つわりと言えば吐き気や嘔吐だけかと思いがちですが、なかには「頭痛」を訴える人もいてます。

「何も食べられない・・・」
「食べないと吐きそう・・・」など
つわりの症状は人それぞれですが、それと同時期に多い症状それが「頭痛」です。

つわりと同時にやってくる「頭痛」は、かなりしんどくてつらいと感じるお母さんも多いものです。

 


妊娠中の「頭痛」には、ホルモンの変化、ストレス、そして疲れなど数多くの原因が考えられます。

「頭痛」の症状を伴うものであれば、まれに高血圧や妊娠高血圧腎症(子癇前症(しかんぜんしょう)と呼ばれる
高血圧障害のサインであることもあります。
妊娠高血圧腎症(子癇前症(しかんぜんしょう)は大変危険な状態にあり
お母さんと赤ちゃんの健康を守るためにも早急に病院での治療が必要になってきます。

 


つわりの時期は、吐き気や食欲不振だけではなく、「頭痛」やめまい、そして腹痛といった様々な症状もでてきます。

「ちょっと耐えられそうにない頭痛は、果たしていつまで続くのかな・・・?」と気分がめいりやすい時期ですけど
事前に対策をたてていれば症状を改善させることもできます。

つわり中の「頭痛」に悩むお母さんのために、「頭痛」の原因と「頭痛」を少しでも和らげる対処法をご紹介していきます。

 

 

つわりの時期に、なぜ「頭痛」が起きるの?

急激なホルモンバランスの変化

妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんを育てるために急激にホルモンバランスが変化します。

特に妊娠初期は、妊娠の維持に必要なプロゲステロンという黄体ホルモンが急激に増加し分泌量が増えていきます。
また、つわりの強い人はエストロゲンという卵胞ホルモンの分泌量も増加しやすくなっています。

 

これら二つのホルモンの急激な変化により、脳の血管が拡張しやすくなることによって
つわりによる「頭痛」が引きおこされてしまいます。

胎児の発育に欠かせないホルモンが「頭痛」の原因になっているのです。

 

 

主な頭痛は2つ「片頭痛」と「緊張型頭痛」

1.「片頭痛」の症状

片頭痛の症状で一番多いのは、頭の片側がズキンズキンと脈打つような激しい痛みを感じます。
人によっては、それが両側で激しい痛みとして感じることもあります。

 

これらの「頭痛」には、吐き気や嘔吐を伴うことも多くなります。
頭がズキンズキンと痛い間は、普段全く気にならない臭いやそして光や音にまで不快感を覚えることもあります。

その他に、階段の上り下りなどの日常生活の行動で痛みが強くなってしまうこともあります。

【対処法は・・・?】
患部に冷たいものを当てて冷やして、横になると痛みが和らぎ落ち着いてきます。
時間があれば、安静にするという事を常に心掛けてください。
あとは、睡眠時間がとても重要となってきますので、なるべく7~8時間の睡眠をとるようにしてください。
しっかりと睡眠時間をとることで、自律神経系のバランスが整い、それが「片頭痛」の予防にもつながります。

 

 

2.「緊張型頭痛」の症状

緊張型頭痛の症状で一番多いのは、後頭部周辺の筋肉がこわばることが原因で起こる「頭痛」です。
頭をおもいっきり何かで強く押されたり、圧迫されたりするような痛みを感じます。

 

緊張型頭痛の症状は片頭痛よりは軽く、日常生活に支障をきたしたり、寝込んだりするようなことはありません。

これらは、仕事などでデスクワークなどの前屈み姿勢になる人に多く、なかには肩こりをともなう人もいます。

これに、心理的なストレスや不安感も関係するといわれています。

【対処法は・・・?】
頭がカチカチに凝っている可能性があるので、頭のコリをほぐすために
いつもよりもゆっくりと時間をかけてシャンプーをして頭を刺激してあたためてください。
あとは、こまめに休憩をとって気分転換をはかったり、ときどき背すじをピーンと伸ばしたりして
筋肉をほぐすように心掛けてください。

 

※対処法を試しても改善されない場合は、早めに医師に相談して妊娠中でも安全な頭痛薬を処方してもらうようにしてください。
※妊娠中に服用すると胎児に悪影響を与えるものもあるので、市販薬を購入する前に必ず医師に相談してください。

 

「頭痛」の他にめまいも起きる可能性もある?

妊娠初期の妊婦さんの身体は、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養を優先的に送るような仕組みになっています。
そのため、妊婦さん自身の身体は鉄分が不足しがちになり
頭がくらくらとして、貧血を起こしてしまいめまいを感じることもあります。

 

また疲れやストレスがたまってくると、自律神経が乱れてきてめまいが起こり脳貧血になることもあります。

「つわり」に「頭痛」に「めまい」
次から次に、本当につらいですよね・・・
では、どのような対策を取れば改善されるのか?ご紹介していきます。

食事から鉄分を摂取するように心掛ける

「めまい」の原因は貧血によるものが多いです。
そのため、貧血を解消することが必要になってきます。

 

貧血の解消に一番良いのは、鉄分を摂取することです。
普段の食事に、鉄分を豊富に含んだ食材(レバー、ひじき、納豆、しじみ、ほうれん草、小松菜などなど)
毎日のメニューに取りいれてみてください。

 

それでも改善されない場合は、早めに医師に相談して鉄分の錠剤を処方してもらってください。

 

常に規則正しい生活を心掛ける

毎日、規則正しい生活をすることによって、自律神経の乱れを改善することができます。

妊娠初期の妊婦さんはつわりによって、毎日の食生活や生活リズムが乱れやすくなっています。

 

朝・昼・晩なるべくしっかりと食事をとり、夜は早めに布団に入って十分な睡眠時間(7~8時間)を確保するようにしてください。
また、お風呂にゆっくり浸かり身体をあたため、自律神経を整えるよう心掛けてください。

気分が良い日は、お散歩に出かけたり無理のない範囲で身体を動かすこともオススメします。

無理せずにゆっくりと行動することを心掛ける

立ち上がった瞬間にふらっとするめまいは、一時的な脳貧血が原因で起こっている場合がほとんどです。
その他、急に頭を動かしたり、飛び起きたりした場合も脳貧血によるめまいが起こることがあります。

 

これら脳貧血が起こったときは、無理に動いてしまうと転んでしまう危険があるので
めまいが落ち着くまでは安静にするようにしましょう。

あとは、無理をせずゆっくりと行動するようにしましょう。

 

その他、つわりについての記事はこちらもチェックしてくださいね。

「頭痛」だけでなく腹痛も?

つわり中に腹痛が起こることも多いようです。

おなかが痛くなると、「赤ちゃんに何かあったのでは?」ととても心配になると思います。
ですが、これはつわりの症状が出る妊娠初期に多い症状なんです。

つわりによる不規則な食生活が原因だったり、子宮の大きさの変化によったり腹痛が起きやすい時期なんです。


ですが、我慢ができないほどの激しい痛みがある時や、おなかが常にパンパンに硬くなり不正出血が続いたりした時は
流産や切迫流産などのトラブルがある可能性もあるので、早めに医師に相談することをオススメします。

では、どうすれば腹痛を改善できるのか?ご紹介します。

 

温かくて消化の良いものを食べましょう

つわりで気持ちが悪いと、ついつい口当たりの良い冷たい食べ物や飲み物をとってしまいがちですよね。
でも、冷たい食べ物や飲み物をとりすぎると、体が冷えてきてしまい、血流が悪くなり、そして腹痛を引きおこしてしまいます。

腹痛を感じたら、冷たい食べ物や飲み物はできるだけ控えて
温かく消化の良いおかゆ、雑炊、うどん、湯豆腐などを食べておなかをあたためてください。

 

あとは、朝起きた時に適温の白湯(さゆ)を飲むのも、おなかをあたためてくれて腹痛が改善されます。

その他に、ヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳酸菌が多く含まれた食品を食べて、腸内環境を整えるのも大切なことです。

 

食品を小分けにして食べましょう

何か食べていないと気持ちが悪くなる食べつわりは、暴飲暴食になりがちです。
ですが、それを繰り返すことによって胃腸に負担をかけてしまうと、腹痛を引きおこしやすくなってしまいます。

 

一度にたくさん食べるのではなく、少量を小分けにして数回(6~9回)に分けて食べるようにしましょう。

 

いつもあたたかい洋服(靴下必須)を着ましょう

身体が冷えてくると腹痛になりやすいです。
ですので、毎日きちんとくるぶし丈以上の靴下を履き(スニーカーソックスは控えましょう。)
ハラマキやひざ掛けをして身体、特に下半身を冷やさないようにしましょう。

 

夏は、クーラーによって身体が冷えやすいので、適度な温度(26~28度)に設定し
必ずくるぶし丈以上の靴下を履くようにしましょう。

 

 

妊娠中の腰痛について詳しくまとめました。

下痢・軟便・便秘にもなっちゃうの?

つわりが原因で食生活が乱れてしまい、下痢や軟便になることもあります。
その他に、食物繊維が足りなくなり便秘になることもあります。


妊娠中は、今まで以上に栄養バランスに気を付けて栄養バランスのとれた食生活を心掛けましょう。

 

ストレスが原因

妊娠することによって、今まで普通に自由にできていたことが急にできなくなったりします。
何をするにしても、いろいろと制限されます。

妊娠によっておこった環境の変化や精神状態の変化が、下痢・軟便・便秘の症状につながることもあります。

 

自分の好きな音楽を聞いたり好きなことをして、ストレスを発散する方法を見つけましょう。

 

服薬による副作用が原因

妊娠中、多くの女性は貧血をおこしがちです。
妊娠による貧血で薬を飲み始めた人は、その薬の副作用が原因で下痢・軟便・便秘になることがあります。


妊娠中の貧血は、胎児の発育不足の原因になったり、出産の時に大量出血量し止血できなくなくなってしまうこともあります。

なるべく食事から鉄分を摂取できればいいですが、難しい場合は早めに医師に相談しましょう。

 

 

まとめ

妊娠によっておこりうる様々な症状、本当につらいですよね。

妊娠初期に「つわり」の症状にプラスして「頭痛」があると、精神的にも疲れてきますし、とてもしんどいものです。

 

「頭痛」といっても痛みの原因や症状は人によって全く異なります。
どんな風に「頭痛」がおこっているのか?を妊婦さん自身がきちんと把握し、それに適した対処法をみつけたいものです。

しかし、とてもつらい「頭痛」が妊娠中ずーっと続くといういわけではありません。

 

妊娠中期になると、「頭痛」やつわりの症状は落ち着いてくることが多いのです。
無理をせずに早めに医師に相談し、そして時には薬の力も借りながらつらい症状を乗りきりましょう。

 

つわり中の「頭痛」やめまいや腹痛は、妊娠中期になるまで我慢するしかありませんが
我が子に会える日を楽しみにしながら、自分自身の痛みの原因にあった対処法で症状を軽く
少しでも前向きに考えて乗り越えられるようにしてくださいね。

 

おすすめの記事