もう2歳を過ぎたのに、なかなか言葉を話さない、うちの子どもはどもりがきついかも?

もしかして、喋らないってことは発達障害があるのかな?と

言葉の発達が遅いと、とても心配になりますよね。

言葉がなかなか出なかったり、言葉の遅れがあったりということは、ママにとってはとても深刻な悩みなんですよね。

 

2歳~3歳の子どもで、言葉が出なかったり言葉が遅れていたりする場合は

ただ単に、発達するスピードが遅いというだけではなくて、もしかしたらさまざまな原因が隠されている場合があります。

 

その原因のひとつひとつを探って、それに対しての的確な対処方法を実践していくことで

少しずつ子どもの言葉の発達は進んでいくと思います。

 

そこで、ここでは2歳の子どもの言葉が出ない、言葉の遅れによる

「原因・対処方法・情報」などを詳しくご紹介していきたいと思います。

2歳になると心身ともに発達が著しくなり、自分で考えて自分で行動する「自立」への準備が始まります。

つまり、自分1人でできることも増えてきて、なんでも自分1人でやりたくなるのです。

 

そして、この時期は「言葉の爆発期」とも呼ばれて、ほとんどの子どもが言葉の語彙がハイスピードで増えて

話せるようになります。

言葉の発達はどのように進行していくの?

言葉が話せるようになるためには、大きく分けて5つの能力(条件)が必要だと言われています。

 

言葉を話すための5つの能力(条件)

では、順番に見ていきましょう。

 

1.声を出す力

言葉を話すには、舌、喉、唇などの器官をうまく連動させて発声して声を出します。
→※そのためにはそれぞれの器官が、意思通りにちゃんと動くように成長していることが必要になります。

2.声を聞く力

言葉を覚えるためには、ママやパパや大人の声を耳で聞いて、それを真似できることが必要になります。

→※そのためには、音や言葉を聞き分けられる能力が必要になります。

 

3.話したいと思う力

ママやパパをはじめ、自分以外の人に対して「自分の気持ちを伝えたい、話したい。」という気持ちが必要になります。

→※そのためには、自分の気持ちを聞いて欲しいという意欲が必要になります。

 

4.モノを見る力

対象物の名前を覚えるためには、他の対象物との区別ができるようになる必要があります。

→※そのためには、違いを見極める力が必要になります。

 

5.モノを考える力

話したい、言葉にしたい内容を考える。
→※そのためには、感じたこと・伝えたいことを考える力が必要になります。

 

上記5つが言葉を話すための能力(条件)になります。

 

5つの能力(条件)のいずれかに問題がある場合は、自然に言葉を覚えて話すことが難しくなります。

その場合は、早めにかかりつけ医や専門機関に相談して適切な訓練をしていく必要があります。

10ヶ月健診や(※市区町村によっては、9カ月~1歳健診になります。)

1歳6ヶ月健診などの診断の際に、これらの能力に問題がないか?の確認もしていますので

もし不安なことがあれば、健診の時に相談してみるのもいいかもしれませんね。

2歳児の言葉の発達の目安は?

・自分の名前を呼ばれると、「はい。」と返事ができるようになる

・自分の名前、年齢を言えるようになる

・日常の挨拶(おはようございます、こんにちは、おやすみなさい、ありがとうございます)が言えるようになる

・簡単な質問に答えることができるようになる(言葉の理解)

 

2歳~2歳6ヶ月

子どもの話す言葉の数が、爆発的に増えていく時期です。

2歳6ヶ月頃になると、文章(二語文・三語文)を話すようになる子どもが多いです。

そして、いろいろなことに興味を持ち始めるので

「これ、なぁ~に?」

「どうして?」

「なんで?」

といった疑問文が少しずつ増えてくる子どもも非常に多いです。

 

うちの子たちも、何かを見る度にしつこいくらい質問攻めをしてきました。

一体、1日何回「これ、なぁ~に?」って言っていたのでしょうか?笑

 

そして、2歳を過ぎるころには少し長めの複雑な文も理解できるようになってきます。

毎日の生活の中で、ママやパパが会話で使うワードを自分なりに目の前の物事と結びつけていき

覚えていくようになります。

 

そして、物事の概念も理解するようにになってくるので

「ひとつ」「たくさん」、「大きい」「小さい」といったこともわかるようになってきます。

 

その他には、今自分がやっていることや、目の前で起きていることについてひとりごとを言ったりもします。

例えば、お散歩している時に犬とすれ違ったら、「ワンワン、かわいい。」「お花、きれい。」

と言えるようになります。

 

2歳6ヶ月~2歳11ヶ月

例えば・・・

「机の上にある、お皿を取って、ママに渡してきて。」など簡単な内容であれば

ひとつひとつの指示を一辺に理解して、行動に移すことができるようになってきます。

 

その他に、自分の名前をフルネームで言えるようになります。

そして、話している言葉・内容も、いつもそばにいるママやパパ以外の人にも

伝わるように(聞き取れるように)なっていきます。

 

あくまでも個人差があります

2歳6ヶ月頃になっても、我が子が言葉を話さないととても心配するママやパパも多くいるかもしれません。

ですけど、言葉の発達に関しては個人差がとても大きくて、2歳6ヶ月頃になっても

ほとんど話さないという子どもも、実は珍しくないのです。

 

特に、女の子に比べて男の子の方が言葉の発達が遅いと言われています。

上にきょうだいがいる場合ですと、比較的言葉を話し始めるのが早い場合もあります。

 

ですが、とても心配な場合は(2歳6ヶ月を過ぎても発語がほとんどないケースなど)は

かかりつけ医や専門機関に相談してみてください。

 

2歳児の言葉の遅れの対処方法

子どもの発した言葉に反応する

子どもが発した言葉に対して、ママやパパは常に反応してあげてください。

そうすることによって、子どもが会話のコミュニケーションの楽しさに気付きます。

 

もし、「〇〇ちゃん語」のような宇宙語で、まだ何を言っているのかはっきりとわからない状態であっても

子どもの言葉に「うんうん。」や「それでどうしたの?」や「そうなのね。」と相槌を打ったり

「〇〇したかったのね。」など、子どもの言葉を真似したりして、常に反応を返してあげるようにしましょう。

 

子どもの気持ち(感情)を代弁する

子どもの気持ち(感情)を、ママやパパが代弁してあげることは、言葉を促す方法としてとても有効的なんです。

上手くできないことがあって泣いていたら、「悔しいね。」ですとか

子どもが転んでしまったときは、「転んで痛かったね。」ですとか

おもちゃを取られてしまったときは、「おもちゃを取られて、悲しいね。」ですとか

おいしいものを食べたときは、「ハンバーグ、おいしいね。」ですとか

子どもが表情には出しても、言葉にできない感情を代弁してあげるといいでしょう

 

子どもは自分の、その時に感じた感情に対する言葉の表現を覚えていくことにもなりますし

ママやパパが気持ちに寄り添い共感することで、子どもは安心感を覚えます。

 

テレビ・スマホ・インターネットを見せ過ぎない

ついつい家事を早く進めたいときなどは、テレビやスマホやインターネットに頼ってしまうときもあります。

そんな時は、家事の最中であっても、テレビなどを見ている子どもに

「どうかな?面白いかな?」と声をかけるだけでも大丈夫です。

 

それもどうしても難しいときは、テレビなどを見る時間を1時間だけにするという

家庭内ルールをきちんと決めて守らせましょう。

 

絵本の読み聞かせ・リズム体操をする

絵本は想像力を養うことができるので、言葉の発達にもとても効果的です。

一緒に絵本を読み聞かせることで、親子のコミュニケーションも十分に取ることができます。

その他に、絵本を通して知らなかった動物や乗り物、そして色の名前などを知るきっかけにもなります。

 

リズム体操は、歌の歌詞の内容に合わせて踊ってみたり寝転んでみたりすることが、脳をより刺激するといわれています。

そういう経験を通して、何かを感じたときに言葉で発するという「反射」ということにもつながっていきます。

 

言葉の要求を先回りしない

ついつい、ママやパパが子どもの要求を先に察知して先回りしてしまうときってありますよね。

ですが、先回りしすぎると、子どもが言葉を話すチャンスを奪ってしまうおそれがあるのです。

 

なかなか言葉を話さないからといっても焦らずに、子どもが自分で話すようになるまで

ゆっくり待ってあげることも必要になってきます。

 

無理やり言葉を覚えさせようとしない

耳がちゃんと聞こえていて、こちらの言う事をきちんと理解してちゃんと行動ができているのであれば

無理やり言葉を覚えさせたり、言葉の練習なんてしなくても大丈夫です。

 

無理やり言葉を教え込もうとすることによって、それが子どものプレッシャーになってしまって

かえってしゃべらなくなってしまうこともありますので

絶対に無理じいはしないようにしましょう。

言葉がゆっくりだと、ついつい焦ってしまいがちですが
「これは何かな?」「話をしてみてごらん。」などと
無理に子どもから言葉を引き出すような言葉がけは控えたほうがいいでしょう。
それらを繰り返していくことで、知らず知らずのうちに子どものプレッシャーになってしまって
最終的に、話すこと自体がストレスになってしまうおそれがあるからです。
子どもが自分から話したくなるまで見守ることができるといいですね。

 

 

まとめ

子どもを育てていると、どうしても発達や発育についてとても敏感になり

「この歳(時期)なら、こんなことができるのが普通!」と決めつけてしまうことが多々あります。

そして、それらができなかったりすると、ただただ不安になって悩んでしまいがちなんですよね。

 

その他に、周りのお友だちとは比べないように!と頭ではわかっていても、周りのお友だちができた!瞬間を見てしまうと

やっぱり、うちの子は何でできないの?と考えてしまい、すごく気にしてしまうのが現状ですよね。

 

そんなときは、少しだけ周りのお友だちと距離を置いてみるやり方もいいかもしれません。

それでも不安がぬぐいきれない場合は、市区町村にあるいろいろな専門機関に相談してみてください。

自分ひとりで悩んでいては、気付けなかったことや見えなかったことを教えてもらえますし

あとは、的確なアドバイスをもらえることがあります。

 

大人でも、おしゃべりな人と言葉の数が少ないおとなしい人がいるのと一緒で

子どもでも、「話す」という行動への興味が強い子と弱い子がいるのです。

 

会話でのコミュニケーションをがまったく取れないということでなければ

それらも、その子の個性だと思って見守ることもいいでしょう。

大切なことは、子どもが話したい!と思ったときに、周りにいるママやパパをはじめ大人たちが

それらの欲求をしっかりと受け止めてあげることです。

子どもを思うあまりに、ついつい心配になってしまう気持ちもわかりますが

子どもの成長を信じて長い目で見守ることができるといいですね。

 

発達障害の心配が少しでもある場合は、かかりつけ医や病院、専門機関で確認してもらって

早めに治療をスタートすることで、的確に対処することができます。

いずれにせよ、自分一人で抱え込まずに、言葉の発達の不安材料は誰かに相談することが大切なのかもしれませんね。

おすすめの記事