こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

 

7月の行事といえば七夕

短冊に願い事を書いて、笹に飾って~。

子供と一緒に楽しい七夕の夜を過ごすのが楽しみですね。

 

しかしそんな七夕の意味や由来を説明をきちんと子供に出来ますでしょうか…?

「七夕ってなに?」

「織姫と彦星のお話聞かせて!」と言われてちゃんと話せますか…?

 

そこで、今回は「七夕の物語と由来」をご紹介します。

七夕の由来

実は七夕って3つの行事が混ざり合ったものだったんです。

  • 七夕の語源となった「棚機(たなばた)」
  • 中国の伝説、おりひめとひこぼしの物語
  • 短冊を飾る由来となった「乞巧奠(きこうでん)」

 

この3つの行事と伝説が混ざり合い、今の七夕の行事となりました。

では、1つずつご紹介していきますね!

 

「棚機(たなばた)」が「たなばた」の語源

どうして「七夕」が「たなばた」と読むのか知っていますか?

よく考えたら「七夕」は「たなばた」とは読めませんよね。

 

昔の日本の禊(みそぎ)の行事として、

「乙女が着物を織って棚にそなえ、神様を迎えて秋の豊作を祈る」という神事がありました。

その乙女を「棚機つ女(たなばたつめ)」

そして着物を織る、織り機を「棚機(たなばた)」と言っていました。

時が流れ、この行事がいつしかお盆を迎える準備として「7月7日の夜」に行われるようになりました。

これが、現在の「七夕」を「たなばた」と当て字で読む由来になっています。

織姫と彦星の物語

そして、2つ目に「織姫と彦星の物語」

 

  • 織女星(こと座のベガ):裁縫を司る星
  • 牽牛星(わし座のアルタイル):農業を司る星

中国では7月7日の夜に、この2つの星が最も光が強く見えることから、2つの星が天の川を渡って出会うというなんともロマンチックな伝説がありました。

この3つの風習と伝説が混ざり合い、今の七夕となったのです。

 

 

ではそんなステキな七夕の物語をご紹介しましょう。

「織姫と彦星の物語」

夏の夜空にキラキラきらめく天の川。

その川のほとりで、天の神の娘、働き者の「織姫」が美しいはたを織っていました。

 

織姫の織る布は光り輝いていて、それはそれは美しいものでした。

天の神様はそんな娘が、とても自慢でしたが、織姫ははたを織るのに一生懸命で、自分のことには無頓着でした。

 

そんな娘を心配した天の神様は言いました。

「年頃だというのに、はたを織ってばかりで大丈夫だろうか。

そうだ、織姫にふさわしい婿を探してやろう。」

 

天の神様はあっちこっち探し回りました。

「どこかに織姫にふさわしい婿はいないものか…」

 

川の岸辺を歩いていると、牛の世話をしている若者と出会いました。

名前を「彦星」といい、牛の世話をしたり、畑仕事に精を出したりと、休む間もなく毎日まじめに仕事をしています。

「うむ。この働き者の青年だったら、織姫と幸せに暮らしていける」

天の神は織姫の結婚相手に、働き者の彦星を選びました。

織姫と彦星は、互いに惹かれ合い、とっても仲の良い夫婦になりました。

 

しかし、それから二人は遊んでばかりいるようになりました。

ちっとも仕事をしなくなり、機織りの機械にはほこりがかぶり、畑は草だらけ。

彦星の飼っていた牛もえさをやらなくなったので、すっかりやせ細っていきました。

 

「仲がいいのもいいが、そろそろ仕事をしてはどうだ?」

天の神様が二人に注意をしても、二人は「はい。わかりました」と答えるだけで全く仕事をしようとしません。

 

織姫がはたを織らなくなったので、空の神さまたちの服はボロボロに。

天の神様の服もボロボロになっていきました。

彦星も仕事をしないので、畑の作物はすっかり枯れて、牛はついに病気になってしまいました。

 

ついに怒った天の神様は

「もうお前たち二人を会わせるわけにはいかない」

と、織姫を天の川の西へ。

彦星を天の川の東へと引き離しました。

そして、二人は広い広い天の川を挟んで離れ離れになり、話すことも、お互いの顔を見ることすらできなくなりました。

 

それからというもの、織姫は毎日泣き暮らすようになり、はたを織る元気もなくなりました。

彦星も、家に引きこもり悲しみに暮れるばかりで、畑仕事も全くしません。

 

見かねた天の神様は、二人に言いました。

 

「お前たちが前のように毎日きちんと働くならば、一年に一度だけ会うのを許そう」

その言葉に、織姫と彦星は心を入れ替えて、まじめに働き始めました。

 

一年に一度、7月7日の夜に天の川を渡って会えることを楽しみにして…。

短冊の意味と由来

七夕の物語はOKですね!

では、3つ目に七夕に短冊を飾るようになった由来の乞巧奠(きこうでん)をご紹介します。

 

短冊を飾る由来となった「乞巧奠」

乞巧奠(きこうでん)とは昔の中国からきた風習です。

「乞」は願う

「巧」は巧みに上達する

「奠」はまつるという意味です。

織姫は「織」姫というだけあって、機織りや縫製の象徴でもありました。

そんな織姫さまにあやかり、機織りや縫製が上達するようお祈りする風習が生まれました。

時が経ち、やがて縫製だけでなく、芸事や書道、そして今では様々な願い事をする風習に変化していきました。

これが、現在の短冊に願い事を書く由来となっています。

ちなみに、短冊をに飾るのは、冬でも緑を保ち、まっすぐ育つ生命力にあふれた笹竹には、昔から不思議な力があると言われてきました。

神聖な植物ゆえ「神様を迎える役目」があるとされてきました。

なので、笹はみんなの願い事を神様が見つけてくれる目印になっているのです。

 

 

短冊の色にも重要な意味が!

♪ごしきのた~んざく~

わたしがか~いた~♪

これは「たなばたさま」という有名な歌の歌詞です。

「ささのは~さ~らさら~」で始まる、あの歌ですよ!

 

「ごしきの短冊」とは何か?

ごしきとは「五色」のこと。

実は、短冊の色にも大切な意味がありました。

 

短冊の色は、

「赤・青・黄・白・紫」

の5色と決められています。

昔の中国から、七夕の風習が日本に広まった当初は、短冊を飾る風習はありませんでした。

その代わりに飾られていたものが五色の糸

その後、5色の糸が、布となり、今の紙の短冊へと変わっていきました。

 

ちなみになぜ5色なのかというと、

陰陽道において自然を表す「五行説」というものが由来になっているから。

陰陽五行説とは、古代中国の「木、火、土、金、水の五つの要素が、この世のものすべての根源である」という説です。

五行の色は、それぞれの自然の色の特徴を表しています。

五行の色の意味
・赤 ⇒ 炎をあらわす「火行」
・青 ⇒ 木をあらわす「木行」
・黄 ⇒ 大地をあらわす「土行」
・白 ⇒ 大地に埋まる金属をあらわす「金行」
・黒(紫) ⇒ 命をあらわす「水行」

黒は最も高貴な色とされてきました。

ただ、黒はお祝い向きではないとして、今では紫の短冊が一般的です。

 

 

ちなみに、七夕が終わった後の短冊の処分方法ってどうしていますか?
「神様に届ける願い事」なので、実はきちんとした処分方法があったんです。
詳しくはこちらの記事で紹介しています。

あとがき

いかがでしたか?

小さい頃は「織姫さまと彦星さま、毎日会えないなんて可哀そう」と思っていましたが、大人になって物語を改めて聞くと、「恋に浮かれて遊びほうけてたからか…自業自得?」と思ってしまいました。笑

時の流れって残酷…(=∇=

 

ではみなさま、ステキな七夕の夜をお過ごしください☆彡

おすすめの記事