7月の一大イベントと言えば『七夕』ですよね♪

七夕とは、織姫さまと彦星さまが1年に1度巡り合うことが出来る大切な日で知られてますよね。

 

「七夕ってどういうことをするの?」と子どもに聞かれたら・・・

「七夕の日(7月7日)に短冊に願い事を書いて、笹の葉に飾るのよ~♪」と答える人が非常に多いと思います。

全国的な風習はこんな感じですよね。

この風習は、江戸時代から始まったもののようです。

 

そんな七夕の日に食べるものって何が一般的なのでしょうか?

何の食べ物を食べたら良いのかしら・・・?

今回は、七夕の風習である食べ物ってどんなものがあるの?代表的なものは何?

ということについて詳しくまとめてみました。

 

 

七夕の時の風習な食べ物とは何?

ひな祭りと言えば・・・ひなあられやハマグリのお吸い物。

こどもの日と言えば・・・ちまきや柏餅。

とすぐに思いつくかと思いますが

「七夕」と言えば、一体何の食べ物を想像しますか?

突然質問されちゃうと、七夕で思いつく食べ物と言ったらあまりないのではないでしょうか?

 

実は、七夕の時に食べられている風習の食べ物って『そうめん』が一番有名なんです。

びっくり?ですよね~(^^)

そうめんは、夏バテしてる時や食欲がない時にチュルチュルっとのど越し良く食べられる食べ物ですよね。

そうめんは夏の食べ物!と思われがちですけど、実は一年中スーパーなどで売っていますので

『七夕の時に食べる代表的な食べ物!』

って言う限定食という感じは、あまりしないですよね。

 

では、なぜ七夕にそうめんを食べるのか?について詳しくご説明していきます。

 

 

なぜ、七夕にそうめんを食べるの?

出典元:Nadia

 

そうめんの起源は意外にも古くて、平安時代にはすでにもう

そうめんの原型となる食べ物を七夕の日に食べていたと言われています。

 

そうめんの原形は、索餅(さくべい)と呼ばれていて

この索餅(さくべい)は、中国の料理だと言われています。

小麦粉と米粉を練って縄の形にしたお菓子のことです。

 

中国には、「7月7日に索餅を食べると、無病息災で一年間を過ごすことができる」という言い伝えがあります。

これは、昔々7月7日に亡くなった子どもがいて、その子どもが鬼となって帰ってきて、疫病を流行らせました。

それを鎮めるために、その子どもが好きだったという索餅をお供え物にしたところ、疫病の流行が治まったというのです。

それから、1年間の無病息災を祈願して、索餅が食べられる様になってきたと言われています。

 

平安時代に、この索餅が中国から日本に伝わったと言われていて

7月7日の七夕の日に索餅をお供えをし出したのが始まりと伝えられています。

やがて、索餅からそうめんに変わっていき

そこから、『7月7日の七夕の日には、そうめんを食べよう!』と言う活動が広がっていきました。

そういう流れから、今では7月7日の七夕の日には「そうめん」を食べるようになりました。

 

その他にも、そうめんの細い麺を糸に見立てて

・そうめんが天の川に似ている→「恋愛成就」
・そうめんが織姫の織り糸に似ている→「健康成就」

※そうめんの原料の小麦には毒を消すという言い伝えがある。

などと言った説もあります。

 

大切な家族が1年間健康で幸せに過ごせますように!という願いが込められて

そうめんが食べられるようになったそうです。

 

 

他に七夕の日に食べられる食べ物は?

ちらし寿司

出典元:cookpad

 

ちらし寿司は、もともと縁起物だから七夕に食べる!という方も多いのではないでしょうか?

七夕は、神事のひとつなので縁起物である「ちらし寿司」が最近ではふさわしい食べ物として定着しつつあります。

 

また、七夕はお祈りをする日でもあります。

実は、このちらし寿司の具にはいろいろな祈りが込められているんです。

・エビ・・・長生きができますように。

・レンコン・・・物事の見通しがつきますように。

・豆・・・マメに健康で働けますように。

・ごぼう・・・丈夫な体でいられますように。

・にんじん・・・喜ばしい慶事がありますように。

・イクラ・・・子孫が繁栄していきますように。

このようにめでたかったり、祈りを象徴する食べ物であったりするので

その点から見ても、夜空にお願い事をする夜にとてもふさわしい食べ物ではないでしょうか。

 

 

七夕カレー

出典元:ヤマサ醤油のレシピサイト

 

なぜか、最近ではカレーライスも七夕メニューとしてよく見かけます。

はい!我が家も毎年カレーライスを作ります( *´艸`)

うちの子たちもカレーライスが大好きですし、苦手な野菜も細かく刻んでカレーに混ぜれば

知らず知らずのうちに完食してくれてます( *´艸`)

 

ご飯を天の川に見立ててお皿の真ん中に盛り付けたり、人参やハムやチーズを星の形に切り抜いたりします。
子ども達に大人気のカレーライスも、野菜やハムやチーズなどでデコると見映えも素晴らしく、さらに美味しくいただけ

そして、何より子どもたちの評価が高いです(*^-^*)

 

 

デザートは七夕ゼリー !

出典元:cookpad

 

七夕の定番のデザートに、ゼリーのようなひんやりと清涼感のあるものが人気のようです。
その他に、シャーベットやホールケーキなど冷やして美味しくいただけるものがやはり人気みたいですね。

 

ポイントは、ゼリーの土台を天の川を連想させるように青色にし

その上に、フルーツや寒天を「星形」に切り抜き盛り付けたり、星型の金平糖で盛り付けしたり

見た目も七夕の真っ青な夜空を連想させる涼し気な夏らしいデザートにすることです。

 

あとはやはり、索餅です。
小麦粉と米粉を練って縄の形にし、それを揚げたお菓子のことです。
仕上げに砂糖をふりかけ味付けするので、ほんのり甘くて子どもうけするお菓子です。

 

 

七夕に飲むお酒ってあるの?

七夕は子どもたちだけでなく、ママパパも楽しみましょう( *´艸`)

晩ご飯に合うような七夕をイメージするお酒はいかがでしょうか?

 

でも、七夕ならではのお酒って?よくわからないですよね。
ひな祭りには白酒、端午の節句には菖蒲酒をいただいてる方も多いと思います。

それらと同じように七夕にいただくお酒もあっていいと思います。

 

ひな祭りや端午の節句は、子どもの健康と健やかなる成長の祈願などをするお祝いですが

七夕ってそれらのお祝いとはちょっと違うイメージかもしれません。
ですので、七夕の日にいただく特別なお酒がないのではないでしょうか。

 

ですが、織姫さまと彦星さまの年に一度の逢瀬の夜に

大切なご主人や奥様とお酒を交わすのもアリだと思います。(*^-^*)

 

オススメのお酒を少しご紹介!

\シュワシュワと煌めく泡が立ち上がるお酒/

奥の松『純米大吟醸 スパークリング』純米大吟醸【福島】

白真弓『じゃんぱん純米【岐阜】

ぷちぷちはじけるお酒

小鼓 微発泡リキュール・シーリーズ【兵庫】

 

\宇宙の深さを感じさせるお酒/

峰乃白梅『純米大吟醸 瑠璃』純米大吟醸原酒【新潟】

司牡丹『土佐宇宙酒「宇宙龍」』純米吟醸【高知】

司牡丹『土佐宇宙酒「宇宙のパワーで夢を叶える純米酒」』純米【高知】

 

\星見の宴の料理に合わせたいお酒/

夏の生酒

 

※出典元:日本名門酒会 公式サイト

 

 

 

まとめ

七夕にまつわる食べ物やお酒についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

七夕に「そうめん」を食べるといった風習は、まだ知らない方も多い事だと思います。

そうめんひとつとっても、具材や調理方法や盛り付け方で七夕の食べ物に大変身できます。

 

その他、星の形のものをトッピングして七夕っぽく演出された料理もいろいろあって楽しいですよね。

七夕の日は、特別に少し華やかな料理を用意したら、お子さんやご主人も大喜びだと思います。

 

七夕のお話の諸説はいろいろありますが、織姫さまと彦星さまが一年に一度会える日という言い伝えが有名です。

そんなロマンティックな日は、家族みんなで七夕らしい飾り付けや由来のある食べ物、七夕に関連したお酒をいただきながら

夜空を見上げるのもステキですよね。

 

子どもの時は七夕の日に笹の葉に短冊を飾ったり、幼稚園・保育所・学校・町内でお祭りがあって楽しめたと思いますが

大人になると七夕の日を楽しむ機会がぐんと減ってしまいます。

そんな大人の方も、七夕にまつわる美味しい食べ物を食べて美味しいお酒を飲んで、家族みんなで七夕の日を楽しんでくださいネ♪

おすすめの記事