7月7日は七夕です。

七夕は織姫さまと彦星さまが年に一度だけ会うことのできる大切な日です。

そんな日になぜ笹飾りをして願い事を書くようになったのでしょうか?

どんな願い事を書くか悩んでいる方に例文を紹介します。

 

七夕の笹飾り

 

笹は昔から防腐効果があるとされていました。

竹は冬の間も寒さに負けることなく、まっすぐ育ちます。

竹の生命力から、竹には神聖な力が宿っていると信じられています

また、竹には空洞がありその空洞には神が宿っているとされていました。

そのためあらゆる神事に使われていました。

 

その神聖な竹が、七夕の願い事を飾るために使われました。

 

 

願い事を書くために使用される短冊

五色の短冊~

私は書いた~

お星様キラキラ~♪

 

と歌うように、短冊は主に5色が使われます。

 

青、赤、黄、白、紫の5色です。

 

古代中国の言い伝えより、「木は青・火は赤・ 土は黄・金は白・水は黒(紫)」を表していま

 

(木)は、樹木の成長を象徴

(=火行):光り輝く炎の様子を象徴

(=土行):植物の発芽を象徴

・白(=金行):鉱物・金属を象徴

・黒(=水行):和泉から湧き出る水を象徴

 

それぞれの色の意味を理解しながら端座置くに願いを書くとより効果が上がりそうですね!!

 

 

なぜ願い事をするの?

江戸時代に願い事をするようになりました。元は(織姫のように)「機織りがうまくなりますように」と願われていました。

機織りがうまくなりますように→書道がうまくなりますように→習い事が上達しますように

と願い事は変化してきました。

そこで現在は七夕の短冊に願い事を書くと、願いが叶うとされています。

 

短冊に書かれている内容

 

短冊に書かれている内容をまとめてみると下記のような内容になっています。

・やりたいこと

・できるようになりたいもの

・なりたい職業

・欲しいもの

・かなえたい夢

・健康面

・学業

・恋愛

・家族のしあわせ

 

みんなどんな願い事をするの?

七夕の短冊の願い事として最も多い願い事は、「家族みんなが健康で幸せに過ごせますように」という願い事です。

 

家族がいる人は、自分の願い事だけでなく家族の幸せを願いたいと思う方が多いようです。

わたしも家族の幸せを願います。

家族が幸せだと自分も幸せだから♪

 

次に多い願い事は、「楽しい毎日が送れますようにと」言う願いことです。

毎日が笑顔で楽しい日々がおくれることはとても幸せなことです。

嫌なことがひとつもなく、悩みもない日々を想像して書かれた願い事でしょう。

 

 

次いで多いのは「宝くじが当たりますように」といったお願い事です。

こちらもざっくりした願い事です。

宝くじがあたったあとのことは、あとから考える・・・欲しいものを買って、自由に使って楽しい人生!といった感じでしょうか。

七夕にお願いして当たるのであれば私もお願いしてみたいデス!

 

細かいお願い事よりも、ざっくりしたお願い事が多くなっています。

細かいお願い事を書くよりも、ざっくり大きな願い事を一つ書いておけば、「小さな細かい願いことも叶うからラッキー☆」といった考え方が見えます。

 

また神様にお願いすることなので自分だけではなく、周りの大切な人のお願い事をするのが日本人らしいなと言う印象を受けます。

 

そして3番目に多い宝くじが当たりますようにというお願いは誰もがお願いしたい事です。

七夕の短冊に書き宝くじが当たったら・・・みんなきっと書くでしょう。

 

願いが叶う!?短冊の書き方

 

より願いが叶う!?短冊の書き方を紹介します。

 

短冊の色の選び方

 

上でも説明したように、短冊には色によって意味があります。

そこで、自分のお願いしたいことにあった色をえらんで書きましょう。

 

<青(木)は、樹木の成長を象徴>

 ⇒人間としての魅力向上、周りの人への感謝

 

例:ボランティア活動で人をたくさん助ける!

前向きで笑顔が素敵な人になる!

<赤(=火行):光り輝く炎の様子を象徴>

 ⇒家族やご先祖などへの感謝

 

例:いつもご飯を作ってくれるお母さんのためにご飯を作ってあげる!

一生懸命働いて、両親に旅行をプレゼントする!

 

<黄(=土行):植物の発芽を象徴>

 ⇒人間関係

 

例:クラスの友達とずっと仲良く楽しく卒業したい!

信頼出来る友達に出会えますように!

 

<白(=金行):鉱物・金属を象徴>

 ⇒決意、決心

 

例:ダイエットを成功させる!

結婚して彼女を幸せにする!

 

 

<黒(=水行):和泉から湧き出る水を象徴>

 ⇒学業面での成功

 

例:苦手な数学をマスターする!

入試で合格する!

 

「~になりますように」は使わない!

短冊に願い事を書くときは、よく「~しますように」「~が欲しい」といった他人事の願い事をされている方が多いです。

しかし願い事は自分のものです。「~しますよう」と他人事では願い事はかないません。

七夕に願い事は必ず断言しましょう。

 

ダイエットを成功させたい場合は、「痩せますように」ではなく「痩せる!」

弁護士になりたいなら「なれますように」ではなく、「弁護士になる!」

 

 

宝くじが当たりますように~で言うならば、

「全ての宝くじが買えるだけのお金を集めて宝くじを全部買い占める!!!」くらいの勢いが必要です。

 

 

 

自身で断言することで、「お願いをする」から、「目標をかかげる」に変更されます。

すると、自分自身でも努力することになり結果願いが叶う近づきます。

 

 

願い事を書いたら具体例をあげる

 

願い事を書くだけでは実行できません。

そこで、書いた願い事に対してどのようにしていくか具体例をあげましょう。

 

「痩せたい」に関するお願い事であれば、

「マイナス5キロのダイエットに成功する!」

・ウォーキング30分を毎日続ける

・18時以降は何も食べない

・間食はしない

・一日の摂取カロリーをメモする

・お気に入りのスカートを履く

 

など、数値などを用いて具体的に目標を設定しましょう。

 

まとめ

 

昔からお願い事は変化してきていますが、習い事が上達しますようにといった自分で努力するためのお願い事をしています。

現代の人は、宝くじが当たりますようにと何も自分で努力せず他人任せなお願いをしています。神様は他人任せなお願い事を叶えてくれるのでしょうか。

それよりも神様はきっと自分で努力するお願い事の方を叶えてくれると考えられます。

七夕の短冊にかなえたい願いごとを書く事は、決意表明とも言えます。

実際に七夕の短冊に願い事を書いて叶ったと言う人は、短冊に書いたことで実際に実行に移した方ではないでしょうか。

 

願い事の内容が自分が努力すれば叶う内容であれば、短冊に書くことにより目標が明確になり夢を叶えられたと考えられます。

おすすめの記事