生まれてすぐの赤ちゃんにはまだ必要ないかな~と思って着けていなかったスタイ。

でも実はあったらすごく便利だったんです!

生まれてすぐの新生児はよだれは出ないかわりに、「吐き戻し」がすごい!
げっぷをさせてるのに、すぐにミルクを吐き戻して毎回、服がべちょべちょに…。

 

今回は、新生児の吐き戻しに効果的なスタイの選び方と注意点をご紹介します。

スタイってなに?

そもそもスタイってなに?って方もいると思うので、スタイについてご紹介しますね。
スタイは元々「よだれかけ」と呼ばれていたもので、赤ちゃんの首周りの汚れをカバーしてくれる商品です。

赤ちゃんは「よだれ」「吐き戻し」「食べこぼし」といった具合に、様々な方法で服を汚します。笑

スタイは服を汚さず、なおかつ最近はおしゃれなスタイもたくさん出ているので洋服に合わせてコーディネイトも出来ますよ。

 

新生児にスタイは必要?

赤ちゃんの吐き戻しは生まれてすぐから生後3ヶ月ころまで続きます。
新生児に吐き戻しをしない子は必ずしも必要ではないですが、
吐き戻しを定期的にする子はあったほうが絶対便利です!

 

授乳後のげっぷをさせると吐き戻しにくくなるとはいいますが、
赤ちゃんの胃はとっくり型になっているのでどうしても戻ってきやすくなっています。
そのため、げっぷをさせても吐き戻してしまうことが多いのです。

 

吐き戻し対策に必要なのは、吐き戻させないようにすることより「いかに吐き戻しの被害を最小限に済ますか」です!

赤ちゃんの近くにすぐ拭けるようにガーゼを置いていてもいいですが、
どうしても後手に回っていまうので服はかなりべちょべちょに…。

襟部分にガーゼを折り曲げてスタイ風にする方法もとったりしましたが、ガーゼはそんなに厚みがないので浸透してきてやはり服はべちょべちょに…。

スタイなら浸透する心配もないですし、赤ちゃんの顔や首もさっとスタイで拭けるのでとっても便利でした。

新生児期のスタイ選びで重要なポイント

新生児のスタイ選びで重要なのは2点です。

  1. スタイの素材
  2. スタイの形

スタイの素材

産まれてすぐの赤ちゃんのお肌はとっても繊細。少しの刺激にも敏感に反応してしまいます。

スタイの生地は肌触りのいいガーゼやタオル生地・コットン素材を選びましょう。

なるべく少し厚めの生地のほうが浸透してこないので使いやすいと思います。

スタイの形

三角形のスタイのように前だけをカバーするようなデザインだと、寝ているときに首周りにでろーーーっと流れてくるので大変なことになります。

前も後ろもカバーするような丸いデザインや首周りもしっかりカバーするデザインのほうがいいですよ。

留め具は「スナップボタン」「マジックテープタイプ」の2種類がスタイには多いです。

 

スナップボタンだと首が痛くなってしまうこともあるので、マジックテープタイプのほうがおすすめです。
購入するときに、首に当たらないか確認してあげてください。

丸い形のスタイなら前後逆にしてもヘンではないので、ボタンを前にしてもいいかもです。

新生児のスタイで心配な点

吐き戻しにはとっても効果的なスタイですが、心配ごとがないとは言い切れません。

赤ちゃんにスタイを着けるときに心配なのはずばり「スタイが顔にかかって窒息しないか」「スタイで首が締まらないか」

産まれてすぐの赤ちゃんは自分で手も満足に動かせないので、スタイが顔にかかってしまっても「よっこいしょ」と自分でのけることは出来ません。

日中はママの目が届く範囲に置いておけるので安心ですが、寝ている間は見ていられないので難しいですよね。
ですので、新生児のスタイ着用は3つのポイントをおさえておいてください。

スタイ着用は授乳後1時間

赤ちゃんの吐き戻しは授乳後1時間以内がほとんど。
スタイを着けるなら授乳してから1時間だけにしておいて、
その間は少し大変ですが赤ちゃんからなるべく目を離さないようにママの近くにいさせるようにしておくと安心です。

 

ただ、そんな監視するように見張ってなくてもいいですよ。
産まれてすぐの赤ちゃんは寝返りもまだなので、
そこまで激しく動く心配もありませんし、たまにちらっと見るくらいでいいと思います。

お母さんも大変な時期なので神経質になりすぎないようにしてくださいね。

夜間のスタイ着用はなるべく避ける

夜間はさすがにママも眠たいです。夜間に1時間も見てられない。

あまり動かない赤ちゃんならスタイ着用してもOKですが、少し怖いかな…という場合は、夜間は赤ちゃんの下にバスタオルを敷いて吐き戻し防止対策をとってください。

更に赤ちゃんとママの着替えも頭元に置いておくと、眠たい目をこすりながら動かなくて済むのでいいと思います。笑

うちの子は夜間はあまり動かなかったのでスタイ着用してもズレなかったし、夜間も日中もずっと着けていました。

 

まとめ

  • 新生児のスタイはガーゼ・タオル生地・コットン生地を選ぶ
  • 丸い形や厚めの生地のスタイのほうが吐き戻しが浸透しないので安心
  • 顔にかかって窒息が心配な場合は、スタイ着用は授乳後1時間が安心
  • 留め具はスナップボタンよりマジックテープタイプのほうがオススメ

吐き戻しはママの大きな悩みのタネですよね。着替えに掃除に…。

スタイを着用することでママの悩みのタネを少しでも減らせると思います。

新生児のお世話はとっても大変なので、少しでも楽に育児を頑張ってください。

気持ちに余裕ができたら、赤ちゃんとの生活がもっと楽しくなりますよ。

おすすめの記事