おすすめ! “現役ママさんたち”手作りのやさしいベビー商品

こんにちはyacchiです。

今日はこどもの日について書きたいと思います。
昔からこどもの日となじみのある日ですが、男の子の日でもあるこの日。
なんとなーく、こいのぼりや兜を飾って、チマキや柏餅を食べてといった
本来の意味もわからず過ごす事が多かったような気がします。

子供ができて、男の子だったのでとりあえず「こいのぼり用意しないと」と何気なしに購入した記憶があります。
そもそも、桃の節句は女の子だけの日なのに、端午の節句は男の子の日、別名こどもの日と呼ぶのかも疑問で・・・
皆さんの中で私のように疑問にもたれてる方も多いかと思いますので分かりやすく説明していきたいと思います。

こどもの日(端午の節句)とは

端午の節句の意味
現代では「こどもの日」として祝われるこどもの日
この日はもともと五節句の端午の節句にあたる日です。
端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことをいいます。
それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していったんですね。

二つ目は木製でできている鯉のぼり
木製のおもちゃメーカーで有名はKIKO+さんとのコラボ商品です。
なんともいえない愛らしい感じがほっこりします。
こいのぼりをおくほどのスペースもないけど、でも何かは飾りたいといった人にお勧めです。
最後にご紹介するのは
こちらお洒落な鯉のぼりもいいけど、昔ながらの雰囲気も残しつつお手入れの簡単な鯉のぼりになります。
ちなみに、私はこのタイプを購入して頂いたのですが、出しやすく直しやすく
お手入れも簡単で買ってよかったなと絶賛です。
大きい空にまう鯉のぼりは、子供をつれて外に見に行こうかと思います☆
おすすめの記事