こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

離乳食を卒業して、しばらく経つ2歳さん。

食べられるものがかなり増え、自分でスプーンをもって食べてくれるようになります。

しかし、これで楽になるかと思いきや、

「偏食」

「食べむら」

「じっと座れない」

「食事の時にふざける」

「そもそも食べようとしない」

などなど…。まだまだママの頭を悩ませることばかり。

 

健康な身体でいてほしい、と思って献立を考えて作っているのに、「あれヤダ」「それも食べたくない」と言われたら、思わず怒鳴ってしまいたくなる時も…。

そこで今回は「2歳の食事」についてご紹介していきます。

2歳の食事量

日本では「食事摂取基準」という食事量の基準が決められています。

これによると、1~2歳児に推奨されている食事量は、男の子は1000キロカロリー、女の子は900キロカロリーです。

 

具体的に言うと、20代~40代の女性(ママ世代)の食事摂取基準は2000キロカロリーなので、ママの半分くらいの食事量が理想です。

2歳は食べむらがあるので、だいたいママの食事量の1/2もしくは1/3くらい摂れていれば問題ありません。

 

しかし、「うちの子は毎日、ちょっぴりしか食べない!」と焦る必要はありません。

 

毎食きっちり食べなくても、1日の中で食べれるときがあればいい。

1週間のどこかで食べてくれるならいい、と考えましょう。

1日や2日、あまり食べないくらいでも問題はありません。

それくらいで栄養不足になったりしませんよ。

 

食事量や食事スピードは、個性と同じです。

食事に執着する子もいれば、食事にあまり関心がなく、遊ぶことに好奇心が向く子もいます。

 

食べない子供に無理やり食べさせようとしても、余計に食べてくれません。

食事の時間がキライになってしまったら、席につくことさえ難しくなります。

 

むしろ、2歳くらいの子で、野菜をきっちり食べ、好き嫌いせず、出された食事は全て毎食食べる。

なんて子のほうが、かな~りレアだと思います。

保育園でも、職場でも、ママたちはみんな子供の食事について悩んでいましたよ。

それでも、子供は元気に育つんですから。

1日に必要な栄養の目安

主食(炭水化物)

白米…子ども茶わんに1杯
食パン…8枚切りを1枚

 

主菜(たんぱく質)

お肉…薄切りを1枚程度(約30g)
お魚…厚めなら1/3程度(約30g)
卵…1個

 

副菜(ビタミン・ミネラルなど)

野菜…両手の手のひらサイズのお皿に山盛り(約80g)

 

牛乳・乳製品(カルシウムなど)

牛乳…コップに1杯
ヨーグルト…1/2個

 

これだけ1日に摂れたら充分です!

 

うちは、炭水化物と牛乳が基準の3倍。

野菜が基準の1/2以下くらいですね。笑

食事の時の注意点

栄養をバランスよく摂る

野菜が身体にいいからといって、肉を全く食べさせなかったり、といった極端な摂り方はNG。

食事はバランスよく。

量を増やすより、品数を増やしましょう。

小さい頃から、たくさんの食品を取り入れることによって、偏食も少なくなるそうですよ!

 

不足した栄養は、おやつで摂り入れてもOK

2歳のおやつは、大人のおやつとは違い、不足した栄養を補給すると考るといいですよ。

ただし、アメやチョコなどの甘すぎるお菓子は避けましょう。

カルシウム入りのクッキーや、野菜入りのスナックなどがいいですよ。

また、おやつの時間はきちんと決めた時間に摂りましょう。

おやつの時間、15時がベストです。

 

 

味付けは薄味で

濃い味に慣れてしまうと、薄味のものを食べなくなります。

ただでさえ、味付きの加工食品は味が濃いものが多いので、なるべく薄味にしてください。

将来の、生活習慣病の予防にもなりますよ。

 

 

食べやすい形や大きさで

ご飯を食べてくれない原因の一つとして、「見た目でアウト」と判断されるケースがあります。

子供の口に入りきらないような大きいサイズだったら、食べる気すらなくなる…ようです。

それくらい、フォークで刺してかぶりつけばいいじゃない!と思いますが、ダメなんですね…。

小さくカットしてあげると食べてくれた、って話も聞きますよ。

 

 

30分を目安に食事する

だらだらと食べるのはよくありません。

長い時間、ちまちま食べ続けるのは、虫歯の原因にもなるんですよ。

全部食べれなくても、30分たったら切り上げるようにしましょう。

逆に、10分くらいで食事が終わってしまう子は、なるべくたくさん噛むように、言い聞かしてあげてくださいね。

 

 

家族一緒に食べる

食事の時間が楽しい!と思えるようになることが、ご飯を食べてくれる一番の近道です。

どういう風に食べるのが正解か、マナーやしつけを教える機会としても、家族で食事する時間は大切ですよ。

 

ただし、マナーを意識するあまり叱りすぎるのはやめましょう。

多少、食べこぼしたり、食べなかったりしても、なるべく広い心で接してあげてください。

食べこぼしはわざとじゃなかったら、仕方ない。

食べなくても、一口食べたらよしとしよう。

と、ママがあらかじめ「怒るときの自分ルール」を決めておくと、心穏やかに過ごせますよ。

 

 

また、2歳といえばイヤイヤ期も重なって、食事を摂ってくれない!なんて子も多いです。
イヤイヤ期を乗り越える対策をまとめた記事はこちらになります。

ご飯を食べてくれない!食べないときの対処法

TVを消す

2歳の食事には「集中力」が必要です。

大人はTVを見ながらでも食事ができますが、子供はすぐにTVに集中してしまいます。

2つの作業を同時にする、ということがまだ難しい年ごろです。

 

たとえ空腹でテーブルに着いても、少し食べて空腹感がまぎれれば、すぐに気が散ってしまいます。

TVを消しても、気が散り始めたら、「これアンパンマンのほっぺと同じ赤色だね~」など、料理の話題で興味を引きましょう。

 

ルーティーンでメりハリを!

保育園では、毎日のルーティーンが決まっています。

おもちゃを片づける

手を洗う

エプロンを自分でつける

「いただきます」と言う

といったように、決まった一連の動きがあります。

心の整理が苦手な子供でも、自分でエプロンを着けると「今からご飯なんだ!」と心の準備ができます。

ぜひ毎日のルーティーンを決めてみてくださいね。

 

 

自分で盛り付けの分量を決めさせる

自分のキライなものが、最初からたくさん盛り付けられていたら、大人だって食べる気なくしますよね。

ですので、ママが盛り付けてしまわずに、子供に選ばせましょう

 

私はお皿にあらかじめ「一口」「ちょっと」「いっぱい」3種類の分量を用意します。

子供にその中から選ばせるのです。

キライな野菜だったら「一口」を選びますし、

大好きなお味噌汁なら「いっぱい」を選びます。

 

キライな野菜でも、子供が自分で選んだ「一口」だけなら、食べてくれる成功率もあがります。

分量を選べるので、食べ残しも少なくなって、ママのストレスも減りますよ。

 

 

間食を減らす

食事と食事の間は3~4時間あけるのがベストです。

その間にたくさん間食してしまうと、ご飯が食べれないように…。

ねだられるままに、おやつをあげすぎないように注意しましょう。

 

 

ムリに食べさせない

子供が食べないとき、「せっかく作ったのに」「栄養が偏る!」と思って、なんとしても食べさせようとしていませんか?

私も思い当たることがあります…。

 

しかし、それは子供にとっては逆効果。

そういう時のママやパパの顔は、子供から見てとっても怖く見えてるはず。

そうすると「食事の時間は怒られる」と思ってしまうので、余計に食べない負の連鎖に。

 

子供の食事は「お供え物」と思いましょう。笑

お供え物なんだから、食べなくてもまぁ仕方ないか、って気になりますよね。

2歳児が食べてはいけないもの

2歳になると、だいぶ食べれるものも増え、ママもかなり楽になってきてるんじゃないでしょうか。

しかし、とはいえ、やはりまだ小さな子供。

内蔵機能や咀嚼機能がまだまだ未発達です。

そこで、控えたほうがいい食べ物をご紹介します。

 

生もの

生ものは2歳以降ならOKという説と、3歳以降になってOKという説があります。

ですので、2歳は絶対だめ!というわけではないですが、心配なら避けておいたほうが…。という感じ。

うちはお刺身は2歳半からあげました。

お肉の刺身生卵はまだですね。

 

 

噛みちぎりにくいもの

お団子やお餅などのように、ノドに詰まりやすいものは、小さ~くカットして、大人が見守りながら食べさせましょう。

まだまだ上手く飲み込めないので、ノドに詰まらせる危険性が高いです。

とくに、あまり咀嚼せず、すぐ飲み込んでしまう子は、うまく消化できない恐れがあります。

団子、餅、たこ、いか、こんにゃく、するめ など

 

 

大人用の加工食品

大人用に味付けられたものは、まだ2歳の子供には味が濃いものが多いです。

とくに、パパのおつまみ用に買っているものなどは塩分や刺激が強いものが多いので、控えましょう。

もし、食べさせる場合は、湯通ししてくださいね。

たらこ、いくら、味付きソーセージ、干物、缶詰など

 

 

刺激が強いもの

大人にとっては美味しい刺激ですが、子供には強すぎます。

子供の味覚は繊細ですので、大人の食事を間違って口にしないように気をつけましょう。

キムチ、ワサビ、カラシ、辛口カレー、コーヒー、紅茶、炭酸飲料 など

みんなの2歳児食事メニュー

2歳児さんを抱えるママたちは、子供にどんなご飯を作っているのでしょう?

 


アンパンマンカレー!
2歳はアンパンマン大好きですもんね。
ポテトフライも好きな子多いです。

 

 

View this post on Instagram

 

「 #superman子供ごはん」 娘さん、来月2歳半になります 実は離乳食からほぼ食べてくれず この子は何を食べるんだろうと毎食毎食悩み お友達がよく食べてるのを見てまた悩み 唯一食べるフルーツのみで成長してきました 朝、フルーツ2〜3切れ 昼、ほぼ食べず おやつ バナナとかりんご、ぶどう 夜、ご飯一口 そんな日々の繰り返し 身長は平均より半年以上大きく、体重は平均よりちょっと下気味で何だかんだ成長してたので諦めていましたが、、 ここ最近食べてくれるように✌︎('ω')✌︎ 残すことも多いですが ご飯の作りがいが出てきました⍥⃞ ・クリームシチュー ・ふりかけご飯 (娘が自分でアンパンマンのふりかけをかけるのが大事) ・鮭ときのこのホイル焼き ・ほうれん草とひじきのサラダ ・野菜とチーズのライスペーパー巻き ・アンパンマンポテト まだ大人とは味付け別にしています うす味、出汁の風味を気にしてます _ このまま食べる様になってくれます様に🙌🏻 #2歳 #2歳児 #2歳5ヶ月 #イヤイヤ期 #幼児食 #2歳ご飯 #子どもご飯 #2歳娘 #福岡ママ #1児ママ #福岡ママ #シチュー #夜ごはん #手料理 #シチューごはん #ご飯 #おうちごはん #子どもごはん

すーぱーまんさん(@supermanx267)がシェアした投稿 -


ブロッコリーとクリームシチューが美味しそう。
苦手なお野菜も、汁物系に入っていたら食べてくれる子が多いと保育士さんからも聞きました。

アジの開きが一匹まるまる!
うちの娘も、魚が好きで、私の分まで食べられてしまいます…。
魚好きな子、多いですね。

 

 

 


お肉が噛みきれない子でも、ひき肉はOKな子が多いです。
そぼろなら、ぱくぱく食べられますね。

View this post on Instagram

 

2017/10/03 《献立》 #青椒肉絲 #スパサラ #ぶどう #お味噌汁(玉葱人参豆腐) ✩ #夜ご飯#お家ご飯#手作りご飯#家庭料理 #ちゃちゃっとご飯#シンプルご飯#りなめし #つくりおき#つくりおきおかず#楽して料理 #料理日記#料理好きと繋がりたい ✩ お昼も夜もがっつりが続いて体重が 右肩上がりなのでお昼がっつりの日は 夜ご飯抜くことにしましたので娘ご飯🍚 ぶどうは何度言っても一番に食べ ピーマンは噛み砕けないのかオエオエ なりながらも頑張って完食です☺️💓 いつも美味しいねぇて言ってくれるから 作りがいがありますっ❣⃛ #娘ご飯#2歳ご飯#完食 #以前頂いた焼肉のお肉で青椒肉絲

25歳&3歳の2人ご飯🍚♥記録用✍さん(@bbbbn.4)がシェアした投稿 -


スパサラなどの、麺類も好きな子多いです。
デザートに果物を入れてあげるのもステキですね。

まとめ

いかがでしたか?

2歳は、言葉が増えてくる時期ですが…

まだまだ言い聞かせても通じない時期でもあります。笑

 

ママも考え込まず、少しでも食べてくれるならいいか…。

という考えで気楽にしているほうがいいですよ。

おすすめの記事