5月5日のこどもの日
こどもの日は男の子の節句をお祝いする日と言うイメージが強いのではないでしょうか。
5月5日こどもの日は本当はどんな日なのでしょうか。また、こどもの日にプレゼントは必要なのでしょうか。

こどもの日の由来や考え、プレゼントは何にするかについてまとめました。

ちなみに、こどもの日の兜についてのアレコレはこちらの記事でまとめました。

こどもの日とは

5月5日はこどもの日です。こどもの日は「端午の節句」とも呼ばれています。
こどもの日は中国から入ってきました。昔、中国ではそれぞれの家に悪いことが起こらないように、よもぎで作った人形を飾ったりしていました。また5月のことを午(うま)と読んでいました。そのため午と5の「ご」ごろ合わせで5月5日を端午の節句としました。また昔は4月5月ごろに田植えを行っていました。田植えでは若い巫女が豊作をお願い、お祈りをしていました。そこで5月の1日だけ休みをあげました。5月5日は巫女が休める日でした。鎌倉時代あたりからは「男の子の身を守り。また鎧兜のようにたくましく育ってほしい」と言う願いから鎧兜を五月人形として飾るようになりました。そのため5月5日は鎧兜やこいのぼりを飾る男の子の日と言うイメージが強く根付いています。
日本の祝日法では、
こどもの日は子供の人格を重んじ、子供の幸福を図るとともに母に感謝する日とされています。
子供を産んで育てているお母さんに感謝する日でもあります。こどもの日となっているためお母さんに感謝する日ということをはじめて知った人は多いのではないでしょうか。このように5月5日は、
厄除け、女の子のための日、男の子のための日、お母さんのための日、子供のための日と変化しています。こどもの日は男女区別することなく子供が健やかに成長することをお祝いする日です。

 

ちなみに、「こどもの日に何を食べたらいいの?」って悩んだことはありますでしょうか。

こどもの日の食べ物と由来についてまとめた記事がありますので、こちらもチェックしてみてください。

こどもの日にプレゼントは必要なの?

1年を通して子供にプレゼントをあげるイベントは多くあります。
・誕生日
・クリスマス
・お正月
・バレンタイン
・ホワイトデー
・何かを頑張った日
など、プレゼントをあげるタイミングは多数あります。
子供へのプレゼントで最も喜ばれるものは、やはり「おもちゃ」ではないでしょうか。

しかしおもちゃばかりプレゼントしていると、部屋がいっぱいになり片付けにも困ります。

またおもちゃがたくさんある子は、落ち着きがない子に育つとも言われています。

そこで今回はおもちゃ以外のお勧めのプレゼントを紹介していきますね!

 

こどもの日にオススメのプレゼント8選

家族旅行

子供は、お父さんお母さんが大好きです。

プレゼントとしてどこかへ旅行に行くのはいかがでしょうか。

5月5日はちょうどゴールデンウイークも重なっているため、両親で休みを取りやすく、季節もいいため旅行に行くのは最適な時期です。

子供の喜ぶテーマパークに行くもよし、こどもの日なので地域のイベントを探して行くもよしです。

こどもの日ということで、思い出を作るために子供にカメラを持たせて自由に写真を撮らせてあげるのも良いですね。

少し奮発して、宿泊すればいつもと違う雰囲気の夜に子供たちも大興奮するでしょう。

 

でも子供たちは意外と、お父さん・お母さんと近くの公園で遊ぶだけでもとっても満足するものです。

こどもの日はこどもの成長を見守りお祝いするとして、普段見られないこどもの成長を感じるための日としても良いのではないでしょうか。

公園に行くと、いつの間にこんなところに登れるようになったの!?

いつの間にこんなに早く走れるようになったの!?と驚かされることがたくさんあります。

保育園や幼稚園、小学校で学んでいることを近くで見られるよい機会になります。

 

紫外線対策にも!お名前刺繍できる帽子

旅行にはもちろん、公園に行くときにもかかせないのが「帽子」ですよね。

5月は本格的に暑くなってくる時期ですし、紫外線も気になります。

本格的な夏に向けて、子どもの頭を守ってくれる帽子を贈ってみてはいかがでしょう?

Lien de familleのキッズ帽子は、お名前刺繍できますので、プレゼントにぴったりです。

名前が刺繍された帽子は、世界で1つだけの特別なものになります。

兄弟でお揃いの帽子を贈っても、とっても可愛いですよ。

帽子を購入される方は、兄弟やお友達とみんなでお揃いする方が多いですよ。

 

 

おめかしして写真を撮ってみる!蝶ネクタイ

記念日に蝶ネクタイを贈ってみるのはどうでしょう。

白のシャツや、デニムシャツなどにあわせてつけると、いつもの服装でもグッとおしゃれに。

せっかくの記念日なので、写真を撮る家庭も多いと思います。

蝶ネクタイでビシッ!と決めて撮るものいいものですよ。

他にも、入園式や卒園式など、記念日につかえるアイテムです。

 

Lien de familleの蝶ネクタイは、サイズ調節できますので、1歳~小学生のお子様にも使って頂けます。

ネクタイとお揃いの柄の、蝶ネクタイもご用意してますので、パパとお揃いも出来ちゃいます。

 

 

お料理グッズ

出典:Amazon

小さな子でもお母さんの近くにいて料理をすることが出来るように、子供用の料理グッズをプレゼントしてはいかがでしょうか。

小さな子だ包丁はまだ危険なので、簡単に出来るおにぎりメーカーなどがオススメです。

上記は簡単にパンダのおにぎりが作れる便利グッズです。同シリーズでねこちゃんもあります。

また、新幹線やアンパンマンなどもあるので、子供と一緒に作成すると喜ぶこと間違いなしです!

自分がつくったおにぎりを、両親が美味しい美味しいと食べてくれると、また作る!!とお手伝いが上手にできるようになります。

 

お料理をよく手伝ってくれる子であれば、エプロンのプレゼントなども良いですね。

出典:Amazon

こどもの成長はとても早いです。

一年前に購入した靴はすぐ小さくなります。また、たくさんお外で遊ぶ子はすぐに磨り減ってしまいます。

プレゼントとして新しい靴をプレゼントしてはいかがでしょう。

お気に入りの靴を一緒に見に行って選ぶのも良いですね。お出かけ用の靴としてブランドものを購入してあげるのも良いでしょう。

子供自信が自分で選ぶこどで、一年前の趣味と変わっていることに気がつき、子供の成長を感じることができます。

 

ホワイトボード

出典:Amazon

 

いつでも何度でもお絵かきができるホワイトボード。

お絵かきもできる上に、文字の練習もできます。

文字が上手にかけるよになれば、お父さんお母さんへのメッセージを書いてもらうのも楽しみになります。

小学生のお子さんなら、「今日のおやつはドーナツだよ」など、お母さんからメッセージを記載することもできるので長く使用することができます。

また、こちらのタイプはウォールステッカータイプのホワイトボードになっています。そのためどこにでも貼り付けることができるため場所に困らずいつでもそこに置いておけるのでとても便利です。

 

日本地図パズル

出典:Amazon

 

こどもの日は端午の節句ともよばれ、日本固有のイベントです。

日本のことを知るために日本地図のパズルをプレゼントしてはどうでしょうか。

パズルをしながら日本の地形を覚えることができ、遊び感覚なのでおもちゃに近いですが、一緒にお勉強もできます。

それぞれの都道府県が地形のままパズルのピースになっているため、都道府県の形も一緒に覚えられます。

わたしは小さい頃はこれで、新潟県は恐竜の形!高知県は反対を向けるとリスの形!!と遊んでいました。

遊びながら覚えられるので小さいうちから楽しめます。

 

迷路ブック

出典:Amazon

 

クレヨンが持つことができるようになれば、迷路ブックもオススメです。

迷路は知育効果があると言われています。

迷路による期待される知育効果は下記があります。

・考える力がつく

・粘り強さがつく

・先読み出来る力がつく

・ペンを自由に動かす力がつく

プレゼントしてすぐわいわい親子で迷路をしてみるのも楽しいですね。

 

まとめ

こどもの日は、こどもの健やかな成長を感謝し幸福をお祈りする日です。

子供は日々たくさん成長しています。一年のこどもの成長を知るための大切な日として、おもちゃではないプレゼントを用意してみてはいかがでしょうか。

さらに子供たちをっ成長させるものをプレゼントできると良いですね。

 

おすすめの記事