出産という大仕事を終え、授乳サイクルもほぼ決まってきた頃にやってくる一大イベント!

『お食い初め(おくいぞめ)

ママにとってもパパにとっても、もちろん赤ちゃんにとっても大変楽しみなイベントですよね(*^-^*)

この『お食い初め(おくいぞめ)』、地域によってしきたり・やり方が少し違うってご存知でしたか?

ここでは、《関東ver.》に絞ってご紹介させていただきますね♪

 

お食い初めとは

『お食い初め』とは、赤ちゃんのお祝いの行事のひとつで

生後100日〜120日目頃に(この頃に赤ちゃんの歯が生え始めるので)

「子どもが一生食べ物に困らないように」という願いを込めて、ごちそうを食べさせるまねをする儀式を行います。

この時期の赤ちゃんはまだ固形物を食べることができません。

ですので、もちろん食べさせる真似だけをするんです。

 

ぴったりその日に(生後100日〜120日目)行わなくても大丈夫です!

赤ちゃんの健康状態をみて、最前の日にちを決めてあげてくださいね。

 

お食い初めは、古くは平安時代から始まったと言われています。

昔の時代は、栄養状態が悪く医学も発達していなかった為、赤ちゃんが無事に健やかに育つことが大変難しかったので

赤ちゃんの歯が生え始める100日目頃に、

「一生涯で食べることに困らないように!健康に!」という切なる願いを込めて、食事をする真似をさせる儀式を行いました。

これが、お食い初めのはじまりだと言われています。

 

お食い初めの行事は、赤ちゃんの健やかなる成長を願うための日本伝統のお祝い事として、現代でも受け継がれております。

 

 

 

『お食い初め』の他に別の呼び名がある!?

お食い初めは、地域によっていろいろな呼び名があるようです。

①「百日祝い(ももかいわい)」・・・祝う時期が生後100日前後に行うことから。

②「真魚初め(まなはじめ)」・・・初めて魚を食べさせることから。

 

「箸揃え(はしぞろえ)」「箸祝い(はしいわい)」「お箸初め(おはしはじめ)」・・・初めてお箸を使うことから。

 

④「歯固め(はがため)」・・・ちょうど乳歯が生えはじめる時期なので、赤ちゃんに石を噛む仕草をさせて、丈夫な歯で育ちますようにという願いから。

 

 

準備するもの

①食器・・・漆器か素焼きのものが一般的とされています。
(男の子の漆器は、全部が朱塗りのもの。女の子の漆器は、外側が黒塗りで内側が朱塗りのもの。)

こちらが基本ですが、離乳食用の食器や普段使っている食器でも何ら問題はありません。

 

②祝い箸・・・柳で作られていて、両端が細くなっているお箸が一般的とされています。
こちらも、普段使用しているお箸でも何ら問題はありません。

 

③正式なお膳・・・一汁三菜・尾頭付きのお魚が一般的とされています。
・お魚(尾頭付きの焼き魚(一般的なものとして鯛が多い。)

・すまし汁やお吸い物(具に鯛、もしくははまぐりの潮汁が縁起が良いと言われています。)

・煮物(エビとレンコンの炊き寄せや、高野豆腐などが多く親しまれています。その他に、すくすく育つように若竹煮や、将来の子だくさんを願ってさといもの煮物が用意されたりもするようです。)

・香の物(お漬物(しわがよるまで長生きができるようにと梅干しを使用される方が多いようです。)

・酢の物(大根と人参の紅白なますが一般的です。)

・赤飯(赤飯の赤色が、昔から魔除けや厄払いの力があるとされていることから、子どもが病気や災難にあわないようにとの願いが込められています。)

もしくは白米。

・その他・・・紅白のおもちなど。

 

※ご家庭で用意することが難しい場合は、仕出し料理店に注文し宅配してもらったり、お店に食べに行くのもいいかもしれません。

 

④歯固めの石・・・歯固めの儀式用の小石。
お宮参りの際に神社や氏神でいただくか、海や川などの水辺の小石を拾い、きれいに洗ってから使用するといいです。

 

 

誰が食べさせるの?

お食い初めとは、赤ちゃんにご飯を食べさせる真似をさせます。

その場所にいる、一番の年長者が赤ちゃんの口まで運ぶのが一般的な決まりになっています。

また男の子なら男性の年長者が、女の子なら女性の年長者が食べさせる真似をすることが多いようです。

おじいちゃんおばあちゃんと一緒にお祝いをする人は、おじいちゃんおばあちゃんにお願いをしてみてください。

家族だけでお祝いをする時には、お父さんかお母さんのどちらかが、食べさせてあげてくださいね。

 

 

お食い初めの順番

食べ物を食べさせる順番は
①赤飯→②お吸い物→③赤飯→④お魚→⑤赤飯→⑥お吸い物

続けて
⑦赤飯→⑧お吸い物→⑨赤飯→⑩煮物

そのまま続きます
⑪赤飯→⑫お吸い物→⑬赤飯→⑭香の物

まだまだ続きます
⑮赤飯→⑯お吸い物→⑰赤飯

そして、最後に
⑱歯固めの石

用意した石を赤ちゃんの唇に直接触れさせたり、もしくは「歯固めの石」にお箸を軽くあててから

「石のように丈夫な固い歯が生えますように!」という願いをこめて

そのお箸を赤ちゃんの歯ぐきや唇にやさしく触れさせてあててあげてください。

 

これが、ごく一般的なやり方です。

ですが、必ずしもこの順番や方法にこだわる必要は全くありません。

①~⑥を3セット行う場合もあります。

 

無事に儀式を終えたら、大人みんなでありがたくお食い初めセットを完食しましょう。

儀式を終えたあとの歯固めの石は、神社の境内へ感謝の気持をたっぷり込めてお返ししましょう。

赤ちゃんの体調やご機嫌にあわせて、楽しく行ってあげてくださいね♪

 

 

関東ver. お食い初めのやり方

関東の場合の食べさせる順番は、①赤飯→②吸い物→③赤飯→④お魚→⑤赤飯→⑥吸い物

こちらを3回繰り返し行います。

そして、食べさせる真似をする人は、その場所にいる一番の年長者にお願いをします。

食器は、関東でも漆器か素焼きのものが一般的とされています。
(男の子の漆器は、全部が朱塗りのもの。女の子の漆器は、外側が黒塗りで内側が朱塗りのもの。)

こちらが基本ですが、離乳食用の食器や普段使っている食器でも何ら問題はありません。

 

また関東は歯固めの石を、お宮参りの神社で頂きその後お返しするというのが、決まりとなっています。

また歯固めは食べさせる順番どおり三回食べさせてから、歯固めの儀式をやるのが正式な順番です。

 

 

まとめ

お食い初めのやり方、なんとなくお分かりになったでしょうか?

地域によって用意するものが異なったり、やり方が違ったりするかもしれませんが

「絶対こうしなければいけない」という決まりは特にありません。

赤ちゃんが食べる物に困らず、健康で健やかに育ちますように・・・

という、パパやママをはじめ親族のみなさんが赤ちゃんの幸せな将来を願う気持ちは昔から全く変わりはありません。

大切な親族が集まって、今までの赤ちゃんの成長を感謝し、これからの成長と健康を祈願するこの儀式は

今では国民の80%以上の人が祝っている国民的行事になっています。

そんな大切な行事を、家族でお祝いすることができたらとても良い思い出になることは間違いありません。

最近ではお食い初めの行事に、記念として写真スタジオで赤ちゃんの写真や家族写真を撮る人が増えてきています。

表情豊かなカワイイこの時期の写真を残しておくのも、素敵な思い出のひとつになりますよね。

子どもはあっという間に成長し、親元を巣立っていってしまうものです。

ですので、家族みんなで少しでも素敵な思い出を多く作って、それらを形にして残していくこともいいかもしれませんね。

儀式という堅苦しい行事にせず、大切な家族が集まって赤ちゃんの成長を願い、そして祝う。

細かい形式や作法に縛られずに、大切な家族で楽しくお祝いするという気持ちが一番大切です!

赤ちゃんをはさんで家族の楽しい思い出をたくさん増やしてくださいね♪

 

おすすめの記事