ハーフバースデーとは、赤ちゃんが生まれてから6ヶ月目をお祝いすることです。

大切な我が子の成長の節目となるハーフバースデーは、フォト撮影のタイミングとしてバッチリ思い出に残される方が増えてきています。

 

ここまで無事に成長してきたお祝いに、とびきりかわいいデコレーションで壁や記念写真の背景で赤ちゃんを祝ってあげてはいかがでしょうか?

でも、何を使ってどんな風に飾り付ければいいか、最初は迷ってしまうかもしれません。

最近はダイソーやセリアなど、100円均一でも十分可愛い飾りアイテムが手に入るので、お手頃、簡単、可愛いを実現できると思います。

 

そこで今回はダイソーアイテムを中心に飾りに使えそうな商品を紹介しようと思います!

 

他の100均記事はこちら~!
【おうちで簡単!】100均アイテムでハーフバースデーの写真を撮ろう

マスキングテープを使った飾りつけ

まずは壁の飾りつけを行いましょう。

家のほとんどは、真っ白の壁が多いですね。

そこで、真っ白の壁にアートを施してみましょう。

最近流行りのマスキングテープで壁を可愛くデコレーションしてはどうでしょうか。

 

今や100円とは思えないクオリティのマスキングテープが沢山あります。

種類も豊富で、選ぶところから楽しくなりそうですね!

 

壁にハーフバースデーと描いてみたり。

名前を描いてみたり。

お好みのアレンジができるのも魅力的です。

 

ガーランドを使った飾りつけ

出典:ダイソーホームページ

 

続いてはガーランドです。

これも、壁の飾りつけには定番ですね。

 

最近は100円でも種類が豊富で、可愛いのもたくさんあるからオススメです!

 

もし、お店になければ好みの折り紙や画用紙を買って、自作するのもいいかもしれないですね!

ダイソーで売っているガーランドだと、やはり知っている人は、これはダイソーのやつだな・・・と思ってしまいます。

人と同じのは嫌だ!!という方は、手作りすることをオススメします。

 

  • 折り紙
  • 画用紙
  • 毛糸
  • 麻紐
  • プラ板

など、全てダイソーで揃うもので制作が可能です。

わたしは、100円のペーパーコースたーを使って、手作りしたことがありますよ!!

 

ただ、赤ちゃんメインで写真を撮る場合はあまり大きなガーランドだとメインの赤ちゃんが小さく映りすぎる可能性もあるので注意が必要です!

家族みんなでも撮影される場合は、大きめガーランドと小さめガーランドを用意しておくのもいいかもしれないですね!

風船を使った飾りつけ

続いては、風船です。

こんなに可愛い風船が最近はダイソーでも手に入るんですよ!

ダイソーの風船といえば、カラーは豊富だけれども普通の風船だけだと思っていませんでしたか!?

 

こんなに可愛い風船があるのならば、バルーンをたくさん膨らませて壁に張り付けるだけでも可愛らしい飾りになりますね。

紐を付けて天井からぶら下げてもこれまた可愛い飾りつけになります。

 

テーマカラーを決めてからバルーンの色を決めると、統一感が出てよりオシャレに飾り付けすることが可能になります。

 

 

せっかくのハーフバースデーは特別な日として、バルーンアートに挑戦してみても楽しいかもしれないですよ。

とっても簡単な方法があります。

それは・・・水風船一個と普通の風船4個を組み合わせればお花の出来上がりです!

 

出来上がった風船に丸い小さなシールを貼ればまた一味変わった可愛いお花に変身です!

ウォールステッカーを使った飾りつけ

続いてはとっても簡単!!だれでも絶対簡単にできちゃう!!

ウォールステッカータイプの飾りつけの紹介です。

 

ウォールステッカーも最近では種類が豊富です。

賃貸でも壁紙を傷つける心配がなく、好きなように使えるのも良い点ですね。

 

子供向けのかわいいイラストなども豊富なため、ハッピーバースデーの文字だけにこだわらず、自分好みのウォールステッカーをえらんでデコレーションするのもオススメです!

可愛いものをなんでも壁に貼ってみる飾り方

続いては、あえて壁に貼ってみる!

可愛いものやお気に入りのものを見つけたら、マスキングテープを用いて壁に貼ってみてはどうでしょうか。

立体的なものだと、撮影方法によっては影ができ、すてきな写真になります。

 

こちらはお皿です。

星型もハート型もあります。可愛すぎますね!

お皿のように平らだと写真映りもいいし、使いやすいですね。

思い出に残るハーフバースデーの撮影のポイント

ハーフバースデーは、1歳や2歳の誕生日とは違って撮影時には記憶にあっても月齢を重ねるといつ撮ったか忘れてしまいやすいと思います…

 

そこで、ポイントとしては、

飾りに日付けを入れる

もしくは、

あえてその季節の飾りつけにする

という感じです。

 

 

例えば…

春がハーフバースデーなら、春の飾りつけにしてしまいましょう。

 

https://www.instagram.com/p/Bt4Z3K_BAim/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=10bj3ln7ifsgp

桜をメインにした飾りつけにしてしまう。

テーマ色はピンクややさしい緑です。

お花がたくさん咲いている春は、優しい雰囲気のパステルカラーがテーマ色となりそうですね。

 

夏にハーフバースデーを迎えるのであれば…

https://www.instagram.com/p/BXhAc7ylEDl/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1pzkw5kwcf5ee

https://www.instagram.com/p/BVN7_QMlKUx/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=bcqziofyjvvu

夏の飾りつけにしてしまいましょう!

海や、太陽など、とても元気なイメージで飾りつけができます。

原色にちかいポップなカラーがテーマ色になりますね。

 

秋にはハーフバースデーを迎えるのであれば…

https://www.instagram.com/p/BYmUPIdhlWh/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=ai9gmsfchymx

落ち葉モチーフやハロウィンモチーフにしてはいかがでしょうか。

オレンジや落ち着いた暖色がテーマカラーになりそうです。

 

 

冬にはハーフバースデーを迎えるのであれば・・・

https://www.instagram.com/p/BbqYBSalGMz/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=osy4dr1gdjjy

クリスマスモチーフやお正月モチーフにしてみたり…

雪を連想させるホワイトがテーマカラーにしても良いです。

 

 

あえてハーフバースデーです!といった定番の飾りつけではなく、季節感あふれる飾りつけにしてみるのもいいんじゃないかと思います!

 

手作り飾りでおウチ写真館!簡単かわいいハーフバースデーフォト撮影

 

ダイソー商品を使った実用例

わたしが実際に行った飾りつけを例として紹介させていただきます。

 

 

まさしく、ウォールステッカーを壁に貼っただけの飾りつけです。

はじめての育児で、本当に大変でした。ずっと家にいるはずなのに、飾りつけをする余裕さえもなかったのがこの写真から忘れられません。

それでも、子供の成長を写真に収めたいと思い、最大限がんばった飾りつけです。

ガーランドだけは自分で手作りしました。

 

子供に焦点をあてて写真撮影するので、正直背景の飾り付はぼやけて映るため、なんでも良い・・・と思いながら作成しました。

10/4の「/」は本物のロウソクです。

家にあるものでも、飾り付はなんでもできるので試してみてください。

 

 

こちらは、先ほど紹介した、ペーパーコースターを使用した手作りガーランドです。

カットしなくてもレース模様が可愛く、コースターなのでしっかりしているのが特徴です。

そこに色鉛筆でHAPPYBIRTHDAYの文字を書いただけのすごく簡単な手作りガーランドです。

 

何でもよいので、紐を用意し、コースターを張り付ければ出来上がりです。

わたしは、100均のレース用糸を使用しました。

全て100円のもので作れます!

 

こちらの飾りつけも、ダイソーのウォールステッカーを使用しています。

HAPPYBIRTHDAYに関しては、流用です。。

ウォールステッカーは何度も張ってはがせるのも魅力的ですね。

 

白いボンボンは、ダイソーのお花をつくるペーパーを10枚以上重ねて丸くなるように形を整えていくだけです。

青いボンボンは、ダイソーの風船に、ダイソーの毛糸をくるくる巻いていきボンドを塗って乾燥させたものです。

それらを天井から糸でつるしました。

 

こちらは、茶色の太めのマスキングテープで壁に木や枝を作成します。

そこにダイソーのさくら型のメモ帳をはりつけ、ダイソーの水風船を壁に貼り付けたものです。

 

子供と一緒にお雛様やお内裏様を作成しました。

壁に飾り付ける方法であれば、きょうだいのお兄ちゃんやお姉ちゃんも一緒にお手伝いしてくれますね。

 

季節感あふれる飾りつけにすると、生まれた季節と逆の飾り付になるのでとても面白いですね。

まとめ

生まれたばかりの赤ちゃんが6ヶ月も元気に生きていることはとっても素晴らしいことですね。

赤ちゃんのお世話がまだまだ忙しい時期、はじめての子育てで疲れきっているお母さんも多いと思います。

近くにおじいちゃんおばあちゃんなど、助けてくれる人がいればよいのですが、ひとりで子育てしておられる方も沢山います。

わたしもそうだったので、飾りつけは手抜きになってしまいました。

それでも、記念にしっかり写真にのこしてあげたいですね!

飾りつけの参考になれば良いな・・と思います!

おすすめの記事