こんにちは!

1歳の女の子ママ、natsuです!

 

娘が初めての誕生日を迎え、ちょうど1年余り前のことを思い出します。

終わらないつわり、出産に対する不安や恐怖、子育てのこと。

出産を控えていらっしゃるママさんなら同じではないでしょうか。

 

しかし、こんな気持ち、ママさんだけが味わうのって、なんか不公平じゃないですか!?

だって夫婦ふたりの子供ですから。

赤ちゃんを産むというのはママの仕事ですが、出産は夫婦力を合わせて乗り越えることであると思います。

 

では具体的に何をしてもらうのか。

先輩ママさんの意見を参考に、やってもらうべきこと、やってもらいたかったこと、不要だったことを調べてみました!!

バースプランを立てておこう。

まず、みなさんは旦那さんの立会いを希望されていますか??

出産時はその痛みから獣のように叫んだりすることもありますので、そんな姿を見せたくないという意見もあると思います。

また、旦那さんよりも出産経験のあるお母様とか、ご家族などにそばにいてもらいたい場合もありますよね。

 

そもそも、産院によっても、分娩室に入れるのは旦那さん限定だったり、人数制限がされていたりと決まりがあります。

出産前にあらかじめ希望することをまとめておく「バースプラン」というものがあります。

産院で助産師さんのアドバイスのもと、ご自身の希望をじっくり考えてみてください。

 

立会い以外にも、

「家族とゆっくり面会がしたいので個室が良い」

「無痛分娩が良い」

「音楽をかけてほしい」

「助産師さんにマッサージしてほしい」

「なるべく自然なかたちでリラックスして産みたい」

「会陰切開はなるべくしないでほしい」

「剃毛はしないでほしい」

「浣腸しないでほしい」

「出産時のビデオを撮りたい」

「カンガルーケアをしたい」

など、希望や疑問点は出産がいざ始まる前に洗い出しておきましょう。

 

ご自身の身体と赤ちゃんのことですので、まずはママさんの希望を最優先に、ご家族と産院と話し合って、なるべく理想に近いお産ができるように整えておきましょう。

もちろん、バースプランを立ていたからといって、いざ分娩の際に、やっぱり立ち会ってほしい。一人になりたいなどの変更は可能だとおもいます。

やはり、いざお産が始まると、気持ちも変わってきますからね。

夫にしてもらうこと・できること。

さてそれでは、いよいよ夫にしてもらうこと・できることを考えてみましょう。

 

出産前にできること

まず出産前。

妊娠初期のつわり時期の家事、お腹が大きくなってくるにしたがって掃除や買い物など身体に負担になることを率先してやってもらってください。ちょっとしたことで赤ちゃんやママの身体は体調を崩しやすい状況です。

ママは自分の身体の変化によって早いうちから赤ちゃんに対する責任を自覚しますが、残念ながら男性は自分がパパになる自覚はどうしても薄いもの。

 

育児書を一緒に読んだり、両親学校に参加したり、産院の定期検診についてきてもらうなど、一緒に親になるんだという気持ちを育ててもらいましょう。

また、臨月になり出産が近づいたら、先にお伝えしたとおりバースプランを一緒に考えたり、入院準備をしてもらったり、陣痛が始まったら産院へ行く方法を手配してもらったり。

出産の流れをしっかり予習してもらい、いよいよ親になる日も近いということを、よくよく自覚してもらいましょうね。

 

入院準備についてはこちらでも詳しくまとめていますよ!

 

 

出産時にできること

 

さていよいよ陣痛が始まりました。

在宅時であれば、タクシーや車の手配。入院準備の最終確認。

 

産院に着くと、診察券や母子手帳や書類の記入も求められます。

小さなことに感じますが、陣痛の始まっている妊婦にはなかなか辛い作業。

率先してやってもらいましょう。

 

この時点でもう陣痛もどんどん強くなってくることでしょう。

そこでできることは、まずマッサージ。

 

助産師さんの指示にしたがって、背中を強くさすったり、テニスボールをおしり付近にあてたり、クッションをあてて楽な姿勢にしてもらったり。呼吸を一緒にしたり励ますような声かけをしてもらうのもいいですね。

 

ただ、ここでいつもなら嬉しい声かけや気使いも、痛みがピークの妊婦にとってはうっとおしい!マッサージそこじゃない!というパターンもあります。笑。

その場合は旦那さん、そっと身を引いてください。。。

 

陣痛が長引き、途中で水分補給やゼリー飲料などで栄養補給の必要もあります。

その場合ももちろん、ストローをさして口元に持ってきてもらったりと、気を使ってもらいましょうね。

 

そして分娩室に移動。

赤ちゃんに会えるまでもうすぐ!

もし立会い出産を希望であればここからは助産師さんの指示にしたがいつつ、汗を拭いてあげたり水を飲ませてもらいましょう。

 

もしママさんの希望があり、産院の許可があればビデオに収めてもらうものいいですね。

出産し、赤ちゃんと念願のご対面!

助産師さんが赤ちゃんを綺麗に拭いてくれ、ママの胸に抱かせてくれます。

せっかくなのでビデオ撮影や記念撮影を。そして、パパさんの腕で抱っこ。ものすごい感動の瞬間です!

 

 

出産後・入院時にできること

出産後、ママはとにかく披露困憊。

入院時の食事の準備、着替え、赤ちゃんのオムツ変えなど、言って見れば授乳以外はパパもできます。

ママの身の回りの世話のできることをしてもらいましょう。

 

他のご家族への出産報告や、お見舞いのお相手などもできるといいですね。

出生届や、産院の支払い、出産一時金、出産証明書など意外に事務作業も多いので、そのあたりもあらかじめ確認しておきましょう。

私の夫の場合、数日ですが産休をいただくことができたので、産後一番辛かった数日助けてもらえました。

最近では会社も出産に対して協力的なシステムに変わってきているので、最大限に利用するといいですね。

 

 

退院時、帰宅後できること

1週間前後の入院を終え、退院。

ママさんの実家へお世話になることもあるかもしれませんが、自宅へ帰る場合はベビーベッド、おむつ、おしりふき、沐浴、着替えの準備、赤ちゃんを迎え入れるに当たって清潔に安全に過ごせる環境を作っておいてもらうこともとっても大切です。

 

退院時に車を利用する場合は、ベビーシートのセッティングも忘れないようにしましょう。

帰宅後は、慣れない赤ちゃんのお世話に大忙しです。ママは夜中に関わらず2時間おきの授乳に、寝不足の毎日。食事は宅配弁当を手配したりなど、パパが仕事に出かけてもできるだけ家事などの負担を減らせるようにしておきます。

また、ちょうどこのころ、出産祝いを下さった方への内祝いの手配も必要になります。いただいた金額の約半額ほどのお菓子などの選定、発送・手渡しの確認をしておきましょう。

 

出産内祝いに関してはこちらでもまとめました。

まとめ・できることいっぱい!夫婦で赤ちゃんをお迎えしよう!

こうして書き出してみると、旦那さんにもできることはたくさんありますね!

どうしても、お腹で赤ちゃんを育てているママさんの方がやることが多くなりがちで、私だけの赤ちゃんじゃないのに・・と夫に対する不満も溜まりがちですが、そもそも2人の子供。

2人で協力して妊娠・出産を乗り越えるべきですよね。

出産間際に話し合ってもいざという時なかなか行動にうつせないものです。

妊娠中から夫婦での話し合いの時間をたっぷりとり、夫婦で赤ちゃんをお迎えしよう!という意識で出産に挑みましょうね!!

おすすめの記事