お宮参りとは、赤ちゃんが生まれた生後1ヶ月の頃に、近くの神社にお参りをして

赤ちゃんが無事に生まれた報告と健やかなる成長を祈願する行事のことです。

以前は、出生地や住んでいる地域の神社に行くものだとされていましたが

近年では、そこに特にこだわる必要性がなく、どこの神社に参拝してもよいとされています。

 

一般的には、男の子は生後31日または30日、女の子は生後33日または31日に

参拝するのが昔からの習わしですが、これはあくまでも目安ですので

無理をして、絶対にこの日に行わなければいけないというわけではありません。

近年では、赤ちゃんとお母さんの体調や天候や季節、そして参列する親族の予定をみながら

一番よい日程を決めるご家庭が大変多いようです。

 

お宮参りは、以前は赤ちゃんとお父さん、お父さん方の祖父母で参加する風習がありましたが

近年では、お父さんとお母さん、両家の祖父母が参列する家族の行事に定着しつつあります。

そのため、実家が遠いなど遠方からの参加になる場合などは

お食い初め(100日祝い)と同時に開催するというご家庭もとても多いのです。

 

そして、お宮参りで神社にお参りをした後に、お祝いをかねて親族でお祝いの食事会を

開催される方も非常に多いですよね。

ですけど、生後1ヶ月頃の赤ちゃんを連れて食事に行くということは、なかなか大変なものです。

それに、生後1ヶ月頃…ということで、産後のお母さんの体調にも十分な配慮が必要になってきます。

 

そういうところから、必ず食事会を開かなくてはいけないものなのか?と考えちゃいますよね。

 

今回は、お宮参りの食事会について

・そもそも食事会は必要なのか?

・外食がいいのか?

・自宅でもいいのか?

・予算はどのくらいなのか?

などについて、詳しくご紹介していきます。

 

 

お宮参りについてのアレコレはこちらの記事をチェック!

結論:お宮参り後の食事会は必ずしも行う必要性はありません。

ですが、両家の祖父母をご招待して一緒に神社へお参りをするケースが多いので

(お宮参りは午前中に行うことが多いので)

その流れで、神社参拝の後に昼食を兼ねた食事会を開催するご家庭が非常に多いようです。

特に、両家の祖父母や親戚がお宮参りに参加する場合は、食事会を行うということで

リラックスをしたムードで親族みんなで歓談ができたり、赤ちゃんとの時間をゆっくりと過ごせたりなど

たくさんのメリットがあります。

 

それに最近では、「お宮参りプラン」を用意しているレストランと提携した写真スタジオや

ホテルのレストランも増えていて、みんなで記念写真を撮ったり、思い出に残るプレゼントがあったり

といったサービスが特典としてついているところも非常に多くあります。

 

しかし、まだ生後1ヶ月頃ということもあり、赤ちゃんやお母さんの体調が万全ではないケースも多々あります。

長時間の外出が負担となってしまうようでしたら、神社で解散にしても特に問題はありません。

あらかじめ、お宮参りの後は食事会をしないということを祖父母に伝えておく

当日角がたたなくて済みますよね。

お宮参り後の食事会は、余裕があれば行うという気持ちで臨むといいですよね。

 

 

お宮参り後の食事会の注意点!

赤ちゃんとお母さんの体調に十分に配慮する

生後1ヶ月頃ということもあり、赤ちゃんやお母さんの体調が万全ではないというケースもあります。

そういうことから、赤ちゃんとお母さんの体調を最優先にして決めてあげるといいでしょう。

体調が万全ではないのに、無理をしてお祝いの席を設ける必要は全くありませんよ。

 

長時間の外出は絶対にしない

生後1ヶ月頃ということもあり、この時期の赤ちゃんはまだ首もすわっていません。

ですので、長時間の外出は絶対に避けるべきものなのです。

真夏や真冬の暑さや寒さの万全な対策が必要なのはもちろんのことですけど

外の空気や多くの人との接触は極力避けるようにしてあげるといいでしょう。

 

 

お宮参り後の食事会は外食がいい?自宅でもいいの?

お宮参り後に食事会を開催する場合に、どこで開催をしたらいいのか?ということに

非常に悩んでしまうことかと思います。

赤ちゃんやお母さんの体調のことを考えて、自宅でケータリングをするなどして

簡単に済ませたいと考える人も非常に多くいてます。

 

一般的に、お宮参り後の食事会は外食しても自宅でしてもどちらでも大丈夫です。

特に決まりはありません。

それぞれの良さを比べながら、自分たちにあったスタイルを選ぶようにするといいですよね。

 

お宮参り後の食事会は、レストランなどを利用した方がいいのか?自宅でケータリングをするなどして

簡単に済ませた方がいいのか?とても迷ってしまいますよね。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

 

お宮参り後の食事会を外食する場合

お宮参り後の食事会を外食する場合は、事前準備や後片付けなどの手間がかからないので

お母さんも気楽に豪華な食事を楽しむことができるかもしれませんね。

それに、お母さんにとっては久しぶりの外食になるので、とても気分転換にもなりますよね。

 

しかし、赤ちゃんが泣いてしまったりや授乳が必要だったりと大変なことも多いので

お母さんと赤ちゃんが、ゆっくりとくつろげるお店選びをするのがいいかもしれません。

 

 

なによりも赤ちゃんを優先して!(お店は近場で)

お宮参りは、まだ12回しか外出の経験がない赤ちゃんにとって初めてのビッグイベントということになります。

生まれてからずっとお家の中で生活してきた赤ちゃんなので、ほぼ外の空気に触れることがありませんでした。

ですので、そんな赤ちゃんにとって外に出てのお宮参り+食事会の数時間というものは

とてもしんどくて疲れるものだということを、最初に理解しておいてください。

 

まだ生後1ヶ月頃ですので、この時期の赤ちゃんの外出時間はできれば30分、長くても1時間に留めておくのがいいのです。

ですが、お宮参りの後に食事会に行くとなると、上記以上の時間がかかってしまいます。

赤ちゃんの体調は大丈夫かどうか?疲れすぎていないかどうか?の確認を、きちんと行った上で行動するのがいいでしょう。

 

赤ちゃんの体力を考えて、外出時間を短くするっていう意味でも、お店は遠いところを選ばずに

お宮参りを済ませた神社の近く、もしくは自宅周辺にあるお店を選ぶことをオススメします。

 

 

外食をするなら予約は必須

当たり前ですが、大勢でのあらたまった席での食事会になりますので予約は必須になります。

あと予約をする時に、「お宮参りのあとのお祝いの会食であります。」ということを

事前にレストランへ伝えておくと、メニューに配慮してくれたりいろいろな面で配慮してくれたりするケースがありますよ。

 

 

和室(お座敷)、個室を予約する

自宅以外で食事会をする場合は、禁煙室であることはもちろんのことですが

和室(お座敷)でしたら、赤ちゃんを寝かせておくことができます。

個室であれば、周囲の目を気にせずに授乳やオムツ替えなどもスムーズにおこなえるのでよりベターですよね。

 

それに、赤ちゃんが泣いたりした場合でも周囲のお客さんに迷惑をかけることがありません。

また個室であったら、周りを気にせずに気軽に写真を撮ったりすることもできるのでよりよいですよね。

 

 

授乳室やおむつ交換が可能な設備のある店も視野に入れる

レストランやお店を探す時に、授乳室やおむつ交換が可能な設備のあるお店ですと

落ち着いて過ごすことができて心強いですよね。

何よりも赤ちゃん連れにやさしいお店を探すことがポイントです。

 

 

外食のメリット・デメリット

外食のメリットというのは、なんといっても食事の用意をしなくてよいことです。

これ本当に助かりますよね!

生まれたばっかりの赤ちゃんを抱えて、朝・昼・晩と3度の食事の支度をするのは本当にとても大変なことです。

ましてや、親族みんなで食事会ということになると、いつも以上に食事の用意をしなければいけないので

費用面でも時間の面での負担も相当大きなものになりますよね。

 

その反面で、外食のデメリットというのは、やはり費用面での負担がかなり大きくなるということではないでしょうか。

あとは、座敷のある個室を探すのに手間がかかるということ。

座敷のある個室を予約できれば、そこに赤ちゃんを寝かせたり、その場で授乳やおむつ替えも手軽にしたりすることができます。

ですけど、普通のテーブルの座席では、赤ちゃんを寝かすことはもちろんできませんし

周囲の他のお客さんの様子を常にみながら気を遣わないといけません。

授乳をその場ですることも、おむつ替えをその場ですることもできません。

ですので、せっかくの楽しい歓談の場であってもお母さんは心休まることができませんよね。

 

では、箇条書きで外食のメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

《メリット

・お宮参りの後すぐに待たずに食事ができる

・事前準備・配膳・後片づけなどの手間がかからない

・久しぶりの外食ができ、記念日ならではの特別感を味わうことができる

・座敷の個室であれば、赤ちゃんを寝かしておける

・座敷の個室であれば、授乳やおむつ替えが手軽に気楽にできる

・座敷の個室であれば、記念写真を周囲の目を気にせずに撮れる

 

《デメリット》

・たくさんの人数で食事会をするので、費用の負担が大きくなる

・お店によっては、授乳やおむつ替えや着替えがやりにくい

・個室でなかった場合ですと、周囲の目が気になってしまう

・テーブル席だと、赤ちゃんを寝かしておける場所がない

 

 

予算はどのくらい?

お宮参り後の食事会の予算は、ランチでしたら、1人あたり3,000円~5,000円くらい

ディナーでしたら、1人あたり5,000~10,000円くらいが一般的です。

 

ですが、食事をする場所やプランによって差がでてきますので、家族と相談しながら決めるようにするといいでしょう。

レストランによっては、記念写真撮影がセットになっている「お宮参りプラン」などもあるところも多くありますので

ランチでも5,000円~10,000円くらいとなるところも多いようです。

 

 

お宮参り後の食事会を自宅でする場合

お宮参り後の食事会を自宅で行う場合は、自宅ということで赤ちゃんもお母さんも体調を優先しながら

自分たちのペースでゆっくりと食事を楽しめますよね。

好きなタイミングで授乳やおむつ替えができるので安心ですし、赤ちゃんの生活リズムをくずす心配もなくて落ち着きますよね。

 

しかし、その反面でお宮参りのあとに自宅に戻ってから手料理をふるまうということは非常に大変なことです。

ですので、食事は出前やテイクアウトなどをうまく利用して、なるべく手間を省くようにするといいかもしれませんね。

 

 

自宅で食べるメリット・デメリット

自宅で食べるメリットは、赤ちゃんもお母さんもなんといっても落ち着いて食事ができるということです。

赤ちゃんにとっても安心する自宅ですと、食事会の間にずっと寝なれたお気に入りのお布団で

おねんねすることができますし、その間大人も安心して食事を楽しむことができますよね。

 

ですが、自宅で食事会をするとなると、それ相当の準備が必要になってきます。

家中の掃除はもちろんのことですが、生後1ヶ月頃の赤ちゃんを抱えて

出席者全員分の食事の支度をするのは、とても大変なことです。

そして、人数が多ければ多いほど後片づけも大変になります。

 

ですので、出前やケータリングを上手く利用するのもいいかもしれませんね。

 

では、箇条書きで自宅で食事会をするメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

《メリット》

・自宅なので、なによりも落ち着く

・授乳・オムツ替え・お着替えなどが好きなタイミングでできる

・周囲の目を気にせずに、ゆっくりとリラックスができる

・滞在時間などの約束がないので時間を気にしなくてもよい

 

《デメリット》

・事前の準備(掃除や料理の下ごしらえなど)が大変

・食事の最中や食後の飲み物の手配が大変

・必要以外の時間も共有しなければいけない

 

 

自宅で食事会をする場合のオススメなメニュー

自宅で食事会を開催するとなれば、食事会のメニューを考えなくてはいけません。

お祝いごとの食事会ということなので、食材に縁起物を取り入れるといいでしょう。

 

お祝いということで、定番のメニューの赤飯や、「めでたい」といわれる鯛メニュー

あとは、曲がった腰から長寿を表すと言われている海老などの縁起物の食材を使ったメニュー

などを準備することが非常に多いです。

和風懐石料理店などでは、お宮参り用の仕出し懐石を作ってくれるお店もあるので

そちらで宅配の利用をするのもいいかもしれませんね。

 

 では、簡単に美味しくいただけるメニューをご紹介していきます。

 

 

赤飯

お祝いの時の定番料理と言えばコレ!

昔ながらの慣習から、赤飯を用意するご家庭も非常に多いことかと思います。

お宮参りも慶事とされていますので、お宮参り後の食事会で赤飯は食卓に並べるのにも

ふさわしいメニューだということです。

前日にある程度の調理をしておけば、当日お宮参りの後で疲れていたとしても

そんなに準備に手間がかかりませんので、一番オススメの一品になります。

 

ただし、この赤飯がメイン料理にはなりませんので、これに合ったおかずを数品作らなければいけません。

 

 

紅白おこわ

赤飯と同様に、おこわもお祝いの席にふさわしい料理と言われています。

紅白のおこわにすれば、彩りも大変鮮やかで見映えもいいですし、なにより縁起の良い色合いとして喜ばれます。

お祝いの席に、とてもマッチングしたメニューのひとつですよね。

 

 

ちらし寿司

ちらし寿司、こちらも定番中の定番メニューではないでしょうか。

お寿司自体が縁起物のメニューでもありますし、それに花を巻き散らせたように

さまざまな具材で彩りをプラスしたのがちらし寿司です。

 

ちらし寿司は、それひとつでメインディッシュになりますし、見た目も食べても美味しいですし

お祝い事にはかかせないメニューのひとつになっています。

そして、酢飯を用意して、その上に色とりどりの具材をトッピングするだけですので

作るのも簡単ですので、非常にオススメです。

 

ちらし寿司の他に、汁物も合わせて出すとそれだけで豪華なメニューになるのも嬉しいですよね。

 

 

いなり寿司

関西の方では、よく縁起物の食べ物としていなり寿司を用意するご家庭も多いようです。

神の化身と言われている「キツネ」を連想させる見た目からも、いなり寿司は縁起物の食べ物として人気があるようです。

このいなり寿司に、汁物と香の物、そして煮物などを合わせて用意するといいかもしれませんね。

 

 

鯛(たい)料理

昔から「めでたい」時には、鯛(たい)料理がつきものだと言われていますよね。

鯛は、尾も頭も付いた状態で食べると縁起が良いとされているのは、とても有名な話ですよね。

刺身で食べてもいいですし、鯛一尾を丸ごと使用した、塩焼きや煮付け料理などを用意するご家庭が

非常に多いようです。

 

 

海老(えび)料理

鯛と併せて、お宮参り後の食事会でもっとも喜ばれるのは、海老料理です。

海老は、腰が曲がっていることから「長寿(ちょうじゅ)」を意味する具材でもありますので

昔からお祝いの席では多く用いられてきました。

赤ちゃんの長寿を祝うと共に、親族みんなにも健康で長生きしてもらいたいなどの意味を込めることができますので

とても縁起の良い食材だと言われています。

 

 

予算はどのくらい?

お宮参りが終わった後に、自宅に戻り急いで料理を作るのはとても負担が大きくてしんどいものです。

ですので、料理をテイクアウトしたり、出前や仕出し弁当の宅配を利用したりすることをオススメします。

この場合の費用は、2,000円~5,000円くらいになりますので、外食するよりも手ごろだというのも嬉しいですよね。

 

外食よりも安くで済むので、少し奮発して豪華な仕出し弁当をとってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本としては、お宮参り後の食事会で一番に大切なことは、赤ちゃんとお母さんが無理なく楽しめること!です。

 

両家のおじいちゃんやおばあちゃんをご招待する場合ですと、食事会にもついつい気合いが入るものですよね。

ですが、まだまだ生後1ヶ月なんです。

お母さんは、きっと慣れない子育てに寝不足でしょうし、産後すぐということで身体も万全ではないはずです。

豪華な食事に意識を集中させるのではなくて、なによりも親族みんなでの歓談を赤ちゃんもお母さんも十分に楽しめること!

これにプラスして、外食する場合ですと移動のしやすさや赤ちゃんのお世話のしやすさなどを重点的に考慮して

無理のない食事会にできるといいですよね。

 

赤ちゃんの生後初の大きな行事であるお宮参り。

無事に生まれてきたことを感謝しつつ、健やかなる成長を願い、親族みんなでお祝いの席を楽しみたいものです。

赤ちゃんを囲んでゆっくりと過ごせるように、食事会ではさまざまなことに配慮する必要があります。

 

産後まもない大変な時期ではありますが、お母さんやお父さんだけではなくて、両家のおばあちゃんやおじいちゃんにとっても

とっても楽しみにしている行事のひとつなんです。

お宮参りで神社に参拝をするときは、どうしても緊張してガチガチになってしまいがちですが

その後の食事会では、落ち着いてゆったりとした時間を過ごすことができます。

赤ちゃんを囲んでみんなで楽しく歓談をしたり、みんなで記念写真を撮ったり

そして、赤ちゃんを交代で抱っこしたりして、とっても楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

だからといって、赤ちゃんやお母さんの体調が万全ではない時は、無理に食事会を開催する必要はありません。

食事会よりも大切なことは、赤ちゃんやお母さんの健康ですので、お宮参り後の赤ちゃんの様子を見ながら

その後の食事会をどうするか?を決めてもいいと思います。

当日に決めるのはちょっと・・・ということであれば、別日に食事会だけの日を設定するのもいいかもしれませんね。

 

カワイイ赤ちゃんの健やかなる成長を願いながら、美味しい食事を囲んで

家族や親族みんなの素敵な思い出をいっぱい残せるといいですね♪

おすすめの記事