こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

私は、職業柄、赤ちゃんを見る機会が多いですが、新生児の女の子ママで多い悩みが、

赤ちゃんの「薄毛」に関する悩みなんです。

 

「髪が少ないから、男の子に間違われやすい!」

「女の子なのに、こんな髪が少なくて大丈夫なんだろうか…。」

「成長しても薄毛だったらどうしよう…」

などなど、やはり親は心配になるものです。

 

赤ちゃんの髪の毛は生まれた瞬間からフサフサの子もいれば、髪が全然ない!って子もいたり…。

赤ちゃんによって、本当に様々ですよね。

 

そこで、今回は「髪の毛が少ない&細い」薄毛ちゃんガールが、女子度UPできるおススメのヘアアクセサリーを紹介したいと思います!

赤ちゃんの髪の毛が生えない原因は?

産まれて間もない赤ちゃんの毛は、まだしっかりとした髪の毛になる前の「産毛」状態です。

産毛は、細くてふわふわと柔らかく、大人の髪のようにぐんぐん伸びていくわけではありません。

 

やはり個人差が多いですが、原因の一つとして「遺伝」が考えられます。

毛の量だけでなく、毛質(髪が細く柔らかい、または太くしっかりしているなど)も受け継いだりします。

毛量(髪の本数)が平均と同じだとしても、両親のどちらかが細い毛質の場合、少し薄毛に見えてしまうことも。

 

ただ、必ずしも両親の遺伝を全て受け継ぐとは限りません。

同じ両親から産まれても、兄弟で毛質や毛量は違ったりしますので、やはり個人差によるものが大きいと思います。

赤ちゃんの髪はいつ生える?

赤ちゃんの髪の毛は、1歳前から「産毛」からしっかりとした髪に生え替わります。

始めの頃は、まだ1本1本の毛は細いですが、成長するごとに毛質も変わります。

 

周りの薄毛ちゃんママの声を聞くと、だいたい1歳半~2歳くらいにはフサフサになる子が多いようですよ。

遅い子でも3歳くらいまでには、しっかりとした髪が生えてくるので、「このままだったらどうしよう…」という心配はあまりいらないようですね。

 

また、とくにこれといって、赤ちゃんの髪が生える対処法などもありません。

髪の毛の生え替わりには新陳代謝が影響しているので、毎日の基本的なお世話をしてあげるのが1番のようです。

しっかりご飯を食べ、睡眠をとって成長を促してあげる。

汗や汚れが毛根につまらないように、沐浴やお風呂の時に、清潔な状態を保つようにしてあげましょう。

赤ちゃんの髪の毛が抜けた!病気?!

「新生児生理的脱毛」

赤ちゃんの中には、生後3ヶ月~5ヶ月あたりで髪の毛が一気に抜けた!!という子も。

少し抜ける…とかではなく、本当にツルツルになる子もいるようです。

いきなり髪の毛が見る間に抜けたら「病気!?」と思われるかもですが、これは、「新生児生理的脱毛」と言われる症状で、別に珍しいものではありません。

生えかわりにみられる一時的な脱毛で、新しい髪の毛に生えかわるための準備段階のようなものです。

 

 

乳児期後頭部脱毛

赤ちゃんが仰向けに寝た状態で首を動かし、ベッドとの摩擦で後頭部の髪の毛が抜け落ちる症状「乳児期後頭部脱毛」といいます。

これも珍しいものではありません。

うちの娘もよくしていました。

隣に寝ていたら、グリグリグリグリ…。

あまりに激しくこすりつけるので、後頭部の髪の毛がチリチリになるほどでした。

前髪はサラサラ・後頭部はチリチリで、ずっとこのままかしら…と悩んだほどです。

 

乳児期では寝た状態で頭をベッドにこすりつけることが多いため、髪の毛がすり切れやすくなります。

成長するにつれ、次第に改善するため、これも大きな心配は必要ありません。

 

 

赤ちゃんが自分の髪を引っ張る・抜く

産まれて間もない赤ちゃんの時期によくあるのが、自分で髪を引っ張って抜いてしまうことです。

娘が小さい時も、よく髪をぐいぐい引っ張って、自分で泣いていました。

赤ちゃんはとにかく好奇心が旺盛。

手が届く範囲のものは何でも触って・つかんでみたいのです。

「自分の髪の毛だ」「引っ張ったら痛い」という認識がないため、手が届く髪を引っ張ってしまうのです。

よく、頭のてっぺんは髪があるのに、横側だけ薄くなっている赤ちゃんがいますが、それは自分の手の届くところだけをむしってしまっているからなんですね。

 

髪をむしる行為は、自分の身体を把握するための成長過程に必要なクセです。

成長して、「これは自分の髪の毛なんだな」「引っ張ったら痛いんだな」と分かればやらなくなります。

ただ、見てる分には痛そうだし、自分でむしって自分で泣くので、やめさせたいですよね。

 

効果的な方法としては、おもちゃを持たせて気を紛らわせてあげましょう。

あとは抱っこして気分転換をさせてあげるのもいいかもしれません。

ミトンをはめてあげるのも方法ですが、長時間ミトンをはめたままでいると、指の運動や感覚の発達の邪魔になってしまいます。

ミトンを使用する場合、髪をむしった時の数分だけ、など使用時間を短くしましょう。

女の子の薄毛ちゃんママの悩み解消!ヘアアクセサリーで女の子らしく

薄毛ちゃんベビーのママで、とくに多い悩みを持つのは、やはり女の子の薄毛ちゃんママ。

「薄毛だと、男の子に間違えられる!」って声がかなり多いのです。

 

そこで、生後1ヶ月から着けれる!

「Lien de famille(リアン デ ファミーユ)」おすすめのベビーアクセサリーをご紹介します!

ベビーアクセサリーを付けるだけで、グンと女子度upしますよ!

生後1ヶ月~2歳の子にオススメ!ヘアアクセサリー

ヘアバンド

ヘアバンドの良いところは、なんといっても着け心地。

金具も全く使っていないので赤ちゃんに使用しても危なくないのでオススメです。

 

とくにテクニックもなく、頭に付けるだけでokなので、不器用なママさんにも支持されていますよ。

素材は伸縮性がある、お肌に優しいものが◎

髪の毛を結ぶ長さや、毛量がないベビーちゃんにオススメなのが、へアバンドです。

 

お食い初めやハーフバースデーなどの記念日にもオススメの一押しヘアアイテムです。

ではヘアバンドにはいったいどんなデザインがあるのでしょうか?

人気のベビーヘアバンドをご紹介します!

チュールクラウンヘアバンド

やはり男女問わず不動の人気はクラウンヘアバンド!
ハーフバースデーや誕生日などの大切な記念日には必須アイテムです。
クラウンヘアバンドは出産祝いや誕生日などのプレゼントにもオススメですよ。

クラウンヘアバンド

ふわふわチュールがボリューム大!
インパクトもありますので、記念日などにおすすめです。

 

 

うさみみヘアバンド

ピョン!と立ったうさ耳が可愛い!
女の子に人気のヘアバンドです。

 

 

フラワーヘアバンド

女の子も大好きなお花のヘアバンドです。
真っ白のお花が可愛いデザイン。
中央には、パールやストーンが埋め込まれています。

造花リボンヘアバンド

チュールリボンの中に、お花がギュッ!とつめ込まれたヘアバンド。
結婚式でのお呼ばれや、誕生日など、特別な日にぴったりの華やかなアイテムです。

知っておきたい、ヘアバンドを付けるときの注意点!

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、肌にやさしく柔らかいものを選びましょう。

オーガニックコットンなどの天然繊維や、柔らかい綿素材だと、より安心です。

また、サイズが小さいものは頭が締め付けられるので、赤ちゃんのストレスになります。

サイズには少し余裕のあるものを選びましょう。

また、伸縮性が良いものだと、赤ちゃんの頭を締め付ける心配も少ないでしょう。

 

2歳・3歳の子にオススメ!ヘアアクセサリー

キューピー状態を脱出はしたけど、やはりまだまだ薄毛には変わりない…。

という、子どもちゃんにおすすめのヘアアクセサリーをご紹介します!

 

ヘアクリップ

まだまだ薄毛ちゃん!って子は、毛がほわほわ状態の子が多いですよね。

ヘアゴムはまだ着けれないし…って子におすすめなのが、赤ちゃんの細い髪でもしっかり留まる、ヘアクリップ

ちょっとお姉ちゃんになった子どもに、安定の人気です。

期間限定ショップで販売員として立たせて貰うこともあるのですが、ママが子供に着けやすい!と大変好評でした。

 

とくにLien de familleのクリップはママデザイナーが作っていますので、子どもの安全面・使いやすさにも考慮しています。

クリップの金具部分に生地を巻いて、子どもの頭に金具が当たらないように。

更に、滑り止めのシリコンゴムをつけて、髪の毛がサラサラなお子様や、髪の毛が細いお子様にも滑り落ちにくくしているので、ぜひオススメしたい!

 

ではヘアクリップにはいったいどんなデザインがあるのでしょうか?

人気のヘアクリップをご紹介します!

 

リボンヘアクリップ

やはり女の子に一番人気はリボン。
その日の気分で星柄、無地、チェックと使い分けられます。
さっと前髪に付けるだけで女子力UP間違いなし!

もこもこスターヘアクリップ

もこもこ素材の、優しい色のお星様クリップ。
中央のパールもきちんと縫い付けてありますので、簡単に取れる心配なしです。

ふわふわフラワーヘアクリップ

ふわふわのボリュームが人気のヘアクリップ。
チュールが重なった乙女感あふれるデザインです。

ブーケヘアクリップ

まるでブーケのようにお花が重なった人気のヘアクリップ。

ポンポンヘアクリップ

可愛いポンポンのヘアクリップ3点セット。ふわふわのポンポンはインパクト大でとても人気です。

フラワーヘアクリップ

女の子はお花が大好き!お花のアクセを付けるだけでガール度UPです。

 

 

ヘアクリップを付けるときの注意点とは!?

ヘアクリップにはたくさんのデザインがあります。

サイズも大きいものから小さいものがあり、小さなパーツがくっついているヘアクリップもあるので、赤ちゃんの誤飲には細心の注意が必要です。

着用する際は必ず保護者の注意の元使用してくださいね。

赤ちゃんに オススメ出来ないヘアアクセ

パッチンピン

赤ちゃんの頭皮はとっても柔らかいので、小さな赤ちゃんにはパッチンピンはあまりオススメはできません。

留めるときにパチン!と音が鳴るので怖がるお子様もいます。

また、ママもパッチンピンを付けるのがちょっと怖い…という声も販売していると良く聞きますね。

 

 

ヘアピン

小さな子は気づかない間に頭からヘアアクセを外してしまうことが多々あります。

気づかないうちに、ヘアピンを取ってしまって、身体に刺さってしまう危険性も。

また金属なので口に入れてしまうのも怖いですよね。

 

まとめ

いががでしたか?

赤ちゃんの薄毛に悩むママは多いと思いますが、成長とともに、しっかりとした髪が生えてくるので、心配はいりませんよ!

それに、薄毛ちゃんはデメリットだけでなく、メリットだってあるんですよ!

  • 頭を洗って乾かすのが簡単
  • 夏場でも頭がむれにくく、毛じらみや乳児湿疹・あせもになりにくい

ケアがしやすいので、夏は衛生面に優れています。

ただ、日差しの影響を受けやすいので、紫外線対策はしてあげましょうね!

 

キューピーちゃんのような、可愛い時期は本当にあっという間です。

悩みは多いと思いますが、今の時期を大事にしてあげてくださいね。

おすすめの記事