皆さん、「こどもの日」と聞くとまず何を思い浮かべますか?

 

私は、「屋根よりた~か~い、こいの~ぼ~り~♪」と鼻歌を歌いながら

一番にこいのぼりを思い浮かべ、そして次に食いしん坊なので( *´艸`)

かしわもち~ちまき~ちらし寿司~こいのぼりケーキ~っと、今日はごちそうだ!と嬉しくなります♪

 

とまぁ、冒頭からいきなり答えを出しちゃったかも?しれませんが( *´艸`)

ここでは、「こどもの日」にちなんだお話をまとめてみました。

 

こどもの日は一体どんなことをするの? どんなものを食べるの?

端午の節句(たんごのせっく)ってなんだろう?こいのぼりにはどんな意味があるのかな?

などなど、気になる「こどもの日」情報をわかりやすくご紹介していきますね。

 

 

こどもの日とは

こどもの日は5月5日で、この日は「端午の節句(たんごのせっく)」とも言われています。

日本における国民の祝日のひとつになります。

 

一般的には、男の子のお祝いの日として知られていますが

「子どもたちみんなが元気に育ち、子どもの健康や成長や幸せを願いお祝いする日」なんです。

 

それと同時に、こどもの日にはお母さんにも感謝をする日でもあるので

家族みんなでお母さんに日頃の感謝の気持ちを伝えるといいかもしれませんね。

 

 

端午の節句はいつから始まったの?

一説では、3世紀ごろの中国ではじまったと言われています。

その頃の中国では、健康を祈るという日に設定されていました。

後にこれが日本に伝わり、もともと日本にあった習慣と合体しました。

 

鎌倉時代になると、病気や災いをさけるための行事で、5月5日は成長をいのる日になったとされています。

その行事のために使っていた、菖蒲(しょうぶ)が武士の言葉であったり、菖蒲(しょうぶ)の葉が刀のようにとがって勇ましい道具ということから

武士たちに大変喜ばれて、そしてだんだんと男の子の行事になっていったそうです。

 

昔、菖蒲(しょうぶ)やよもぎの葉は薬に使われことが多く、悪霊はらいをする力があると信じられていました。

そこで、菖蒲(しょうぶ)やよもぎの葉を玄関や入口につるしたり、お風呂に浮かべたりしたそうです。

 

その他に、1948年に5月5日を「こどもの人格を重んじて、こどもの幸福をはかるとともに、お母さんに感謝する!」

お休みの日と決定してから、「端午の節句」と呼んでいたのを変更して「こどもの日」と呼ぶようになったとも言われています。

そのため、本来は男の子のためだけのお祝いだったのが、今では子どもたちみんなをお祝いする形に変わってきました。

 

 

こいのぼりを飾るのはどうして?

「鯉」というお魚はとても強くて、流れがとても速くて荒い川でも元気に泳ぎ

急流である滝をものぼって龍(りゅう)に変わるという、中国の古い言い伝えがあります。

 

そんな、強くてたくましい鯉のように、こどもたちも健康で元気に大きく成長することをお願いする意味

こいのぼりには込められています。

あと、こいのぼりの一番上に飾ってある五色の吹流しは、こどもが健康で健やかなる成長を願って

悪いものを追い払う意味が込められているそうです。

 

こいのぼりの一般的な形は

一番上の大きい鯉は・・・真鯉(まごい)といって黒い鯉・・・お父さん
二番目に大きい鯉は・・・緋鯉(ひごい)といって赤い鯉・・・お母さん
三番目の一番小さい鯉は・・・子鯉(こごい)といって青い鯉・・・こども

そして、一番上には五色の吹流しをつけて飾ります。

 

 

 

その他に・・・

かぶと(五月人形)を飾る

昔かぶとは、身体を外部から守るために使用されていました。

ですので、こどもの身体を外部から守り元気に健康で健やかに育つように

という意味が込められているとも言われています。

 

 

菖蒲湯(しょうぶゆ)に入る

昔々、端午の節句(こどもの日)には菖蒲の葉を入れたお湯につかると身体に大変良いと考えられていました。

菖蒲の葉はとても香りが強いため、病気や悪霊を追いはらってくれるという意味合いからです。

それがずっと言い伝えられているのです。

 

 

 

こどもの日の食べ物 オススメ☆ランキング

食べ物は実際口にして身体に入っていくので、その栄養がこどもの健康や成長に直結しています。

今も昔も、親が「こどもの健康や成長を願う気持ち」には何ら変わりはありません。

ですので、普段から健康面・栄養面には十分に気を付けてあげたいものですよね。

 

こどもの日は、1年に1回の特別の日。

栄養面も気にしつつ、美味しいお料理を家族みんなでワイワイにぎやかに食べたいですよね。

 

それでは、こどもの日に食べたいオススメ☆メニューをランキング形式でご紹介していきます♪

 

 

 

1位 これは絶対にハズせない!こどもの日の定番と言えば→「柏餅(かしわもち)」と「粽(ちまき)」

こどもの日の食べ物と言えば、やはり「柏餅(かしわもち)」と「粽(ちまき)」ですよね。

 

なんと、地域によってどちらを食べるか?が異なるそうです。

かしわもちは全国的に良く食べられていますが、ちまきは西日本特有で食べられているそうです。

 

ちまきは中国から伝わってきた食べ物で、その頃の日本の都が京都だったということもあり

1番始めにその影響を受けたのが関西地方でした。

西日本は中国に近い場所にあるという影響で、今でもその風習が残っているのでは?とも言われています。

 

その一方で、関東地方ではあまりちまきが浸透しなかったので、日本独自の風習として受け継がれた

かしわもちを食べるということが多いようです。

住んでいる地方によってどちらを食べるのか?決まっているところもあるのですが

絶対にこれを食べなければいけないという決まりはありませんので、子どもの日にはどちらを食べても何ら問題はありません。

 

 

 

【かしわもちを食べる理由】①かしわの葉には「子孫繁栄」の意味があるため。

かしわの葉は、新しい葉が育つまでは古い葉が落ちないということから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」

家族がふえて、みんな健康で元気でいられるようにという縁起をかついだものとされていました。

 

このことから、こどもが生まれるまで親は死なない。という考えに直結して

かしわの葉には子孫繁栄」「家系が途切れない」などといった意味とされています。

 

これらのことは、こどもが生まれないと家の存続が危うくなる武家屋敷にとっては、とても縁起が良い物とされてきました。

そういうこともあって、武家屋敷ではかしわの木をとても大切に育てていたと言われています。

 

古い葉から新しい葉へと、途切れることなく入れ替わっていくことから

「葉(覇)を譲る」家運隆盛を象徴する木として、5月5日の端午の節句のかしわもちに使われるようになったと言われています。

 

 

 

【かしわもちを食べる理由】かしわの葉は神様にお供えする時の器として使われていたため。

昔からかしわの葉は、神様にお供えをするときの器として使われてきました。

 

なぜかしわの葉を使っていたのか?と言うと、かしわの木には葉守りの神(はもりのかみ)」

という、その木を守る神様が宿るといわれていたからです。

 

かしわの木の大きな葉も、冬になるとすっかりと枯れてしまいます。

しかし、かしわの木の枯れ葉は不思議なことに、他の木の枯れ葉のように枯れたとしても木から離れようとはせずに

翌年の春に新葉がそろうまで古い葉が枝についたまま残ります。

 

そのことから、「葉守りの神(はもりのかみ)」が宿るとても縁起の良い木とされていました。

ということで、かしわの葉には葉守りの神が宿るので、それを使った食べ物を食べることで

人間にもご利益があると考えられていたと言われています。

 

 

 

【ちまきを食べる理由】

ちまきには、邪気をはらう力」があると言われています。

その他にも、危険から身を守るという意味があります。

 

邪気はらいをする際に、河に棲んでいたとされる竜に食べられてしまわないように竜がキライな笹や竹の葉でもち米を包んで

それを、邪気をはらうと言われている5色(赤・青・黄・黒・白)の糸で縛って奉納されていました

こいのぼりの吹流しも、この5色の糸の色からきているんですよ。

 

ちまきの主原料はもち米で、餅菓子のひとつとして親しまれています。

周りを笹や竹の葉などで巻いて、い草でぐるぐるに縛って三角形の形をしています。

 

ちまきは、中国で2.000年以上前に生まれた歴史のある食べ物です。

昔は砂糖や蜜などにつけて食べる甘いちまきが主流でしたが、現在では海老やたけのこやきくらげなどのお惣菜的な具材を混ぜ込んだ中華ちまきも人気です。

こちらは、特に台湾や東南アジアなどでよく食べられています。

その他に、ウインナーやチーズなどを混ぜ込んだ洋風ちまきなどの変わり種もあります。

 

 

2位 家族みんなで楽しく手作りができる!→「ケーキ」と「ちらし寿司」

 

手作りもよし!普段食べられないこだわりの逸品のケーキのお取り寄せもよし!

家族みんなで、ワイワイ楽しみながら手作りケーキを作るのも楽しいですよね。

こいのぼりの形に型とったスポンジに、好きなフルーツを並べおもいおもいにチョコペンなどで描くのも楽しいですし

普段食べられないこだわりの逸品をお取り寄せして、ちょっぴり贅沢に特別感を味わうのもいいですよね。

 

最近では、スーパーやコンビニやケーキ屋さんでも、「こどもの日」にちなんだケーキをたくさん用意しているところがあるので

そちらも、ぜひチェックしてみてください。

 

アレルギー対応のケーキも置いてあるところもあるので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

こどもと一緒に手作りを楽しもう♪みんな大好きちらし寿司!

1年に1度の特別の日!

こどもの日にちなんだ、こいのぼりの形をしたちらし寿司を

こどもと一緒に手作りしてみるのも楽しいですよね♪

 

具材をある程度揃えたら、子どもと一緒に飾りつけをするなどすれば

小さい子どもさんでも一緒に手作りが楽しめ、とてもオススメです。

 

手作りが難しい方は、スーパーやコンビニやお寿司屋さんでも

ちらし寿司が販売されていますのでご活用くださいね。

 

 

< 補足 > 初節句の食事って?

男の子が生まれると、兜を購入し初節句のお祝いをしたい!って思いますよね。

うちも、第一子が男の子でしたので盛大にお祝いをしました。

 

と言っても、初節句の食事に特に決まりなどはないんです。

ですので、縁起が良いとされている食べ物や見た目にも華やかなメニュー(今で言うインスタ映えメニュー)が人気のようです。

 

では、縁起が良くてこどもの日に食べると良いと言われている食べ物はどんなメニューか?

こちらをまとめましたのでご紹介します。

 

 

 良く作られている縁起が良いメニューと華やかなメニュー(今で言うインスタ映えメニュー)

・ちらし寿司

・カップ寿司

・にぎり寿司(手毬寿司)

・赤飯(赤い小豆が邪気をはらうと言われています。)

・鯛(めでたい)の御頭付き

などなど。

 

日本古来の言い伝えとして、赤い色には邪気などをはらう力があるとよく言われています。

ですので、赤飯(赤い小豆を使ったもの)はお祝い事の定番のメニューになっていますよね。

 

その他にも、赤い色をした真鯛がよくお祝い事などのメニューに使われています。
「おめで鯛」と言われるように縁起物のメニューとしてお祝いことにはかかせないですよね。

 

 

縁起が良いとされる食材

カツオ(勝男)・・・強い男の子になれますようにという意味が込められています。

 

・スズキ・・・成長するごとに名前が変わる出世魚というところから

(関東版:セイゴ(20cm)→フッコ(40cm)→スズキ( 60cm)→オオタロウ(1m以上))

※地方によって呼び名が変わります。


・ブリ・・・成長するごとに名前が変わる出世魚というところから

(関東版:ワカシ(15~20cmのもの)→イナダ(40cm前後)→ワラサ(60cm前後)→ブリ( 90cm以上) )

※地方によって呼び名が変わります。

 

出世魚のように「子どもが健康で元気に成長して出世できますように」いう意味が込められています。

 

・タケノコ・・・まっすぐ伸びる(成長しますように。)

・エビ・・・赤の色が魔除けになる。

 

などがあります。

 

これら以外にも、地域によっても風習や特色がありますので

それらと併せて作ったり買ったりして、それプラス汁物をつけるとより初節句をお祝いするのに盛大なお膳ができあがりますよね。

 

 

まとめ

いろいろとご紹介してきましたが、一番大切なのは昔から変わらずの親の願い

『こどもの健やかなる成長を願う気持ち』です。

こちらの意味が込められているので、こどもの日には縁起の良い食べ物を食べて

こどもたちの健康と健やかなる成長を祈り、家族みんなでお祝いができるといいですよね。

 

おすすめの記事