車の運転や集中力よ要する作業をすることが苦手になってしまいます。
ねむりつわりはとにかく眠ればいいのですが、普段の生活で一日中寝ていることができないため、毎日が睡魔と戦いです。
サボるつもりはなくても、ぼーっとしてしまうので、周囲からの目が気になります。

<よだれつわり>

あまり知られていないのがよだれつわりです。よだれが絶えず出てくるため、口から溢れてしまうこともあります。睡眠時にもよだれはたくさんbン筆されてしまうため、寝具を汚してしまうなど人には言いにくいつわりです。
絶えず出てくる唾液に対し、不快感を感じ吐き気を催すことがあります。よだれの量は飲み込めないほど多い場合もあるので、ティッシュに吐き出したり、ペットボトルを持ち歩き、そこに吐き出すといった方法をとる人もいるほどです。

 

 

つわりの体験談

私の体験談を元にお話します。

一人目の妊娠中のつわりは平均よりも軽く思いました。
眠気はとにかく強いので眠気つわりです。
さっきまで寝ていたのにまた眠い。健康なときであれば、眠気があっても仮眠を10分とれば復活します。しかし妊娠中は仮眠を10分とってもまたすぐ眠くなり、とにかく眠いのがつらい状態でした。

当時、フルタイムで仕事をしていたため、普通ならば安定期の入った5週目に上司に報告すべきです。しかし、女性社員は私だけで、周りの上司も若く、奥さんが妊娠しているという上司もいたため、妊娠が分かりつわりがひどくなる前の3週目には上司に展開しました。

会議の途中で気分が悪くなり、いきなりトイレに走ったことは一度だけあります。それ以外はただただひたすら眠いだけでした。

なので、眠くなると会社のトイレに行き、トイレで5~10分ほど仮眠をとりました。

つわりは、ドラマでよくあるような、うっっとなり嘔吐しそうになるものをイメージしていましたが、私のつわりは船酔のようなつわりでした。嘔吐したのは3度です。周りの妊婦さんのつわりがひどく、会社に行けないほどの子もいたので私は軽い方だと思います。

そして軽い食べつわりもありました。妊娠してから無性にお腹が空くようになりました。でも、大好きなチョコレートが食べられなくなりました。食べた瞬間船酔いの頭がクラクラ回る感じです。甘いケーキはぎりぎり食べられますが、いつもなら1ホールでも行けちゃうくらい大好きなケーキも、ひと切れを半分で満足でした。

しかし、無性に食べたくなるのがポテトチップスです。フライドポテトが食べたくなり、簡単には手に入れることができなかったため、ポテトチップスをひと袋軽く完食してしまいました。会社帰りに購入して歩きながら食べてしまったほどです。今ならひと袋食べると、逆に気分が悪くなります。

友達がなっていたような吐きつわりは嫌だな、いつ来るのだろうと思っていた矢先、フッと、あれ?今日はなんだか身体が晴れているな~と身体がすごく軽く感じる日がきました。安定期に入り、6ヶ月前くらいの時です。その日以降、身体がとても楽でした。その時始めて、あ、あの船酔いはつわりだったんだ!と気がつきました。毎日曇り空のようなドヨンとした自分自身が、5ヶ月も続き、本当にある日ころっと晴れに変わったのを覚えています。

 

私はその日依頼、つわりから開放され、今度は食欲の妊娠期間に走りました。その頃から医師に体重増加を指摘されました。厳しい医師で妊娠期間の体重増加は、赤ちゃんを親が殺すことと同じだ。と言われました。産まれる前からそんなことを言われた私は、スマホアプリで、体重を増加させないために食事管理をしました。

その時使用したアプリがダイエット・体重管理アプリ【楽々カロリー】です。

その日食べたものを記入するだけで、自動的にカロリー計算をしてくれるため食べ過ぎを制御してくれます。

また増えてきたので使わないと。。。

 

まとめ

つわりは早くて妊娠5週目から始まります。10週目をピークに症状は緩和されていき、12~14週目でなくなります。

人により症状も様々で、はじまる時期、終わる時期も違ってきます。つわりの症状はまだ解明されていないので、時期も期間も不明確です。そのためあくまで他の妊婦さんの経験を参考に、自分で目安を付けて行くしかありません。

 

つわりが辛い時は医師に相談しましょう。また周囲の人の理解も必要となります。妊娠は病気ではないのだけれども、妊娠中の女性の身体は相当な変化を与えられています。周囲の人の理解も得られることができれば、休ませてくれたり、つわりの辛さが少し解消されるかもしれません。

つわりはお腹がまだ大きくない時期に起こることなので、自分から発信しなければ見た目だけで辛さをわかってもらうのは難しいです。

つわりは、赤ちゃんを身ごもり、お母さんになっていくための最初の試練です。5ヶ月のつわりは、とても辛いですが、赤ちゃんに出会う一歩として自分自身のオリジナルのつわりとして、付き合っていきましょう。

おすすめの記事