こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

ひな祭りは女の子の一大イベント。

華やかな春の伝統行事なので、キチンと祝ってあげたいですよね。

とくに、初節句だと、ひな人形の購入からはじめなければいけないので、

「どこで買えばいいのか…。」

「雛人形っていつ飾っていつ片づけたらいいの?」

と、疑問は色々あると思います。

 

実は、雛人形の飾る時期や、片づける時期は、「この日!」というのは決まっていないんです。

ただ、他の家庭はどうしているか…。

一般的にはどうしたらいいか?

などの時期はだいたい一緒のようですので、今回は、

「ひな祭り・雛人形に関する色々なギモン」をご紹介していきますね!

ひな祭りっていつ?

ひな祭り(桃の節句)は毎年3月3日と決まっています。

 

ちなみに、みなさんひな祭りの由来ってご存知でしょうか?

ひな祭りはもともと女の子のお祝いではありませんでした。
本来は男性、女性を問わず厄災や邪気を祓うための行事だったといわれています。
昔の中国では「季節の変わり目には邪気が入りやすい」とされていて、川で身を清めて、災いや邪気を払う習慣がありました。
これが日本に伝わった時に、自分の災いを人形に変わりになってもらい、川に流すようになったと言われています。
この頃に、身代わりに流していた人形は、草や、わら・紙などで作られた、質素な作りの人形だったようです。
この人形に、病気や災いを、身代わりになってもらい、健康と幸せを願って、川や海に流していました。

 

また、この頃の貴族の女の子の間では、人形を使って、天皇の御所をイメージした御殿や飾り付けをして、着せ替えや、ママゴトをする『ひいな遊び』が流行ってました。

人形を流して健康と災いを払う習慣と、女の子の人形であそぶ『ひいな祭り』が合わさって、ひな祭りになったと言われています。

 

そして次第に、人形技術が発展して立派な人形が作れるようになると、「流す」ものから「飾る」ものへとシフトしていきました

娘の災いを引き受けて、幸せにしてくれるひな人形は、華やかな人形になり、徐々に豪華になっていったのです。

雛人形が豪華になっていく流れで、「内裏雛(だいりびな)」だけだったものが、二段、三段・・・七段とどんどんゴージャスに。

 

当時は、豪華なひな人形を持っている事が、自慢になり、豊かさの象徴にまでなったそうです。

また、嫁入り道具として、豪華なひな人形を持たせるようになり、煌びやかな衣装のひな人形が好まれるようになりました。

嫁入りの際に、何か災いがあったとしても、ひな人形が身代わりになってくれることで、娘を守ってくれると信じられていました。

 

最初は若い女性中心の行事だったものが、そこに赤ちゃんも加わりだしました。

女の子が生まれると、その女の子に災いがふりかかりませんように!無事に成長して幸せになれますように!

という願いを込めてお祝いをする風習が広まっていきます。

 

こうして、元々は性別や年齢は関係なく、全ての人の災いを払い、健康を願う日だったのが、長い年月をかけて、女の子の成長と幸せを願う日になったのです。

 

 

ちなみに、ひな祭りの歌ってみなさん一度は耳にしたことがあると思います。
「明かりをつけましょ、ぼんぼりに~」のあの歌です。
あの歌の歌詞と、意味をまとめた記事もあるので、一緒に確認してみてくださいね。
実は、あの歌詞には間違いがあったんです…!

雛人形はいつ出すの?

雛人形を出すタイミングに「コレ!」といった決まりはないですが、一般的には、2月4日の立春からがベストと言われています。

節分で豆まきをして厄を払ったあとに飾る、という流れで覚えておくといいと思います。

遅くとも、ひな祭りの1週間前までには飾るようにしましょう。

 

また、地域によっては、2月18日・19日の雨水(うすい)の日に飾るのがいいとされることもあります。

雨水とは、暖かくなり、雪や氷が溶けて雨水として降り注ぐ日。

水は命の象徴とも言え、

水神の弥都波能売神(みつはのめのかみ)は、子宝や安産の神として信仰されています。

こうした事もあり、雨水の日におひな様を飾る事は、良縁につながるという逸話もあります。

 

一夜飾りはNG

ちなみに、皆さん「一夜飾り」と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか?

よくつかわれるのは「お正月のしめ縄や門松の飾りつけ」の時で、

お正月に神さまを迎えるための飾りつけなのに、

「お正月の前日の一夜だけだと神さまに失礼!」

「神さまをお迎えする準備がされていない!」

などということで、縁起が悪く、神様が立ち去ってしまうとも言われています。

これはひな祭りの雛人形についても言われているようで、「一夜飾り」は避けた方が良さそうです。

雛人形はいつ片づけるの?

「雛人形を早く片づけないと、お嫁に行き遅れる!」という話を聞いたことはありませんか?

 

あれ、ただ迷信のようです。

 

昔は、とっても豪華で何段もあるのが普通だった雛人形。

ケースなんかありませんでした。

しかも、職人さんが作った本格的なものだと、手についた油が人形に付着しただけで、ダメになるとか…。

そんな片付けの面倒な雛人形をキチンと手入れして片付けられないようでは、素敵なお嫁さんになれませんよ!という躾のためだったのだとか。

 

しかし、だからと言って、可愛いからしばらく飾っておこう!と何週間も飾るのはNGのようです。

 

一番片づけに最適な日は、

3月6日の啓蟄の日(けいちつのひ)です。

 

少なくとも、ひな祭りから2週間以内には片づけたほうがいいようですよ。

雛人形を早く片づけたほうがいい理由として、

  • 災いの依り代となる、雛人形をいつまでも置いておくのは良くないから。
  • 雛人形をきちんと片付けられない女性では、家事ができないとみなされて嫁にいけなくなるため。
  • 早く飾る→早く嫁に出す。
  • 早くしまう→早く嫁に行く。

といったように、雛人形に娘の結婚を投影しているから、早く片づけたほうがいい!と言われるんですね。

 

ちなみに、職人さんが作ってくれたような、お高めの雛人形の場合、

良く晴れた、湿気の少ない日に片づけたほうがいいそうです。

ジメジメした日にしまうと、人形に湿気を残したまましまうことになってしまい、来年出してみるとカビやシミが!

……という結末になりかねません。

ですので、湿気の少ない、カラッと晴れた日に雛人形を片づけてあげましょう。

雛人形はいつ頃から購入するのがベスト?誰が買えばいい?

雛人形を購入する時期は、1月~2月初旬までに購入するのがいいでしょう。

雛人形を飾る時期が2月4日(立春)、もしくは2月18日(雨水の日)がベストだと考えれば、それまでに手元に届くようにしたいですよね。

 

雛人形を買うのは誰がいい?

昔は、雛人形を買うのは、母方の祖父母だと言われていましたが、今は各家庭によって様々のようです。

  • 両親が購入
  • 母方の祖父母が購入
  • 母方・父方の祖父母がお金を出し合って購入

などが一般的です。
後々トラブルにならないためにも、話し合って決めていきたいですよね。
前もって「娘が気に入ったものがあるので、私たちで購入しました。」と連絡しておくのも手ですよ。

 

 

雛人形の選び方

お雛様は、女の子にとって一生の宝物です。

毎年飾ることになるので、慎重に決めたいですよね。

雛人形を選び上で大切なことは3つです。

 

①どこに置くか決める。

お部屋の広さや収納スペースによって、どんな雛人形セットを持てるかが決まります。
また、収納時の箱に入れた時のサイズも考慮して選びましょう。

 

②予算を決める。

良いものはやはり、それなりのお値段になるものなので、あらかじめ予算を決めておくことで、買うものが絞りこめます。
ですが、少し予算オーバーする方が多いようです。
雛人形とは長いお付き合いになるので、多少高くても納得のいく良い物を…となるのでしょうね。

 

③種類を決める

お部屋の広さや生活スタイルによってそれぞれに適した雛人形の種類があります。
お店に行く前にネットやカタログで見て、飾るときやしまうときのことをイメージしておきましょう。

 

 

私の雛人形を娘に引き継いでも大丈夫?

雛人形のもともとの由来は、「自分に降りかかる災いを、身代わりとなって引き受けてくれる」のが雛人形です。

ですので、ママのお雛様は、ママが無事に成人した時に立派に役目を果たした、と考えられます。

ですので、なるべくなら、娘さんには新しい雛人形を贈ったほうがよいようです。

 

ただ、やはり思い入れのあるものだから、どうしても娘に引き継がせたい!という気持ちもわかります。

そんな場合は、新しい雛人形を買い足して、一緒に飾るのがおすすめですよ。

ひな祭りってどんな食べ物を出せばいいの?

楽しいひな祭りですが、さらに思い出深いものにするためには、「食事」も、とっても大事ですよね。

ひな祭りと言えば「ひなあられ」ですが、それ以外にもたくさんひな祭り伝統の食べ物があります。

 

まずは、ひな祭りの定番メニューをご紹介します。

  • ちらし寿司
  • はまぐりのお吸い物
  • 菱餅
  • ひなあられ
  • 甘酒

このあたりが、ひな祭りの定番メニュー。

実は、ひな祭りに食べる、ちゃんとした意味があるんです。

子どもにちゃんと説明できるように、食べ物の意味も知っておきましょう。

■ちらし寿司

ちらし寿司というより、具材それぞれに意味が込められています。

エビは「長生き」

レンコンは「見通しがいい」

豆は「健康で働き者」

 

■はまぐりのお吸い物

ハマグリの貝殻は、対になっている貝殻のみがピッタリ合わさることから、

「相性の良い結婚相手に出会えて結ばれ、一生一人の人と添い遂げれますように」

という願いが込められています。

 

■菱餅

 

 

 

 

 

下から、緑・白・赤の順番で並んだ菱餅。

それぞれの色に意味がありました。

赤(ピンク)→魔よけ・邪気払い

白→純潔・心身ともに綺麗でいられますように

緑→健康と長寿・子孫繁栄

 

■ひなあられ

 

 

 

 

 

昔は菱餅を砕いて作ったと言われている色とりどりのひなあられ。

女の子がひな人形をもって遊びに出かけ、人形に春の景色を見せてあげる「ひなの国みせ」という風習がありました。

その時に持って行ったのがひなあられです。

意味がある、というよりは、手軽に外に持っていきやすい食べ物として生まれたもののようです。

 

■白酒(甘酒)

 

 

 

 

もとは、桃の花を清酒にひたした桃花酒(とうかしゅ)が飲まれていました。

桃には邪気を祓う力があるとされていたためです。

それがだんだんと、蒸したもち米や麹にみりんや焼酎を混ぜてつくる白酒に変わっていきました。

最近では、ひな祭りに、子どもでも飲める甘酒が売られていることが多くなりました。

 

 

 

他にも、ひな祭りの美味しくておしゃれなメニューを紹介しています。
こちらの記事も参考にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • ひな祭りは3月3日
  • 雛人形を飾るベストな日は2月4日の立春の日。
  • もしくは良縁に恵まれる2月18日の雨水の日。
  • 雛人形を片づけるベストな日は3月6日の啓蟄の日。

 

ひな祭りは、女の子の成長と健康を祝う伝統行事です。

ちゃんと飾るタイミングにも意味があったんですね。

おすすめの記事