一歳のこどもの日のプレゼントをどうするか迷っていませんか?
0歳の初節句は生まれたばかりだったので、一歳になったときに初節句を行うと言う方も少なくはありません。うちの子も、4月生まれで5月の節句前後にお宮参りなどがあったため初節句は行いませんでした。
一歳で初めて節句を迎える子にオススメのプレゼントを紹介します。

いつ生まれたら初節句を先延ばしにしてもいいの?

お宮参り前に生まれた場合

4月5日ごろから5月5日生まれの子

一般的に赤ちゃんが生まれて初めてのイベントは、生まれてから30日前後のお宮参りです。

お宮参りの時期に初節句が重なってしまうと準備も大変です。またお宮参りをして初めて、生まれてきた世の中の一員となると言う考え方から、初節句を来年に延長することもあります。

お食い初めの前に生まれた場合

1月26日ごろから5月5日生まれの子

お宮参りの次にある赤ちゃんの量ではお食い初めです。生後100日目に、食べ物に生涯困らないようにと願って、豪華なお祝い前を家族で召し上がります。
お食い初めの前に初節句が来た場合、赤ちゃんに縁起のある食べ物を食べさせることができないため、来年に延長することもあります。

以上のことから、一歳に初節句を行う場合は、
1歳4,5ヶ月以内の子が多いと考えられます。

一歳の子供の成長

1歳0ヶ月

身長は約1.5倍、体重は約3倍に成長しています。
言葉を話すのはまだ難しく、ママやパパと1つか2つほどしかしゃべる事はできません。
一歳のお誕生日を迎え、背中にお餅を背負うイベントなどを行った方も多くいます。つかまり立ちは上手になっているため、お餅を背中に背負う事はできますが重さがあるので泣いてしまう子も少なくありません。まだ上手に歩くことができない子がほとんどです。

 

1歳1ヶ月

手先が器用になってきます。扉を開けたり閉めたりすることもできます。いろいろなものを取り出して、部屋がたくさん散らかることもあります。
少しずつ歩くことができる子供も増えてきます。
ボール遊びもできるようになります。お母さんが投げたボールを取りに行くことも楽しい遊びの一つです。

1歳2ヶ月

よちよち歩き始める子がほとんどです。1歳になる前から歩いている子はとても上手になっています。

歩くのが自上手になってきているので、ファーストシューズを履いてお外歩きを楽しむこともできるようになります。

いたずらも少しずつ増えてきて、お母さんを驚かせたり、困らせることも増えてきます。

感情が豊かになります。自分の思い通りに行かないときに、持っているものを投げたり泣き喚いたりすることもあります。

成長している証です。いけないことはダメと教えてあげましょう。

 

1歳3ヶ月

手先が器用になり、積み木を何個か積むことができるようになります。大きめのブロックだと自分でくっつけることも可能です。

せっかく積み上げた積み木を壊して喜ぶのが赤ちゃんです。壊すことで、ものは上から下に落ちること、どの程度の力で積み木は倒れるといったことを学習しています。

言葉の意味をかなり理解するようになってきます。「あれとって」とお母さんがいうととってきてくれる子もいます。

また、車を見るとぶーぶ、犬をみるとわんわんなど、ものと名前が一致し、少しづつ言葉にすることができます。

一緒に絵本を読むと好きなページを開きながら指差ししてたくさんおしゃべりをしてくれます。

 

1歳4ヶ月

歩くのが得意になってくると移動することが楽しくなります。知らない間に高いところや階段に登ってしまう子もいますが、降りることができないため泣いて助けを呼びます。

降りられないなら登らないで・・・とお母さんは思いますが、子供は高いところが好きです。後先は考えていないので何度も登っては泣いています。

はじめは両手を上にあげえバランスと取りながらよちよち歩いていましたが、だんだん手が下がってきて、おもちゃをもったまま歩くことができるようになります。

 

1歳5ヶ月

なんだか最近よだれが多いな・・・と思っていると歯が生えてきた!というように、前歯の次の歯が生えそろうことが多いです。むずむずするので、おもちゃを噛むこともあります。歯が増えてくると、歯磨きの習慣をつけましょう。

自分の名前を理解し、名前を呼ぶと振り向いたり、手を挙げてはーいと返事をすることもできるようになります。

また、お歌遊びも得意になり、簡単な手あそびうたを一緒に行うととても喜びます。

 

1歳6ヶ月

ほとんどの子が歩くのが上手になり、ひとり歩きができるようになります。

お外での発見があるたびに立ち止まって、わんわん!ちょちょ!などたくさんのものを見つけてはしゃがみこんでいます。

歩くのが楽しくなるとベビーカーを嫌がることもあり、急いで目的地につきたいお母さんを悩ませることもあります。

1歳半検診が行われる頃です。ほかの子達がどのくらい成長していて、自分の子はまだまだできていない・・と少し心配になることもあります。心配な場合は医師に相談しましょう。

 

 

初めて節句を迎える1歳の子におすすめのプレゼント6選

 

ファーストシューズ

 

 

出典:Yahoo!ショッピング

 

歩き始める子が多いので、ファーストシューズはいかがでしょうか。

赤ちゃんの小さな足にフィットする柔らかいタイプがオススメです。柔らかいタイプはデコボコ地面を歩くと痛いので、フラットなところを歩くのがオススメです。

マジックテープタイプだと履かせるのが楽にできます。しかしマジックテープがはみ出てしまうと、お母さんのストッキングを引っ掛けて穴があいてしまうことが多々あります。

マジックテープがぴったりくっつくものをオススメします。

 

お絵かきボード

出典:Yahoo!ショッピング

 

ものを持つことが上手になるので、ペン持ちお母さんが紙に絵を書いてあげると、子供も真似をして殴り書きができます。元は何を書いているかわかりませんが、何かかけたことを喜びいつまでも書いていることもあります。

そこで何度でも書いて消せるお絵かきボードがオススメです。

三角や丸のスタンプもついているのでポンポン押す動作も覚えることができます。大好きなアンパンマンと一緒だと、お絵かきも楽しくなります。

 

 

ベビーリュック

出典:楽天市場

 

歩くのが楽しくなると、リュックを背負わせて見るととても可愛いです。

重たいものはまだ持てないので、おむつを一枚入れておくとお母さんの荷物もちょっっっとだけ減ります!

お気に入りのおもちゃがある場合は自分で入れる子もいます。おままごとの野菜などを入れて、ピクニック遊びにも使用できます。

迷子にならないための迷子ハーネスつきリュックもあります。

公園で使用しているお母さんを見かけました。なんだかペットを連れているようで・・・個人的にはあまり好きではありませんが。。歩くのが早くて追いかけられない、すぐ何処かへ行ってしまう子には良いかもしれません。

 

ベビー食器

出典:楽天市場

初節句ではお祝いなので豪華なお食事をいただきます。

おうちで手作りされる場合は、ベビー食器をプレゼントしてはいかがでしょうか。

おしゃれなベビー食器として人気の優しい木製のものです。特にこちらはジグソーパズルのようになっていて、お皿の配置を自由に変更することができます。また、ワンプレートのお皿だと小さな子は持って食べるのが難しいのですが、バラバラになるためお皿を持って食べやすいです。

片付けも、分解し別々で洗えるので洗い場が小さくても洗いやすいです。また、重ねられ広い場所を取らないので保管もしやすいです。

 

お砂場セット

出典:楽天市場

歩けるようになり、お外遊び増える時期です。5月は気候もよいためお外遊びには最適です。

お外遊びを充実させるためにお砂場セットはいかがでしょうか。

何でもお口に入れてしまう時期は卒業し、口の中に入れてはいけないと教えてあげると理解することができるようになった1歳すぎには、お砂遊びは最適です。

お砂場遊びは服が汚れるのであまり好きではないお母さんもいます。しかし子供にはとてもよい遊びです。

サラサラした砂や、少しじゃりじゃりした砂。ザルを通すと小さな粒が下に落ち、大きな粒がざるに残る。水を加えるとサラサラだった砂がドロドロになり、固まる。

など、お砂遊びでは学ぶことがたくさんあります。

山を作るだけでも、上手にスコップで砂をすくわないと山になりません。とても難しい遊びです。

 

 

まとめ

一歳で初めて節句を迎える子は1歳半までの子が多いと思います。1歳ではまだプレゼントの意味はわかりませんが、子供はみんな新しいものが大好きです。きっと喜ぶこと間違いなしです!

成長や能力に合わせてお気に入りのプレゼントを見つけてください。

おすすめの記事