こんにちは!

先日娘が一歳を迎えました!

早いようで、毎日いろんなことが起こって本当に思い出深い1年となりました・・これからも、どんどん娘との思い出が増えていくと思うと、楽しみで仕方ありません〜〜!ああかわいい。

ですが。。先輩ママさんたちと話しているとよく話題に上がる「イヤイヤ期」。

「本当にこっちがイライラしちゃう」「つい怒鳴ってしまいそうになる」と相当苦労されている様子・・

そんなにつらいのか・・いまはまだこちらの言うことを聞いてくれるけど、成長のひとつとはいえ、どう子供と付き合っていけばいいのでしょうか。いつからはじまるんだろう。いろいろ調べてみました!!

イヤイヤ期とはなんだろう。

そもそもイヤイヤ期とは。

これまで赤ちゃんは、ご飯も遊びも睡眠も、ある程度大人が誘導することにより、行われてきました。要は受け身だったわけです。

それが2〜3歳ごろかたは自我が芽生え始め、「いや」「やりたくない」という感情が生まれるんですね。いわゆるイヤイヤ期、「第一次成長期」といわれるものです。

それを、泣いたり、暴れたりという行動で示します。そしてそれを大人が受け入れると、「泣いたら思い通りになるんだ」と学び、次からもそういった行動を繰り返すわけです。

なるほど、それだけ聞くと成長過程なのね〜とほっこりするのですが、向き合わないといけないパパさんママさんはたまったものではありません。

さらに、本当はいやではないのに、おもしろがって「イヤ」といったり、大人がやることになんでもかんでも拒否したり。これは大変です。

先輩ママさんたちはどうやって対応しているの?!いやという子にやってもらうにはどうしたらいいの!?

こちらの記事もぜひ参考にしてみてください

本当に「イヤ」ではない?

さきほど少しお伝えしましたが、本当にイヤなわけではないことも多いそう。たとえば

「本当は自分でやりたいのにママがやっちゃった!」

「いつもおなじリズムがいいのに今日はなんでちがうの?!」

「それじゃなくてあっちがいいのに!!」

「自分で選びたいよ!!」

「なんでうまくできないの〜!」

「パパママにかまってほしいよ〜!」

などなど、自分ではまだ言葉や態度で表現できないことをぜんぶ「イヤ」で表現しているのかもしれません。

朝出かける時など、急いでいるときはとくに大人のペースに合わせたくなってしまいますが、そこで言う事をそのままきいてしまうと「イヤって言ったら思い通りになるんだ!」と、余計にひどくなってしまう可能性も・・!それだけは避けたいですよね。

それでは、イヤイヤ期がいつから始まるのか、年齢別対応方法を見ていきましょう。

早い子は1歳から!?年齢別対応法

そんな難しいイヤイヤ期。いつごろから始まる子がおおいのでしょうか。

平均的には2歳ごろが多いようですが、早い子は1歳から始まる子も!!

一般的に1歳半ごろから言葉が少しずつ話せるようになったり、自己主張ができるようになったり、感情面が大きく成長します。そのころからイヤイヤ期が始まる子もいるんですね。

私も、娘がすこし上のお子さんに遊んでもらおうとしたとき、近づくとイヤイヤされたり、おもちゃを取られたりしたことがありました。数ヶ月の差ですが、自己主張が激しくなっているんだなと実感しました。

1歳児のイヤイヤ期対処法

それではイヤイヤ期初期の1歳のお子さんへの対処法。

まず、気持ちを代弁してあげること。

たとえば食事をいやがったときなど

「そっか、このおかずはいやなのね」

など気持ちを言葉に出しつつ、「じゃあこっちはどうかな?」といいながら別のおかずを食べさせてみましょう。そのうち、「イヤ」といっていたおかずも本当にイヤなわけではないかもしれないので、食べてくれる場合もあります。

また、気の済むまでやらせてみるというのもひとつの方法です。このころのお子さんは始めて「やりたい」などの感情をもつことも多いので、ものを投げるなどした場合、「すごいね〜できたね!でも次はボールを投げてみようか!」など褒めつつ誘導してやらせてみてもいいかもしれません。

子供は自分の意見を肯定されると大人と同じく気分の良いものです。

それまでお子さんに反抗されることがあまりなかったママにとっては最初はびっくりするかもしれませんが、叱ったり無理にやろうとせず、落ち着いて言葉に出して受け入れてあげましょう。

2歳児のイヤイヤ期対処法

イヤイヤ期の多くは2歳ごろに始まると言われています。

このころは自分のこだわりが出てくる時期なので、大人が無理にやらせようとすると反抗することがあります。

たとえば、自分なりの順序でやりたい、おなじ服が着たい、思い通りにやりたいのにできない、など。

この時期はとにかく共感してあげましょう。「こっちがいいのね」「これはいやなのね」「自分でやってみようか」など、子供の気持ちを言葉に出してみましょう。そうすると、自分の言いたいことをわかってくれる、と落ち着くお子さんもいます。

その上で、自分でさせる、選ばせる、期限を決めるなどの提案をして、子供の納得のいく着地点へ誘導してあげるといいですね。

3歳児のイヤイヤ期対処法

3歳にもなると、イヤイヤ期というよりも自分でやりたいのにできなくてイライラしたり、公園などでまだ帰りたくないと言ったり、自分がしたいことへの執着とも言えるかもしれません。

そうなると、無理にいう事をきかせようとすると逆効果。子供自身に考えさせる、というクセをつけてみてはいかがでしょうか。

たとえば、「どうやったら上手に服が着替えられるかな?」「あと何回滑り台で遊んだら帰る?」など、自分で考えて答えを決めさせてあげましょう。そうすると、子供にも責任感が芽生え、自分で決めることができたなどの自信にもつながります。

このころはすでに保育園や幼稚園などで他のお子さんや大人と関わることも増えていると思いますので、あまりそろそろ赤ちゃん扱いはやめて、ちょっとした責任感をもたせてあげると、子供もちょっぴり大人の仲間入りができたようで誇らしい気持ちになるのではないでしょうか。

パパママのイライラ対処法

とはいえ、文章で書くのは簡単なもの。実際に毎日24時間体制で子供と向き合っているパパママの苦労は想像に難くありません・・

パパママももちろん人間、わかってくれないお子さんに対してイライラもするし悲しくなるし疲れますよね。

感情にまかせて叱ってしまうこともあると思いますが、あまりご自身を責めすぎないでください。

すこし子供と距離を置いて冷静になったあと、笑顔でまた接してあげてくださいね。

こちらの記事も参考に、しっかり息抜きをしてまた明日からがんばりましょうね!!

まとめ・イヤイヤ期はいつかは終わります!いまだけと割り切って!

一般論や一部のお子さんのケースをお伝えしましたが、当然ですがすべてのお子さんに当てはまるわけではありません。自分の子は違う・・人よりおとなしい・ひどいなどと比べずに、うちの場合はこんな感じか〜〜と、どんと構えていられるといいですよね。

先が見えない子育てに疲れても、イヤイヤ期に限ってはいつかは終わるもの、と言い聞かせて、家族みんなで乗り越えられるといいですね!

 

おすすめの記事