七五三とは

七五三とは、一般的には子どもの成長と健康を祝い、3歳・5歳・7歳(縁起の良い数字とされている。)に

神社などへお参りに行く行事のことです。

 

お祝いの日程は、一般的には11月15日に行うことが有名ですが、絶対にこの日にやらなければいけないというきまりはないので

ご家族の予定や体調などによって日程をずらしても何ら問題はありません。

 

だいたいの人は、女の子は3歳と7歳に、男の子は5歳(地域によっては3歳と5歳と2回されるところもあります。)に

お参りをする方が多いです。

 

毎年11月15日前後は、ご祈祷を受け付ける神社や写真スタジオがとても込み合います。

11月15日のこの日にこだわる必要は全くなくて、10月~11月にかけての土日や吉日など

ご両親や祖父母・親せきの方々のご予定が合う日に執り行うとよいでしょう。

 

ちなみに我が家は、2人共、写真スタジオで撮っていただく写真代が安くなるように(笑)

9月下旬~10月上旬に行いました。

おかげさまで、写真スタジオが込むことがなく、ゆっくりとヘアメイク・着付け・撮影をしていただき

写真選びも急かされることなく、親子でゆっくりじっくり選べました。

 

この時期に予約すると、「前撮り割引」の率が半端なく良いのでオススメします( *´艸`)

 

 

数え年と満年齢のどちらで行うのが正しい?

6078010000147_A_20090414_180054_0055

七五三のお参りを、数え年と満年齢のどちらで執り行うのが正しいのか?迷う方も非常に多いと思います。

 

数え年と満年齢とでは、年齢の計算方法に違いがあります。

・数え年・・・誕生した年を「1歳」と計算して、元旦が来るとそこに1歳プラスする。

・満年齢・・・誕生した年を「0歳」と計算して、誕生日が来るとそこに1歳プラスする。

 

昔の日本では、数え年で年齢を計算しており、七五三のお祝いも数え年で執り行っていました。

しかし、現在では満年齢で計算するほうが一般的になってきつつあります。

 

では子どもが早生まれの場合は、数え年と満年齢とどちらに七五三を執り行うか?非常に迷いますよね。

 

うちも下の子が3月生まれの為、当時すごく悩みました。

3歳でお祝いの場合、数え年だと2歳代後半、満年齢だと3歳代後半にあたります。

どちらの年齢で執り行う方が、子どもの記憶に鮮明に残るのか?めちゃくちゃ悩みました。

 

めちゃくちゃ悩んだ結果、2歳代後半だとイヤイヤ期が絶好調だった為(苦笑)楽しく執り行えないんじゃないか?と考え、3歳代後半に執り行うことにしました。

結果、これが大正解!

 

下の子も「女の子」を意識する年代になっていた為、衣装選び・ヘアメイクを親子で一緒に楽しめました。

「女の子」を産んで良かった!と感じた瞬間です(*^-^*)

(上の男の子は衣装選びの時、「衣装どれがいい?」と聞いても「何でもいい~。」、「何色がいい?」と聞いても「ママが決めて~。」と話にならなかったので(^^;))

 

お子さん自身の性格や心身の成長度合いにもよりますので、数え年でも満年齢でもどちらで執り行ってもまったく差し支えありません。

昔は数え年で執り行う人が多かったのですが、近年では満年齢で執り行うご家庭も多く、これらも特にきまりはありません。

お子さんの状況やご家庭の都合などに合わせて、無理のない日程を組むとよいでしょう。

 

 

 

姪っ子や甥っ子にはお祝い金渡した方がいい?

家族(子ども・両親・祖父母)でお祝いする方が非常に多いと思いますが

ママパパの親族みんなでお祝いするケースも多々あると思います。

 

その場合は、姪っ子や甥っ子にお祝い金を渡した方がいいのか?とても気になりますよね。

 

姪っ子や甥っ子にあたる子ども達にお祝いを贈る場合は、具体的には一体いくらくらい包めばよいものなのか?とても迷いますよね。

自分の兄弟の姪っ子や甥っ子なら、あんまり気を使う必要はないのかもしれないのですが

配偶者側の姪っ子や甥っ子であれば、一体いくらくらい包めばよいものなのか?相場が気になりますよね。

 

余計なトラブルにならないためにも、一般的な相場はだいたいいくらくらいなのか?を事前に知っておくと助かりますよね。

 

 

 

姪っ子や甥っ子のお祝い金の相場はいくら?

・おじいちゃん・おばあちゃんからは1万円~3万円程度、お祝いするのが相場です。

・両親の兄弟(おじ・おば)からは、5,000円~10,000円程度、お祝いするのが相場です。

・両親の友人・知人・近所の人からは、1,000円~3,000円程度、お祝いするのが相場です。

 

お祝い金と一緒に、ちょっとしたプレゼントを贈る方も多くいらっしゃいます。

 

ですが近年では、「姪っ子や甥っ子には、七五三のお祝い金は包まない。」という方も非常に多いのも現状です。

ですので、相場の金額はあくまでも目安として考えるのがいいと思います。

 

親族同士でも、お互いに同じ年齢の子どもがいたりすると、お互いさまということで、お祝い金のやり取りをしないということもあります。

 

ですので、七五三のお祝い金の金額の相場は、贈る相手の家族との関係や住んでいる地域によっても全然変わってきますので

事前に、祖父母や親族と相談して金額の相場を決めるのが一番いいと思います。

 

 

 

お祝いを渡すときのマナーってあるの?

七五三のお祝いを渡すとき、ご祝儀袋の選び方はどうしたらいいのか?

そして、いつ渡すのがいいのか?をまとめました。

 

 

ご祝儀袋はどんなものがいい?

七五三のご祝儀袋の基本は『 のし付きの紅白蝶結び 』が大変多く使われています。

一般的には、金額に関係なく こちらを使われてることが多いです。

 

 

ご祝儀袋の表書きはどうする?

ご祝儀袋の表書き(水引の上)には、どの年齢にも使える「 七五三御祝 」と書く方が非常に多いです。

 

・全ての年齢には・・・「七五三御祝」「祝七五三」

・3歳・・・「御髪置御祝」「祝 御髪置」「賀御髪置」

・5歳・・・「御袴着御祝」「祝 御袴着」「賀御袴着」

・7歳・・・「御帯解御祝」「祝 御帯解」「賀御帯解」

このように書く場合もあります。

 

そして、水引の下には自分の名前を書きます。

書く時は、ボールペンやサインペンは使わずに、できるだけ筆ペンもしくは毛筆で書くようにしましょう。

  

 

 

お祝いを渡す時期はいつが一番いい?

七五三のお祝いは、できるだけ1週間前には渡すのがいいでしょう。

 

もともと七五三は、11月15日に神社に参拝するならわしがありますが、近年では11月15日にこだわらずに

家族・親族の都合がつく日を選ぶことが非常に多くなってきました。

 

ですので、お祝いを渡す時期はだいたい10月中旬~11月初旬を目安に考えるのがいいでしょう。

 

親族などが集まって食事会を開催する場合は、その時に持参して渡すのもいいでしょう。

 

 

 

お祝いの言葉を添えるのが普通?

七五三のお祝いを贈るときは、お祝いの言葉を添えると気持ちが伝わっていいですよね。

 

お祝いの言葉は、そのご両親に宛てて書く場合と、その当人の子どもに宛てて書く場合と分けた方が丁寧ですよね。

 

 

ご両親に宛てる場合の例文

例:「〇〇ちゃん(くん)、七五三おめでとうございます。◯◯ちゃん(くん)が誕生したのがつい昨日のことのように思いますが、もうすぐ◯◯ちゃん(くん)の〇歳のお祝いですね。

これからも◯◯ちゃん(くん)が、ますます健やかにご成長なさいますように、心からお祈り申し上げます。

 

ご両親に宛てる場合のメッセージには、お祝いの言葉にプラスして、これまでのご成長を喜ぶ言葉や、あれば子どもとの思い出やエピソード、

そして、これからのご成長を祈る言葉を書くといいでしょう。

 

 

子どもに宛てる場合の例文

例:「◯◯ちゃん(くん)、しちごさんおめでとう。にこにこえがおがとってもかわいい◯◯ちゃん(くん)。これからもげんきにおおきくなれますように、こころからおいのりもうしあげます。」

 

子どもに宛てる場合のメッセージには、その子どもにもわかりやすいようにシンプルで簡潔なメッセージを送るといいですね。

お祝いの言葉にプラスして、その子を褒める言葉、そしてこれからのご成長を祈る言葉を書くといいでしょう。

子どもが自分で読めるように、お祝いの言葉もひらがなで書くと喜ばれるかもしれませんね。

 

 

注意点!

そして、当たり前ですが、印刷されたものではなく手書きの方が気持ちがこもっていいですよね。

 

注意をしないといけない点は、当たり前ですが子どもさんの名前を絶対に間違わないということを十分に気をつけてください。

まんがいち、名前を書き間違えてしまったら、それだけでせっかくのお祝いが台なしになってしまうということをお忘れなく。

 

一言 言葉を添えるだけであたたかいメッセージとなって、お祝いの気持ちを最大限に届けることができるので

自分なりの言葉で「七五三おめでとう!」の気持ちを伝えてみてくださいね。

 

 

 

まとめ

七五三のお祝いを贈るとき、ご祝儀袋の選び方やお祝いに贈る金額はいくらがよいのか?悩みますよね。

 

七五三のお祝いをする時期は、各ご家庭によって違うこともあるようなので、事前にいつお祝いを贈れば一番いいのか?を確認しておくとよいかもしれません。

七五三をご兄弟が一緒に迎えるときは、一人ずつに分けてお祝いを渡すようにした方がいいかもしれませんね。

そしてその時も、お祝いの言葉も一人ずつに分けてお渡しする方がいいかもしれませんね。

 

お祝いのマナーやお祝い金の相場って難しいな~。と考えがちですが、結婚式のご祝儀から始まって
そして、出産祝い、お宮参り、お食い初め、七五三、十三参り、成人式

なかには、入園式、卒園式、入学式、卒業式、就職祝い・・・・・・などなど、お祝いごとはずっと続きます。

 

お祝い金はいくらがいいか?を相手に聞くわけにもいかないので、とても悩んでしまいがちですよね。

しかし、いちばん大切なのはお祝いをする気持ちです。

だいたいの相場をふまえて、お祝い金やプレゼントを決めた後は、できるかぎり手書きのメッセージを添えると気持ちが伝わりやすいですよね。

 

あくまでも、主役は子ども!

子どもの記憶に残るステキな日になるといいですね。

おすすめの記事