赤ちゃんが生まれた一年は本当にあっという間です。

赤ちゃんの成長は早くめまぐるしいため、気がつけば1年です。

一歳の誕生日はどんなお祝いをしよう・・・と悩むお母さんもたくさんいます。

 

一歳の誕生日がくると、一升餅を背負うというイベントがあります。

 

なぜ一升餅を背負うのでしょうか?

誕生日の一升餅はどこで入手できるのでしょうか。

 

誕生日のイベント『一升餅』について説明したいと思います。

 

なぜ一升餅を背負うの?

一升餅を背負うと言いますが、一升餅の重さは、
お米一升=約1.8キロ
の重さです。

実際にはお米を炊いて餅にするための水分なども含まれるため、約2キロの重さになります。

 

1歳のお誕生日のお祝いとして一升餅が背負われるようになった理由は何故でしょう?

 

お米の『一升』と、生涯の『一生』がかけられています。

 

 ・食べ物に一生困らないように
 ・一生健康でいられるように

と言う願いを込めて、子供が1歳になると成長をお祝いするとともに一生の幸せを願う行事となっています。

また一升餅は丸い形が人気です。
丸い形は、人生が円満であるようにと言う願いも込められています。最近では丸型だけではなくハートなどの形もあります。

 

昔からお餅は「縁起物」として使用されてきました。

「新年明けましたおめでとうございます」のときも、お餅をいただきますよね。

新築のお祝いに家が建つ骨組みが出来ると、餅まきをして幸せのおすそ分けをする地域もあります。

結婚式などのおめでたい席でもお餅が使用されてきました。

 

昔、子供が早く元気に成長することを願って、お餅を使われていました。

そのお餅のことを誕生餅と言っていました。

誕生餅は、お餅の伸びと粘りで、子供と神様の結びつきを強めると言う意味がありました。

しかし子供が一切になる前から歩き出すと、家を早く出て行ってしまうと言う言い伝えから、重たいお餅を背負わし、歩けないようにしました。

またお餅を投げつけてわざと歩かせないようにする時期もあったそうです。

投げつけるのはわたしにはちょっと抵抗がありますが;;

 

地域によって一升餅を背負わせるところや、お餅を踏むところもあるそうです。

 

一升餅の背負い方

昔は風呂敷に包み、一升餅を背負わせていました。

しかし近年では、かわいいリュックに入れて背負わせることが多いです。
キャラクターや、名前入りのリュックを使用し、一歳の誕生日のイベントを終えた後でも使えるようなリュックです。
歩けるようになった子供が、自分のお気に入りのおもちゃや自分のオムツをリュックに入れ、背負って歩くところを想像するとなんだかニヤけてきますよね。

 

一升餅はどこで手に入れる?

 

一歳の誕生日が近づくと、一升餅を準備しなければなりません。一体どこで手に入れることができるのでしょうか。

 

調べてみると、お米屋さんや和菓子屋さんで手に入れることができます。

 

近くにお米屋さんや和菓子屋さんがあればそちらで注文することが可能です。

直接伺ってみても、お取り扱いがない場合もあるので、一度電話で問い合せてみましょう。

「一升餅をお願いしたいのですが。」と伝えると、すぐに対応してくださるはずです。

 

誕生日の当日に手に入れる事は少し難しいかもしれませんので、必ず誕生日よりも前に予約しましょう。

1ヶ月前に予約すれば余裕で間に合います。

 

一升餅のお取り扱いがあるか確認したついでに、誕生日パーティの何日前までに予約が必要か聞いておきましょう。

 

 

小さな赤ちゃんを連れて、一升餅を売っているお店を探すのが難しい場合はインターネットでの予約も可能です。

 

私は母がインターネットで注文してくれました。
インターネットでも様々な種類のお餅があります。

 

安心の国産のお米を使ったお持ちや、かわいいリュック付きや、プレゼント付などいろいろなお店があるので参考にしてみてください。

 

わたしが使用したインターネット通販の一升餅

 

美好屋の「お誕生餅」

出典:楽天

 

実はこのお店、母が味をとっても気に入り、何度もリピートしているお店なんです。

姉の長男、次男に始まり・・・わたしの長男、次男、弟の長男・・・

そしてまた姉の三男・・・

 

すでに6回もリピートしているお店なんです。

 

本当に本当にお餅が美味しい!!!

 

 

幸せのおすそ分けをしやすく、小分けになったお餅です。

一升餅は大きすぎで、切り分けるのが大変・・・という声から生まれたお餅です。

 

そして、一升餅には珍しいあんこが入ったお餅です。

 

小分けになっていてあんこ入りなので、背負う行事が終わるとすぐにみんなで召し上がることができます。

 

ここのお店は、とにかくお餅がすごく美味しいです!!

 

ただのお餅ではなく、あんこ入りのお餅なのでそのまま食べられます。

そしてこのあんこの甘さが絶妙なんです!!

 

甘いだけのあんこではなく、少し塩味がきいていてしょっぱいのですが、甘味の中の塩加減がちょうどいいんです

甘すぎるあんこがありますが、こちらのあんこは甘すぎずちょうどいいお味~!

 

そして届いてすぐ背負わせることができるかわいいリュックもついています。

ここには一升分のお餅が入っています。

まだつかまり立ちしかできない我が子は、重たいお餅を急に背負わされ泣いていました。

 

それでも大きな重たいリュックを背負い、つかまり立ちを頑張る赤ちゃんの姿には涙ものです。

1年間がんばって成長してくれてありがとうの感動以外ほかにありません。

 

こちらリュックは小さめで紐でしばる巾着タイプなので、今では保育園のコップ入れに使用しています。

 

人気の名前入れ一升餅

 

出典:楽天一場

 

大きな一升餅に名前を入れるタイプのものも人気です。

名前はお父さん、お母さんが一生懸命考えた宝物です。

そんな名前を1年の記念にお餅にいれてもらい、生まれた幸せを再確認することもいいですね。

 

最近では、丸型ではなく可愛らしいハート型も人気です。

女の子がピンクのハートのお餅と写真を撮るととてもかわいいですね。

 

お店によって、お米の生産場所がちがったり、特典がちがうので選ぶのも楽しみの一つになりそうです。

 

 

一升餅はどうやって食べる?

小分けの一升餅だと切り分けもせずおすそ分けは簡単にでき、その場でそのまま食べられるメリットがあります。

わたしの家計がリピートしている一升餅は、すぐにみんなに配ることができ本当に楽でした。

 

 

では、大きな一升餅はどのように分ければ良いのでしょうか。

 

 

1.大きなお餅をそのまま真っ二つに包丁でカットします。

(力がいるので男性にやってもらうのが良いかもしれません。)

2.カットした半分のお餅の、カット面を下にして、均等にスライスします。

 

大きなお餅をカットできたら、いろいろな料理につかって食べましょう。

 

簡単一生餅レシピ

レンジで簡単きなこ一升餅

手抜きで最も簡単な方法は・・・

 

レンジでチン!!することです。

 

100円ショップにも売っている、レンジでお餅がくっつかないトレーなどでレンチンするだけ!

100円ショップに行く暇がない人は、クッキングシートをひいてレンチンでもお餅はひっつきません。

 

クッキングシートもない人は、きなこをお皿にまんべんなく広げてからレンチンしてください。

きなことお餅がくっついて、お皿とお餅はくっつきません。

 

 

柔らかくなったお餅は、そのまま食べてもよし。きなこと食べてもよし。お醤油とノリで食べてもよし。

お雑煮にしたり、ぜんざいに入れることもできます。

 

お料理が手間でも、レンジでチンだけであれば誰でも簡単にできますね。

 

 

まとめ

わたしは、

 

・大きな一升餅に名前を書くとその名前を半分にカットしなければならないこと

・大きなお餅なのでカットするのが大変なこと

・大きなお餅はカットしないとおすそ分けができないので当日はわけられないこと

・味のついていないお餅を料理にするのが面倒なこと

 

から、やはり小分けのあんこ餅でよかったなと本当に思います。

なによりそのまま食べて本当においしい!!

 

みなさんも自分の好みに合わせた一升餅を購入してよいお誕生日を過ごしましょう。

 

おすすめの記事