こんにちはyacchiです。

 

男の子が生まれた家庭は、初節句という行事があります。

赤ちゃんの行事って一歳までに知らないだけでたくさんあります。

お宮参りや百日祝い・・・。

初節句もその一つです。

 

そもそも、初節句はいつやるのがいいのか?

初節句って何をすればいいのか?

端午の節句のお祝いの仕方と内祝いなどのマナー

どこで何をするのか?誰を呼べばよいのか?などなどお話していきたいと思います。

男の初節句はいつがベスト?

初節句とは?

初節句とは、子供が生まれてから始めにする節句の事です。

赤ちゃんの健やかな成長や健康を祝うと共に

厄払いや厄除けを願う行事です。

男の子は5月5日にお祝いをします。

初節句は、産まれて初めての5月5日にお祝いするのが一般的です。

 

といっても、4月後半や5月頭に産まれたお子様は中々すぐには難しいのもありますので、お子様が生まれたタイミングによって翌年に持ち越しする家庭もあります。

 

色々落ち着いた翌年にあえて初節句をする家庭も多いようです。

一方、新年度から間もない時期でもあるので、親の環境が変化するときでもありますので

(転勤や引越しなど)そんな理由で翌年にする方もいらっしゃいます。

 

また、お宮参りやお食い初めが済むまでは、初節句を行わないという考えもあるようです。

必ずしも、産まれてすぐの5月5日にお祝いしなくても日程に合わせて、落ち着いた環境で余裕がある状態でお祝いしたほうが良いですね。

 

 

端午の節句のお祝いの仕方と内祝い

昔は、端午の節句には鯉のぼりを掲げて、武者人形や兜などを飾って

ちまきや赤飯、柏餅を食べる風習があります。

最近は風習どおりにしている家庭もすくなく個人情報の関係やマンション世帯も増えたため鯉のぼりをベランダに飾る家庭もへってきました。

 

 

お祝いの仕方

お祝いの仕方は地域や、各家庭によって様々です。

最近では、

☆鯉のぼりや兜を飾る

☆ちまきや柏餅を食べる

といったのが多いようです。

おうちによっては、親戚の方がお祝いの品やお祝い金を準備したり、金太郎の衣装や着物の衣装をきたりして写真撮影をしたりする家庭もおおいです。

 

 

端午の節句は誰を呼ぶ?

昔の風習としては、当方の両親や祖父母、親戚、出産祝いを頂いた方をお招きしてお祝いのご飯でおもてなししてお祝いするのが初節句でした。

親族をお招きして、子供の成長をお知らせお祝いすることができる機会として設けられていました。

ただ、今は親戚が遠かったりする家庭も多いので両家の両親と祖父母だけでお祝いするのが多くなってきました。

 

 

初節句をする場所は?

お祝いのご飯を家で作って自宅で囲む場合もあれば、お店ですます場合もあります。

「店が気楽で良い」と思われるなら家族で話あっても良いかもしれません。

もし、お店でされる場合はご主人が伝えるようにしましょう。

 

 

初節句の内祝いのマナーと方法

初節句の際に一番注意したいのが、お祝いを頂いた場合のお返しとお礼です。

一般的に、料理を振舞うことがお祝いのお返しにあたります。

ただ、お祝いを頂いたけど、予定があわないなどで

これなかった方や、遠方で難しい方は「内祝い」として

頂いた金額の半分にあたいするお祝いの品物で返しましょう。

 

 

内祝いはいつ渡すのがベスト?

まずは、頂いた半分の額のお祝い返しの品物を用意します。

お返しの際は、

紅白の水引で蝶結びの熨斗紙

☆上段に「内祝い」

下段に子供の名前を書きます。

5月中には相手の方に届くように手配いたします。

 

 

赤ちゃんの服装は?

主役の赤ちゃんには普段の衣装でも良いのですが、

いつもと違った衣装を着せてあげると雰囲気もでて

写真でも残るのでおすすめです。

可愛いおすすめの衣装

☆金太郎の衣装

この時期にしかきられない衣装なのでとっても可愛いです。

フェルトなどでも手作りできるので、こちらはおすすめです。

THE男の子って感じでよいですよね☆

 

 

☆陣羽織

陣羽織は鯉のぼりを買うときに一緒に購入する家庭もあるのではないでしょうか?

我が家では、鯉のぼりと一緒に飾っています。

この陣羽織はさらっときられるのでイヤイヤする赤ちゃんでもこれならさらっと着れるのでオススメです。

着物は難しいけど、雰囲気だけでもというママさんがいたら是非!!

下の服は自由にできますので、白のロンパースまたはオムツだけで羽織るのも可愛いです。

 

 

☆兜

 

先ほど紹介した衣装のほかにこんな可愛い兜もあります。

昔、新聞紙で折った事があるかたもいるんじゃないでしょうか?

100均のフェルトなどでも作れるで、手作りが得意なかたはオリジナルのカブトを作ってみてはいかがでしょうか?

お料理や衣装が用意できた方は是非写真に残しましょう☆

 

 

思い出をアルバムに残そう

赤ちゃんにとって、一生に一度のイベントなので是非、写真をとってお祝しましょう。

スタジオの写真館で記念撮影するのも良いでしょう☆

たまに、スタジオで端午の節句のキャンペーンなどいている所があるので是非活用してみてください。

思い出に残る初節句にしよう

赤ちゃんにとっては初節句は一生に一度だけになります。

双方の親御さんもかわいい孫のすこやかな成長を一緒にお祝いできたら尚、嬉しいかと思います。

端午の節句はGW中なので、早めに予定など聞いて事前に準備しておくことがオススメです。

しっかり、準備して赤ちゃんとの素敵な初節句を迎えましょう☆

おすすめの記事