男の子の赤ちゃんの髪型って、ママにとってはイマイチよくわからないものですよね。

 

・どんな髪型にしたらいいのか?

・どんな髪型が似合うのか?

・いやいや、そもそも薄毛ちゃんなのに似合う髪型なんてあるのか?

・いやいや、それよりもそんなに何パターンもの髪型があるものなのか?

 

などなど、カワイイ我が子をよりカワイイく(カッコよく)したいけど

どうしたらいいものなのか?わからないママも、非常に多いのではないでしょうか?

 

うちの上の子は、産まれた時からかなり毛量が多かったので

髪型をどんな感じにするか?というよりかは、伸びてきてモッサリとなった毛量を

いかに少なくみえるような髪型にするか?をテーマにカットしていました( *´艸`)

 

ここでは、男の子の赤ちゃんに似合う髪形、カワイイくて

そして、カッコいい髪型をご紹介していきます。

ぜひぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

赤ちゃんの初めてのカットの時期はいつがいい?

産まれた時から赤ちゃんの髪の毛の量や伸びるスピードには、大きく個人差があります。

 

男の子の赤ちゃんの場合、前髪が目にかかるようになった頃に

初めてカットするという方が非常に多いようです。

ですので、初めてのカットの時期は0歳~1歳前後が非常に多いようです。

 

髪の毛が目に入ってしまうと、髪の毛に付いていた雑菌によって目に異物が入ったり

目がはれてしまったりと目の病気になる可能性もありますので

前髪の長さを基準にして、カットの時期を決めてあげるのがいいかもしれませんね。

髪の量が増えたり生えたりしていなくても、長さが出てきたらカットしてあげるのがいいですよね。

 

赤ちゃんの髪の毛をカットするときは、皆さんどうされていますか?

ママやパパがお家でカットしますか?

それとも、美容院へ行ってカットしてもらいますか?

 

美容院へ行くときは、赤ちゃん向けのカットを行っているところを選ぶのをオススメします。

見慣れない行ったことがない美容院は、赤ちゃんにとっては緊張してしまう場所かもしれないので

戸惑って泣いて暴れてしまって、カットできないケースも考えられます。

 

ですが、赤ちゃん向けのカットを行っている美容院ですと

DVDやCDや絵本、赤ちゃん用のおもちゃも用意されているので

スムーズにカットできる環境が整っています。

あとは、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃを持っていくのもオススメです

 

 

男の子の赤ちゃんの髪の毛の特徴ってあるの?

外の刺激から身体を守るために、生まれたばかりの赤ちゃんの全身には

うっすらと産毛(うぶげ)が生えています。

実は、頭の毛も生まれたばかりは産毛なんですよ。

そして、皮膚が丈夫になってくる生後3ヶ月頃から、大人と一緒の頭髪へと生え変わっていきます。

 

頭髪へと生え変わった頃から、髪質が少しずつ変化していきます。

大きく個人差はありますが、1歳前後でしっかりとした髪の毛に生え変わっていきます。

 

うちの上の子も、生まれた時から毛量が多かったこともあってか

髪の毛がいつも逆立っていました。

髪の毛が伸びてきても、いっこうに変わらない逆立った髪の毛…。

このまま、ずっとモヒカン状態だったらどうしようか?と結構真剣に悩んでいましたが

3歳をすぎた辺りからは、髪質が変わったのか?髪が硬くなり逆立った髪の毛も

引力に逆らうことなく降りてきて、普通の髪型になりました(笑)

 

実は、髪の毛の量や太さや硬さ、そして色などは遺伝すると言われています。

成長するとともに、ママやパパのどちらかに似てくるといわれているのです。

 

うちも、上の子(男の子)は主人と一緒で硬くて量の多い髪の毛ですし

下の子(女の子)は、私と一緒で柔らかくてブラウンがかった髪の毛です。

下の子と初めて一緒に美容室にカットに行った時に、美容師さんに「つむじの位置まで一緒ですね(笑)」

と言われました(笑)

 

ですが、髪の毛の生えるスピードには大きく個人差がありますので

「うちの子は、なかなか髪の毛が増えてこない…。」と不安になるママやパパもいるかもしれません。

ですけど、成長とともに徐々に増えてきて、しっかりとした大人と同じ髪の毛に成長していきますので

過剰な心配はいらないものですよ。

 

 

男の子の赤ちゃんの髪型のバリエーションは?

男の子の赤ちゃんの髪型って、「短くてさっぱりとしたカット!」という方が非常に多いと思います。

うちの上の子も、中学生になった今でも「短くてさっぱりとしたカット!」を基本としています(笑)

 

ですが、男の子の赤ちゃんといえども髪型にはいろいろなバリエーションがあります。

そして、髪型によって印象がガラッと変わるものなんです。

 

保育園や幼稚園、そして小学生になると、あんまりやんちゃな冒険した髪型にはできないものですし

(自我が芽生えるので、子どもが嫌がることもありますので)

赤ちゃんの間に、赤ちゃんのときにしかできない髪型をいろいろと試してみることをおススメします。

 

それでは、具体的にどの様な髪型があるのか?ご紹介していきます。

 

 

ナチュラルヘアー

ナチュラルヘアーとは、その名の通りスタイリングいらずのナチュラルな髪型のことです。

ようは、少し伸びてきた髪を軽くカットして髪型を整える感じのことです。

 

ソフトモヒカンヘアー

両サイドの髪の毛を短くして、トップの髪を少し長めに残す髪型のことです。

耳上や襟足からトップに向かって徐々に長さを残しているのが特徴です。

モヒカンよりもナチュラルに仕上げたいときに、このソフトモヒカンはオススメの髪型です。

 

両サイドの髪の毛を短くして、トップにボリュームをもたせたソフトモヒカンは

とってもオシャレで男の子に人気の髪型になっています。

自然とトップの髪の毛が逆立ってしまっていて、まとまりがつかない…。という赤ちゃんに

その特徴を生かすことができるスタイルなので、男の子らしさが一段とアップします。

 

あとは、人気サッカー選手もしている髪型ですので非常に人気もあります。

 

うちの上の子も、ずっと「ソフトモヒカン」な髪型でした。

オシャレでしていたというよりかは、朝起きると必ずトップの髪の毛が逆立っていたので

スタイリングなしで楽で似合う髪型が、このソフトモヒカンだけだったから…なんですけどね(笑)

 

お家でカットする場合は、最初に全体のラインをハサミでカットしていきます。

そして、両サイドはバリカンとハサミで形を整えながら少しずつカットしていくと上手く仕上がります。

 

一見クールでカッコイイ髪型ではありますが、赤ちゃんの柔らかい髪の毛だからこその

カワイイらしさも出るので、大変オススメな髪型ですよ。

 

刈り上げヘアー

刈り上げた部分を、しっかりとスキバサミですいていく髪型のことです。

角刈りの様な鋭い刈り上げではなくて、ナチュラルな仕上がりになるので赤ちゃんのカワイイらしさが出ます。

 

ツーブロックの頭頂部分や両サイドを、短くバリカンで刈り上げてしまうスタイルも

昔から男の子の赤ちゃんの髪型として、とても人気があります。

短くカットしているので、特に暑い夏にはおススメの髪型です。

 

ツーブロックヘアー

ツーブロックとは、頭頂部から耳の上ぐらいまでの髪を長めに残して、両サイドや襟足の部分を

ハサミやバリカンで短くした髪型のことです。

 

サッパリとしながらも、とてもオシャレに見えるので、近年男の子の赤ちゃんにとても人気がある髪型です。

 

大人の男性にもとても人気が高くて、プロスポーツ選手にもこの髪型をされている人が非常に多いですよね。

 

ツーブロックといっても、実はいろいろとアレンジがきく髪型なんです。

トップの長さを長めにすると、少しお兄ちゃんっぽくみえますし

逆に短めにすると、元気がいいやんちゃな男の子っぽくみえます。

 

あとは、残す短い髪の毛の幅などでもかなり印象が変わりますので

いろいろなアレンジを楽しむことができるのが嬉しいですよね。

 

アシンメトリーヘアー

その名の通り、左右非対称にする髪型のことです。

片側だけのサイドをハサミやバリカンで刈り上げて、もう片側の前髪を斜めにながしたり

長くしたりすると、とてもカッコよくオシャレ感がアップした仕上がりになります。

 

ラインヘアー

両サイドを刈り上げて、その部分にバリカンでラインをひく髪形のことです。

とても元気でやんちゃな男の子っぽくみえます。

 

市区町村のお祭りなどのときに、ラインヘアーを楽しんでいる男の子をよく見かけますよね。

 

前髪パッツンヘアー

今とても人気があるのは、前髪を思いっきり短くして(まゆ毛よりも2~3cm上くらい)

カットの仕方も、あえてランダムにしている髪型のことです。

 

毛量が少なめで毛質も柔らかい赤ちゃんは、全体的に動きのある髪型にすることで

非常にナチュラルな感じがでてきます。

 

キッズでも大人でも人気のある髪型ですが、赤ちゃんだからこそとてもカワイイく仕上がります。

 

ジグザグ感を出したいからといって、始めからジョキジョキとおもいっきり短くしてしまうと

あとあと取り返しがつかない仕上がりになってしまうこともあります。

素人がプランもなくランダムにカットしてしまうと、失敗することもあるので

ママがお家でカットするときの注意点としては、事前に長さやラインを考えてから

順序よくカットしていくようにしてくださいね。

 

ロングヘアー

髪型に文句を言わない今の時期にしかできない髪型は、なんといってもロングヘアーではないでしょうか?

女の子が欲しかったママさんや、カワイイわが子を変身させたいママさんの希望が叶うのは

この時期だけかもしれません。

 

毛先を、ハサミを使って少しシャギーを入れて軽くすることで

同じロングヘアーでも少し印象が変わります。

 

毛量の多い赤ちゃんですと、シャギーの分量を変えることによって

いろいろとアレンジができるのも嬉しいですよね。

 

クールなヘアーアレンジ

トップを長めにとって、両サイドを耳にかからないぐらいにしておく髪型も

上記のロングヘアーとは少し違った印象に仕上がりますよね。

 

トップの長い髪を、ななめや横に流したりオールバックにしたり…。

これらも全く違った印象になるので、いろいろとアレンジをして楽しんでください。

 

物心がついたり、保育園や幼稚園へ行きだすと周りのお友だちから

髪型についての話がでたりして、少なからず髪型を気になりだす赤ちゃんもいてるので

いろいろな髪型を試すなら、今がチャンスだと思って楽しんでくださいね( *´艸`)

 

男の子の髪の毛のカット手順

美容院へ行くのもいいけど、まだそんなに毛量も多くないし時間が取れないという場合では

お家でママやパパがカットしてあげるのもいいかもしれませんね。

見知らぬ場所へ行くということで、赤ちゃんが戸惑ってしまい

泣いて暴れて、結局カットできなかった…。というお話もよく聞くので

リラックスができるお家で、大好きなママやパパにカットしてもらう方が

定期的にカットできるかもしれませんね。

 

そんなママやパパも、手軽にできるカット手順をまとめましたので

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1.まず全体をどのような髪型にするか?プランを立てよう

赤ちゃんをじっと座らせる前に、どのような髪型にするのかを事前にある程度決めておきましょう。

素人が頭の中で考えてイメージするだけでは難しいので、インターネットや雑誌を見て

実際に紙に髪型を描くと、とてもイメージしやすいです。

 

2.髪を霧吹きなどでぬらしましょう

毛量が多い赤ちゃんは、霧吹きなどで髪を軽くぬらしてからカットすることをオススメします。

髪をぬらすことによって、乾いている髪より重みが出てくるので

カットした髪が飛び散ることを防ぐことができます。

 

ただ気を付けなければいけないことは、髪が乾くとぬれていた時よりも少し髪の長さが短くなりますので

それを予め想定してからカットしてくださいね。

 

まだ髪の毛が生えそろっていない赤ちゃんやくせ毛が強い赤ちゃんの場合は、髪がぬれた状態では

逆にカットしにくくなってしまうこともありますので、髪が乾いた状態でのカットをオススメします。

 

3.全体の長さを決めて、顔周りからカットしていきましょう

まず耳の周りをカットして、次に後ろの髪完成の状態よりは少し長めにハサミでカットしていきましょう。

そしてラストに、前髪を整えていきましょう。

 

毛量の少ない赤ちゃんの場合ですと、髪の毛先を軽く指でつまんで

そこから飛び出ている部分の髪のみをカットします。

 

髪の長さはそのままで、毛先に軽さを出してナチュラルな感じに仕上げたいときは

毛先を普通のハサミではなくて、スキバサミを使ってカットすると上手く仕上がります。

その場合、髪の毛の真ん中あたりからランダムに切っていっても大丈夫ですが

毛量の少ない赤ちゃんの場合は、ついついカットし過ぎになってしまうこともありますので

少しずつ慎重にカットしていくのがいいでしょう。

 

4.軽くしたい部分をカットしよう

毛量を少なくして軽くしたい部分があれば、その部分の髪を持ち上げてから、髪の毛の流れに平行に沿って

ハサミをランダムな間隔で入れてカットするとシャギーができます。

その時に、カットしたくない髪の毛はヘアピンでとめて固定して間違ってカットしないようにしてくださいね。

 

5.仕上げ

全体的なバランスを見て、長さがギザギザになっていたりしたら修正して仕上げましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こうして見てみると、男の子の赤ちゃんにもいろいろな髪型があるものですよね。

カワイイわが子に似合う髪型はどんな感じかな?など考えるのも子育ての楽しみのひとつでもありますよね。

 

赤ちゃんだからこそ似合う髪型や赤ちゃんである今しかできない髪型など

赤ちゃんでも男の子らしい髪型をいろいろと試してみるのも楽しいものですよね。

 

産毛をはじめ赤ちゃん特有の細くて柔らかい髪質は、この時期にしか生えてこないものです。

ナチュラルな髪型でもとってもカワイイですけど、せっかくなら男の子の赤ちゃんならではの髪型やヘアアレンジをして

お気に入りのヘアースタイルを見つけられるといいですね。

 

あとは、赤ちゃんの髪をカットしたりヘアレンジをしたりするときは、赤ちゃんの機嫌が良いときにして

機嫌が悪いときは無理をしないようにしてあげてくださいね。

 

おすすめの記事