こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

子供が無事に成長したことを祝う「七五三」

甥っ子や姪っ子が七五三をむかえる場合、いくら包めばいいのでしょうか?

自分の親戚なら、まだ両親に聞けばいいですが、旦那さん側の兄弟の子供の時って一体どうしたらいいの…?

そこで今回は「七五三のお祝い相場とマナー」をご紹介します!

 

ちなみに、七五三はいつするんだろう…?

姪っ子や甥っ子の七五三はいつ?!と悩んだときにはこちらの記事をチェックしてくださいね。

七五三のお祝いはどこまでするもの?

そもそも、「七五三」は子どもの成長を家族で祝う、内々のお祝い事です。

 

そのため、ご祝儀を渡すのは基本的には、祖父母だけでOK

日頃の付き合いや関係性が深い親戚の子どもであれば、気持ちとしてご祝儀を贈るのもありです。

 

もし、七五三の食事会にお呼ばれしているのであれば、親戚でもご祝儀は持っていくのがマナーです。

食事会にお呼ばれして、手ぶらでご飯だけ食べて帰るのはマナー違反なので注意してくださいね。

七五三のお祝い金の相場はいくら?

姪っ子・甥っ子が七五三をむかえる時のお祝い金額は

5000円~10000円

程度が相場です。

 

子どもから見た続柄でも金額は変わります。

続柄 金額
祖父母 1万~3万円
親戚 5000円~1万円
知人・(父や母の)友人 3000円~5000円

 

姪っ子・甥っ子のお祝いの場合

七五三は祖父母から孫へお祝いを渡すということは行われていますが、甥っ子・姪っ子は基本的にはいりません。

あくまで七五三は「家庭内」のお祝いですから。

 

ただ、以下の2つの場合はお祝い金を包むほうがいいでしょう。

■七五三祝いの食事会の席を設けている場合

七五三の食事会にお呼ばれしたら「人数×5000円」程度を包むといいでしょう。

夫婦2人で呼ばれたのなら1万円包むのがベター。

 

■以前に自分の子どもの七五三祝いを頂いている場合

お返しの意味も込めて、包むのがいいでしょう。

「お祝いを渡したのに、こっちにはくれないなんて」という事態になればトラブルになる可能性は大。

逆にこちらの子どもが年上の場合、「お祝い事は入学祝やお年玉程度にとどめておきましょうね」とあらかじめ話し合うのもいいですね。

子どもの祝い事はキリがないですから、そのたびにお祝い金を渡して、内祝いを返されて…としていたら気疲れしてしまいますしね^^;

七五三のご祝儀の書き方

色々とマナーが必要なご祝儀の書き方。

マナー違反なことをしたらさすがに身内でも恥ずかしい…!

 

まず、金額によって選ぶべき祝儀袋も変わります。

「金額は少ないのに、祝儀袋だけは豪華ね!」なんてマナー違反なことは避けるようにしたいところ。

 

あと、忙しくて忘れがちですが、中に入れるお金は新札を用意しましょうね。

土日は銀行で新札を両替できないので、平日用意しましょう!

直前になって「しまったボロボロのお札しかない…」ということはないようにしておきたいトコロ(経験済^^;)

 

祝儀袋の選び方

■~1万円

金額が1万円未満でしたら、こんな風に水引やのしが印刷された祝儀袋でOKです。

 

■1万~3万円

3万円以下なら、水引がちゃんと結ばれた祝儀袋のほうがベター。

 

水引の選び方

お祝いの水引には「結び切り」と「蝶結び」があります。

 

結び切りは1度きりが良いお祝い、結婚や快気祝いなどに使われます。

蝶結びは何度も結びなおせることから、「何度繰り返してもうれしい事」に使われます。

出産祝い、引越し祝いやお中元・お歳暮などです。

結び切り⇒

蝶結び⇒

七五三は「子どもの成長を祝う行事」ですので、何度あってもうれしいですよね。

ですから水引は「紅白の蝶結び」を選びましょう。

 

表書きと名前の書き方

表書きには「七五三御祝」とし、

名前部分は夫婦2人で贈るなら旦那さんの名前を書くのが一般的です。

兄弟2人同時の場合はどうなる?

兄弟が一緒に七五三をむかえるというケースは結構多いと思います。

 

その場合は、それぞれに祝儀袋を用意してお祝いを渡すのがマナーです。

ですので、お祝い金も1人5000円なら、2つそれぞれ用意しなければいけません。

 

ただし、一度に高額な出費となるので、無理をせずにご祝儀は気持ちだけにして、玩具などの品物をそれぞれにプレゼントするという方法もあります。

そもそも七五三っていつ?お祝いを渡すタイミングは?

自分に子どもがいれば、七五三事情はよく知っているでしょうが、独身だったら七五三の時期なんて知らないはず…。

というか、私は子どもを持つまで知らなかったです^^;

 

七五三はいつするの?

七五三11月15日と決まっていますが、最近は共働きも多いですし、キッチリ15日にするご家庭は少なくなってきた印象です。

だいたい10月下旬~12月上旬のどこかの休日にするご家庭が多いと思います。

 

ちなみに七五三をする子どもの年齢は、3歳・5歳・7歳です。

3歳・7歳が女の子

3歳・5歳が男の子です。

3歳のお祝いは地域によって男の子はしない地域もあります。

地域によって、男女の年齢で祝うタイミングが違ったりしますので、両親や親戚に一度確認してみてくださいね。

 

また、昔は「数え年」でしたが、最近は「満年齢」でするのが主流。

「数え年」と「満年齢」ってなんぞや?って感じですよね。

簡単に言うと、

その時点での年齢=「満年齢」

満年齢に+1歳したのが「数え年」です。

つまり3歳のお祝いを2歳でするのが「数え年」

3歳のお祝いを3歳でするのが「満年齢」

最近が「満年齢」でするのが主流とはいえ、「数え年」でするご家庭もあるので、この辺は直接確認をとるか、両親に確認するかしかないと思います。

 

七五三のあれこれは下の記事をチェック!

お祝いを渡すタイミング

七五三のお祝いは基本的に、1週間前に渡すのがおすすめです。

お祝いする当日までに贈るのがマナーです。

 

なので、御祝いを渡す時期は

10月中旬~11月初旬

になるかと思います。

事前に、お祝いの日取りを確認しておきましょう。

食事会に招かれている場合は、その時に持参すればOK!

 

遠方にいてなかなか会う機会もない、という方はお祝いの電話をしてから、品物を贈るか、ギフト券や商品券を贈るという方法もあります。

姪っ子・甥っ子に喜ばれるプレゼントとは?

現金や商品券・ギフト券も両親にとっては魅力的ですが。笑

子どものためのものだから現金はちょっと抵抗がある…ということであれば、品物のプレゼントでも喜ばれると思います。

 

品物をプレゼントする場合は、姪っ子・甥っ子の好きなものを知っていたとしても、事前にママやパパに聞いてみるのがオススメです。

すでに持っていた…なんて事態は避けたいですしね。

甥っ子におすすめのプレゼント

    1. レゴブロック
    1. ミニカー
    1. ラジコン
    1. ゲーム
    1. 本(図書カード)
    1. コートなどの服

子ども自身に喜ばれるのはやはり、ゲームやおもちゃでしょう。

親も喜ぶものであれば、実用的なものや本などの教育にいいものが嬉しいです。

姪っ子におすすめのプレゼント

    1. 人形(リカちゃんやシルバニアファミーなど)
    1. コートや洋服
    1. アクセサリー
    1. カバン
    1. 帽子
    1. 本(図書カード)

女の子は人形遊びが大好きな子が多いです。

うちの子も寝る時に、お気に入りの人形を3体ベットの周りに設置してから寝ています。笑

あとは、服やカバンなどの装飾品も喜ばれます。

5歳頃から女の子はおしゃれに興味がわいてくるもの。

ママの真似をして、大人っぽいことがしたくなる年ごろなので、可愛いヘアアクセサリーも喜ばれますよ。

⇒女の子に人気のヘアアクセサリー特集

まとめ

一般的には、姪っ子・甥っ子の七五三ではお金を包まない人の方が多いです。

迷われるようであれば、両親もしくは親族に相談してみることをおすすめしますよ!

ちなみに、あまり高額なお祝い金を渡すと、向こうがお返しに困るケースもありますので、本当に「気持ち」でいいと思います。

 

姪っ子ちゃん・甥っ子ちゃんの成長を笑顔で御祝いできますように!

 

おすすめの記事