こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

うちの子、2歳7か月なんですが、めちゃめちゃ食べるんです。

朝は、大人と同じサイズのメロンパン1個ぺろり。

または、アンパンマンスティックの小さいパン4本+バナナ1本+ヨーグルトの時も。

 

もう大人と同じくらい食べるんです。

2人目妊娠中なんですが、妊婦の私より全然食べます。

 

身長も2歳の女の子にしたらかなり大きめですが、体重も13㎏ありこちらも大きめ。笑

小さい今はまだ可愛いで済まされますが、女の子なのに将来おデブになったらどうしよう…。

 

そんな同じ悩みをもつママのために「2歳の食事量の目安と食べ過ぎ対策」についてご紹介します。

2歳の1日の食事量の目安

日本では「食事摂取基準」という食事量の基準が決められています。

これによると、1~2歳児に推奨されている食事量は、男の子は1000キロカロリー、女の子は900キロカロリーです。

具体的に言うと、20代~40代の女性(ママ世代)の食事摂取基準は2000キロカロリーなので、ママの半分くらいの食事量が理想です。

主食(炭水化物)

白米…子ども茶わんに1杯
食パン…8枚切りを1枚

主菜(たんぱく質)

お肉…薄切りを1枚程度(約30g)
お魚…厚めなら1/3程度(約30g)
卵…1個

副菜(ビタミン・ミネラルなど)

野菜…両手の手のひらサイズのお皿に山盛り(約80g)

牛乳・乳製品(カルシウムなど)

牛乳…コップに1杯
ヨーグルト…1/2個

これくらいが1日でベストな量です。

この記事を見てるママさんなら「うちの子、こんなの余裕で越してる」って人が多いはず。

うちの娘もぶっちぎりでクリアしております。笑

子供が食べ過ぎて心配!

「子供がご飯を食べない」という悩みをもつママが多いようです。

そんなママたちからしたら「食べるんだからいいじゃない」と言われますが、食べ過ぎる悩みというものもあるんです!

そんな食欲旺盛すぎる子供をもつママさんたち…。

気持ち、すごくわかります。

 

うちの子は、新生児から「食べ過ぎる子」でした。

最初は、母乳が出るか心配だったということもあり、ミルクと母乳混合で育てていました。

1か月検診の時、産婦人科の先生に「母乳出すぎで育ちすぎてるのでミルク禁止」と言われたほど。

新生児は1日30g増えたらいいところ、65gも増えておりました!

母乳オンリーに切り替えても、「食べないと!飲まないと!おっぱいが足りない!」ってくらいに母乳を飲まれてたので、私は夜中にご飯をこっそり食べたり、バナナを食べて飢えをしのいでいました。笑

 

そのままの勢いで今も成長しております^^;

 

食べ残すことがほとんどなく、保育園でも毎日日誌に「おかわり」「完食」と書かれています。

ご飯は大人とほぼ同じ分量を食べます。

少なめに盛り付けて出すと、「おかわり!!!」と泣かれます。

「げふ…」とげっぷしながら「おかわり」と言ってきたりもして…。

「もうごちそうさましようね」と言うと、号泣… (= = 😉

 

では、そんな食欲旺盛な子はどうしたらいいのか?

ほうっておいて食欲が落ち着いたらいいですが、そんな兆しは今のところみあたらない…。

このままだったら…心配になりますよね。

食べ過ぎの原因とは?

子供が食べ過ぎてします原因の一つとして、満腹中枢の未発達があります。

身体は「もうお腹いっぱい」なのに、脳にまで伝わっていないため、何度もおかわりを要求してきたり、大人が食べているものにまで手を出そうとしてしまうのです。

 

また、この時期は自己主張がとっても強くなる時期。

その延長で「私が食べる!自分で食べれる!もっともっと!」となってしまうこともあります。

 

満腹中枢の未発達」+「自己主張」=食欲旺盛な子!が出来上がるんですね。

 

成長過程の問題なので、どうしようもないじゃない…と思いますが、食欲をできるだけ抑えられる対策方法はありますよ!

食欲を抑える対処法は?

食欲を抑えるポイントは「歯ごたえ」「満腹感」です!

 

大人でも、よく噛んで食べると脳に信号が伝わって「もうお腹いっぱい」と感じやすくなります。

子供も同じこと。

満腹中枢をなるべく刺激して、満たしてあげることが重要です。

 

子供が食べやすいようにと思って、柔らかいものをあげたり、ノドに詰まらせないようにと思って、こまかーくカットしていました。

これだと、よく噛むことをしませんよね。

娘も、噛まずにすぐ飲み込んでしまい、食事時間は毎日10分くらいでした。

 

「噛む」ということはとっても大事なことです。

噛むことによって、顎の発達はもちろん、食材の旨味を味わうことができるので味覚が育ちます。

そして、唾液も分泌されるので虫歯になりにくく、消化されやすい状態で胃の中へ送ることができるので内臓の負担も減ります。

いいことずくめ!

 

1品だけでも「噛む」メニューを用意しましょう。

食事を全部硬いものに変えると必要はありません。

まず、1品だけでもよく噛めるメニューにしましょう。

いつもより少し硬めに茹でたブロッコリーや、人参や大根の野菜スティックもおすすめです。

 

麺類を減らし、ご飯中心に

つるっと食べられてしまう麺類を減らして、ご飯をメインに変えてください。

また、食パンをあげるときは、カリッと焼くことで、歯ごたえが増します。

 

肉は自分で噛めるように

今まで、お肉はひき肉中心でしたが、それ以外も使うように。

もも肉や豚肉をそぎ切りにして、自分で噛みちぎるようなものに変えていきました。

 

お味噌汁を多めに

温かい汁物を飲むことで、お腹が満たされます。

キノコやお豆腐、白菜、ネギなどの冷蔵庫にあるお野菜をたくさん入れましょう。

お豆腐や野菜はヘルシーですし、たくさんたべても太りにくいです。

 

盛り付けを少なめに

「どうせこのくらい食べるだろうな…」とついつい多めに盛り付けていませんか?

私は多めに盛り付けてしまっていました^^;

食欲旺盛な子は、出された分食べてしまうので、意識して少なめに盛り付けましょう。

 

「ごちそうさま」「お腹いっぱいね」の声かけを忘れずに

大人の声かけは、子供にかなり有効です。

毎日毎日「ふぅ~、もうお腹いっぱいね」「たくさん食べたね」と声をかけ続けていたら、子供自身もそんな気になるのか、今では自分で「おかないっぱい」と途中でやめれるようになりました。

 

「よく噛んでね」「お腹いっぱいね」「たくさん食べたね~」

この3語を食事中に、意識的に伝えるようにしてあげてください。

 

 

また、2歳といえばしつけに悩んでくる時期です。
食欲旺盛な子だったら、「もうごちそうさましようね~」と言っても「イヤ!!!」と言って泣き出す子も。
言って聞かない時はどうしたらいい?
ママのそんな悩みをまとめ記事はこちらです。

まとめ

いかがでしたか?

「周りに子供が食べ過ぎで悩んでるママがいなくて心細い」と思ってるママさん!

世の中には、結構同じ悩みをもつママがたくさんいますよ。

子供の食欲と戦うのは、なかなか骨が折れますが、一緒に頑張りましょう!

おすすめの記事