赤ちゃんが生まれてからあっという間に1年がすぎようとしているとき、1歳の誕生日は何をしよう・・・と悩まれるお母さんはたくさんいます。
生まれてはじめての誕生日「1歳の誕生日」は特別なものです。
記念に写真を残す方もたくさんいます。

そこで1歳の誕生日の写真撮影はどうするかいくつか紹介します。

3パターン 撮影方法のメリット・デメリット

フォトスタジオ撮影

定番なのがフォトスタジオでの写真撮影です。
大手のフォトスタジオだとイベントもやっているので格安で撮影が可能です。

<メリット>
・1歳のお誕生日得点がついてくる
・かわいい衣装をたくさん選べる
・かわいい背景、小物も用意されている
・プロの撮影なのできれいな写真を残せる
・きょうだいがいる場合、それぞれで同じ大きさ、雰囲気の写真が残せるため、1歳の時の上の子と下の子の成長を比較しやすい
・大手なので絶対的な信頼がある

<デメリット>
・人気があり希望の時間に予約が取れないことがある
・知り合いと衣装がかぶってしまうことがある
・ネットなどで同じ衣装、アングルの写真を見つけてしまうためオリジナル感がない
・時間に制限があるため機嫌が悪いとよい写真が残せない
・背景がごちゃついて本人が目立たない場合もある

ロケーションフォト撮影

<メリット>
・自然光で明るく撮影ができる
・遊びながら撮影し、自然な表情を残すことができる
・子供だけでなく、大人も一緒に撮影してもらえる
・全データを購入しても色々な表情がある
・子供が飽きずに撮影できる

<デメリット>
・天候に左右される
・私服を準備しなければならない
・背景が一定になりがち
・小物の準備も必要

自宅撮影

<メリット>
・いつもなれたところなので子供が緊張しない
・注文しなくても自由に撮影できる
・時間に限りがないので機嫌が良いときでOK
・お出かけの必要がない
・お金がかからない

<デメリット>
・撮影の練習が必要
・おうちスタジオにするための飾り付けが必要
・プロ並みの写真を残すのは難しい
・写真の加工も自分でする必要がある

上記の中から、わが子は「ロケーションフォト撮影」を選びました。

ロケーションフォトにした理由

 

・スタジオのように決まったポージングや衣装だと、わが子の個性が出ないと思った
・スタジオ撮影で衣装に気を取られ、「かわいい衣装撮影」になるのがいやだった
・自然な表情を残したい
・スタジオよりも格安で全データをいただける
・家族みんなで自然体を撮影してもらえる

なによりもオリジナル感が欲しいという願いからロケーションフォトを選びました。

ロケーションフォトサービスの受け方

ロケーションフォトって何?

ロケーションフォトは、カメラマンに出張してもらい、スタジオ以外で撮影することです。

公園や海、アミューズメント施設、自宅でも構いません。

出張してくれるカメラマンが来てくれるところであればどこでも撮影可能です。

 

 

スタジオであれば、ネット予約や直接店舗に電話して予約さえすれば、あとは撮影予定日に身体一つあれば撮影が可能です。

 

では、ロケーションフォト撮影をするときはどのようにお願いすればよいのでしょうか。

 

撮影したい場所を考える

 

まず、撮影したい場所を考えましょう。

 

自宅での撮影もOKです。
まだ1歳の赤ちゃんなので、ハイハイがメインの子が多いです。
そのため、屋外は不可能と思う方は、自宅での撮影や屋内の撮影も可能です。

自宅で撮影の場合は、撮影スポットを用意しておきましょう。
お庭が広い場合は、お庭でも問題ありません。

 

撮影可能な施設や公園もおススメです。

関西であれば、

 ・万博公園 
 ・ユニバーサルスタジオジャパン
 ・アンパンマンミュージアム
 ・ハーバーランド
 ・大阪城公園
 ・王子公園

など、撮影可能か確認してから場所を選びましょう。

ユニバーサルスタジオジャパンなど、入場料が必要な場合は、別途必要な場合もあるので注意が必要です。

 

撮影してくれるカメラマンを探す

 

次に撮影してくれるカメラマンを探しましょう。

 

撮影したい場所に対応してくれるカメラマンを探しましょう。

 

直接知り合いのカメラマンを探すことができれば、交渉次第で安く撮影が可能です。
しかし知り合いのカメラマンがいないという方は、下記サイトを参考に出張撮影をしていただけるカメラマンを探しましょう。

「出張フォトサービス」に申し込みをし、対応可能なカメラマンを探します。

フォトスタジオでも出張フォトをされているところがあります。
出張フォトをされているスタジオに問い合わせてみても良いでしょう。

 

わたしは、写真を撮って欲しい人と、プロのカメラマンをつないでくれるマッチングサービスのサイトで申し込みを行いました。

ロケーションフォトマッチングサービスサイト

fotowa https://fotowa.com

全国どこでもカメラマンに出張フォトサービスを依頼できるサイトです。
自分の撮影して頂きたい地域を選択し、条件にあったカメラマンを探すことが可能です。

<料金設定>
・平日 19,800円(税抜)
・土日祝 23,800円(税抜)

<サービス内容>
・75枚以上の写真データ
・出張費込み
・60分の撮影料
・フォトグラファー指名料金込み

 

OurPhoto https://our-photo.co/

わたしが使用したサイトです。

フォトグラファーによって値段が変わります。

有名な方だと料金は高くなっています。素人のフォトグラファーであれば安く撮影していただけます。

素人でも、キレイに撮ってくださるかたは沢山おられます。

写真がUPされているので、雰囲気をみて選んでみることをオススメします。

 

<料金設定>
・フォトグラファーにより変動 8,640円(税抜)から

 

<サービス内容>
・30枚以上の写真データ
・出張費込み
・50分の撮影料

 

わたしはこちらで2度お願いしました。

わたしが依頼したときは、それぞれ違う方でした。

50分の撮影という内容ですが、カメラマンさんといかに仲良くなるか、いかに小道具を用意するかで撮影時間は変わってくると思います。

撮影道具がなく、カメラマンさんの支持待ちであれば撮影はスムーズに行き50分で終わると思います。

自らここで撮りたい!こんなのを撮りたい!!とお願いすると時間が押す場合もあります。快く受け入れてくれる方や、別途料金を取られるかたもいらっしゃるので注意が必要です。

 

 

CELEBABY  https://cele-baby.net

 

<料金設定>
カメラマンや撮影内容によって料金は変わります。
カメラマンの交通費などは別途必要です。

参考:ロケーションフォト:1時間15800円(税抜)

<サービス内容>
・カメラマンにより撮影プランや料金が異なります

・出張フォトだけでなく、スタジオでの撮影予約も可能です

 

撮影の準備


撮影していただけるカメラマンが決まり、日にちが決まったら撮影の準備をしましょう。

ロケーションフォト撮影は自由スタイルが多いので、カメラマンに頼りっきりでは普通の写真しか撮影できません。
撮影に必要なもの、一緒にとりたいものを準備しましょう。

服装の準備

正装でも、カジュアルな服装でもどちらでも問題ありません。

より自然な写真を残したいのであれば、カジュアルな服装がおススメです。

季節に合わせて服装を選ぶもの良いです。

 

春であれば、お花がきれいで芝生も緑がとてもきれいです。
緑の服を選ぶと、芝生と同化してしまう可能性があります。

また、青空がきれいな日であれば、青い服は空と同化してしまうので避けたほうが良いでしょう。
(わたしは青い服を着せてしまい、人物がぼけてしまいました。)

秋は紅葉がきれいです。あえて紅葉に合わせた赤を選んでも良いです。

もみじがないところであれば赤は映えます。
また、赤のもみじは上のほうにあり、かぶることは少ないです。
真っ青などは反対色すぎて統一感のない写真が出来上がる可能性があります。

冬であれば、周りに花はなく緑もありません。日差しも強くないので、少しさみしい写真になってしまいます。
そんな時は、赤や青、黄色といった明るい色の服を着ると楽しい写真になるでしょう。

 

ロケーションフォトの良いところは季節感が分かるところです。

この子の誕生日が来ると桜が咲く・・・など印象として残るでしょう。

また、家族の服をおそろいにする事も楽しみの一つです。

 ・全身おそろいコーデ
 ・みんな同じTシャツを着る
 ・パンツはデニムに統一する
 ・さりげなく靴だけ同じスニーカー
 ・同じ柄(チェック、千鳥柄など)をどこかに取り入れる

コーデのポイントとして、髪飾りやネクタイだけをおそろいにするのもかわいいです。

 

おススメのおそろいコーデ

lien-de-familleでは、親子でできるお揃いコーデとしてのラインナップがたくさんあります。

お洋服でお揃いもいいですが、ワンポイントのさりげないお揃いコーデはとてもおしゃれです。

 

<お帽子>

コーデのポイントとしてお揃いのベレー帽もとっても可愛いです。

日差しが強くてもUVカット効果があればお外もへっちゃらです。

そして、ハットやキャップだと、顔に影ができてしまうのでかぶることをおすすめしませんが、ベレー帽だとかわいくておしゃれな上に顔に影ができません!!

【親子おそろい】ベレー帽

大人用 :https://item.rakuten.co.jp/lien-de-famille/k09-004/

子供用 :https://item.rakuten.co.jp/lien-de-famille/k09-003/

<ネクタイ>

パパとお揃いのネクタイをしてみてはいかがでしょうか。

ロケーション撮影は外で元気に体を動かすため、カジュアルな服装がおすすめですが、しっかり写真に残る大切な日でもあります。

カジュアルな服装にもあうネクタイを、親子でつけてみてもおしゃれですよ。

【親子おそろい】ネクタイ

大人用:https://item.rakuten.co.jp/lien-de-famille/k01-009/

子供用:https://item.rakuten.co.jp/lien-de-famille/k01-013/

 

 

 

小物の準備

ロケーションフォトは何もない公園の芝生や木のそばで撮影することが多いです。
そのため小物を準備しましょう。

機嫌をとるために、子供が好きなおもちゃは必須です。

わたしがロケーションフォトで使用したものを紹介します。

・手作りガーランド
・HAPPYバルーン
・シャボン玉
・ボール
・風船
・とんがり帽子

・いちご

・刀(753の撮影時)

・プレゼント

・始めてみせるおもちゃ

・ぼうし

・サングラス

 

撮影に使えそうなもの、子供が喜びそうなものを頭をフル回転させて持って行きました。

 

 

何もなくても、お父さんの肩車や高い高い、川で水遊びなどなんでも子供の笑顔を引き出せるものがあれば大丈夫です。

 

 

まとめ

1歳の大切な誕生日は必ず写真に残しておきたいですよね。

残し方は様々です。どんな写真でもプロはとてもキレイに撮影してくれます。

でも、どうせなら、1歳の今しかない自然な表情を残したいと思いロケーションフォトを選びました。

お外で思いっきり遊んでいる家族みんなの笑顔の写真を残してみませんか。

 

ぜひ子供の一番のナチュラルな笑顔を写真に残してください。

おすすめの記事