こんにちは。2歳の女の子ママのASAKOです!

 

赤ちゃんってほんとーーーーに、鼻づまりになりやすいですよね。

うちの子は、私が鼻炎&花粉症&アレルギーもちなので、ばっちり遺伝子を継いでしまってよく鼻づまりをおこしています…><

保育園のでも、冬が近づいてくるとみんな鼻ずびずびで、お鼻まわりがカピカピになっている子もよく見かけます^^;

今回は、そんな鼻づまりに絶対おすすめの吸引アイテムをご紹介します!

赤ちゃんは鼻づまりになりやすい

元々、赤ちゃんは大人よりも鼻腔が小さく、鼻が詰まりやすいです。

また、赤ちゃんには鼻毛がないため、鼻の中を守ってくれるものがなく、敏感で少しの刺激でも鼻水が出るようになっています。

だいたい、生後1~2か月頃から鼻づまりがおこります。

夏は鼻づまりもあまり起こりませんが、冬になって風邪をひいたりすると…冬中ずっと鼻をずびずびいわせてる…なんて子も少なくありません。

とくに保育園に通いはじめると、集団生活の中で色々ウイルスをもらってくるので、かなりの頻度で耳鼻科通いがはじまります…。

私は子供を1歳で保育園に通わせましたが、その年の冬は週1で耳鼻科に通っていました。

吸引アイテムは使ったほうがいい?

引用元:mamanoko

経験から言って、吸引アイテムは絶対使ったほうがオススメです!

生後1か月ころからはじまる鼻詰まり。とくに冬は風邪をひいたり、色んなウイルスに感染して黄色い鼻水を垂らしています…。

そんなとき、鼻づまりをおこしたら即座に吸引アイテムで吸ってください。

鼻水が耳や口に行く前にストップできるので、鼻水をこまめに吸ってあげると中耳炎になる可能性が6割減少するということが研究で分かっているのです。

吸引アイテムが重要というのはもう間違いありません!

耳鼻科に通う時間とお金もはぶけます。冬の耳鼻科ってすごく混むんですよね…。

あと、耳鼻科に行って、他の人の風邪をうつされたりすることもあるので冬の病院はあまりいきたくないのも本音。

おすすめの吸引アイテム

吸引アイテムの購入の時に、ネットで色々調べて私が迷ったのが、「手動」「電動」か。

 

結論から言うと、「電動」のほうが絶対いい!と感じました。

 

手動タイプ

お手軽価格で1000円前後で売っているものが多く、最初は手動タイプを使っていましたが、全然とれない!!

とくに生後1か月ころの赤ちゃんは鼻が小さいので吸引グッズのノズルが入らないものが多いです。
2・3個違うものを買いましたが全て入らなく、鼻の入り口あたりを吸引するだけでした。そんなもので鼻水がすっきりとれるわけがない。
数分後にはズビズビいってました。

生後3か月になってしっかり入るようになっても、鼻の手前はなんとか取れても、奥がとれないようで、やはり数分後にはズビズビ…。

やはり吸引力にどうしても限界があるようです。

手動タイプでは、ママが口で吸いこむタイプもありますが、あれは絶対にやめたほうがいいです!

赤ちゃんの鼻水は95%がウイルス性のものなので感染してしまう可能性が高いです。

電動タイプ

吸引力も高く、鼻に入れるノズルも色々なタイプがついているものも多いので、生後1か月の赤ちゃんから大人まで使えるのが魅力。

吸引力も調節できるので、赤ちゃんは弱く・大人は強くと使い分けも可能。実際、うちは鼻炎もちの私も使っています。

お手入れも使い方もわりと簡単ですので、鼻づまりに悩んでいる方にはぜひオススメしたい。

ただ、一番のネックは「値段」なんですよね…。

だいたい、1万円前後するのでカンタンには購入に踏み切れない…。

ただ、考えてみてください!

子供はすぐに風邪をひきます。鼻水を放置していたらすぐに中耳炎になって悪化して、風邪も長引くは耳鼻科にも何度も通わないといけなくなるわで大変です。
吸引力の高い吸引機で鼻水をこまめに吸ってあげることで、うちは冬になると月に3~4回通っていた耳鼻科が、月に1回に減りました!

1万円で耳鼻科通いの時間を買うと思えば安いものです。

しかも、ながーい間使えるのでコストパフォーマンスは絶対いいと思います。

吸引アイテムの使い方

乾燥した鼻水はかぴかぴになっているので吸いにくいです。

おすすめはお風呂に入ったあと、鼻水が柔らかくなった状態で吸引するとすっきりとれます。

日中、お風呂がムリな場合は蒸しタオルを数分、鼻にあてたあとに吸引してあげてください。
水に濡らしたタオルを30秒ほどチンすれば蒸しタオルの出来上がりです。

吸引するときは、吸い口を奥まで入れすぎると、刺激されて鼻血が出てしまったりするので注意が必要です。

また、強い圧で長時間吸引を続けると、耳の痛みにつながる危険性があります。

鼻の中はとっても複雑で細く、デリケートな場所です。ムリな吸引をすると、粘膜を傷つけてしまい、そこからばい菌が入って病気になってしまう可能性もあるので十分に気をつけて吸引してください。

子供がいやがって暴れる場合は?

赤ちゃんが嫌がって暴れる場合は、しっかり顔を固定して吸引してください。

私の場合、嫌がって暴れたら馬乗りになって、私のふとももで顔を挟んで固定しています。笑

可哀そうだからと顔を固定せずに吸引すると、鼻の奥を傷つけてしまう場合があります。

鼻血をだすことになったらそのほうが可哀そうなので、優しく声かけしてあげながらしっかり顔を固定して傷つけないようにしてあげてください。

うちの子は、最初は大泣きしながら暴れていましたが、吸引したあとはスッキリすると2歳頃わかったのか、今では大人しくしていますよ。

最近は自分で自分の鼻水を吸引して、吸った鼻水を見て喜んでいます。笑

吸引アイテムを使う時の注意

便利な吸引アイテムですが、注意しておかねばならないことが1点あります!

ズバリ!「こまめな消毒」

電動のものは特にメンテナンスが必要です。鼻水を吸った後はしっかりと洗浄、消毒をする必要があります。

鼻水を吸ったまま放置しておくと、カビが発生しますし、ウイルスや細菌が増殖してしまう可能性もあります。

使ったあとは熱湯消毒、または消毒液に漬けて毎回キチンと消毒してください。

まとめ

  • 耳鼻科通いの時間とお金を考えると吸引グッズは絶対必要!
  • 吸引アイテムでおすすめは「電動」タイプ。
  • しっかり顔を固定して使用。
  • こまめな消毒を忘れずに。

赤ちゃんの鼻づまりの対処法についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。「赤ちゃんが鼻づまりで寝れない!原因と解消方法について」

 

おすすめの記事