赤ちゃんの髪の毛って、とっても柔らかくてふわふわしてますよね。

赤ちゃんの髪の毛の量が、多い方なのか?少ない方なのか?

はたまた、長い方なのか?短い方なのか?によって、見た目も全然変わってきますよね。

 

それに、ある一定の時期になってくると赤ちゃんの髪の毛が逆立ってくることもあります。

ブラシでどんなにとかしても、きちんとキレイにヘアセットをしても寝癖がついているというわけでもないのに、なぜか?逆立って思いもよらない髪型になってしまう…。

そんな経験ありませんか?

 

うちの上の子も、毎日びっくりするくらい髪の毛が逆立っていました。(笑)

 

まぁ、男の子でしたので、さほど気にはならなかったのですが、水で濡らしてキレイにブラシでとかしても、髪の毛が乾いてくるとまたピンっとピンっと逆立ってくるのが、とにかく不思議でしょうがなかったです。(笑)

 

今回は、そんな赤ちゃんの逆立った髪の毛についていろいろと調べてみました。

髪の毛が逆立つのには、いろいろな原因があると言われています。

 

逆立つ原因のひとつに、母乳(ミルク)に関係があるのかも?と聞くとビックリしますが実は、本当のところはどうなのか?すごく気になるところですよね~。

 

では、赤ちゃんの髪の毛が逆立ってしまう原因と、上手な対処方法についてご紹介していきます。

 

赤ちゃんの髪の毛が逆立つ原因とは?

実は、明確な原因というものは、ハッキリとはわかってはいないのです。

同じ両親から産まれた子どもでも、それぞれで性格や顔にも違いがありますよね。

全くすべてが同じにはならないはずです。

 

ですので、髪の毛の逆立ち具合も赤ちゃんそれぞれによって違うものなんです。

つまり、赤ちゃんの髪の毛が逆立つのは、その子の個性というものなのかもしれませんね。

 

ですが、いろいろと考えられる原因をまとめてみました。

 

 

赤ちゃんの髪質が原因?

赤ちゃんの髪の毛が逆立つ原因のひとつとして、赤ちゃんの髪質が関係しているとも言われています。

赤ちゃんの髪の毛は、非常に水分量が少なくて乾燥しがちです。

それに、髪の毛全体がとても柔らかくてふわふわとしています。

髪の毛1本1本が細く、とても軽いのも特徴です。

 

赤ちゃんの髪の毛の量が、非常に多かったりコシがあったりすると、毛先に重みがないので

逆立って見えやすいのかもしれませんね。

 

 

髪の毛の生える向きが関係して髪の毛が逆立つ?

髪の毛の生える向きは生まれつき決まっています。

最初から、髪の毛が上向きに生えている赤ちゃんは髪の毛が逆立って見えやすくなります。

髪の毛の根元が重く、横になっている状態で生えていると比較的髪の毛が落ち着いて見えます。

 

それに、成長するに連れて髪の毛が伸びてくると自然に落ち着いてくるので過度に心配しなくても大丈夫です。

 

 

静電気による影響が原因?

一番信憑性があるのが、静電気による影響ということが考えられています。

 

赤ちゃんの髪の毛は、1本1本が細くてとても柔らかいです。

ですので、赤ちゃんの髪の毛は、より静電気を受けやすくなっています。

 

赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりしていると、洋服でこすれることもあります。

それに、赤ちゃんはほとんど1日中お布団の上で寝ているのでその時に、頭や身体を動かすことによってお布団でこすれて静電気を発生させます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛は産毛と呼ばれるもので、産毛はコシがなく柔らかいという特徴があるために

静電気がおこりやすく、髪の毛が逆立ちやすくなります。

 

それにプラスして、赤ちゃんの髪の毛は、非常に水分量が少なくて乾燥しがちなので、より静電気を受け取ります。

 

お部屋が乾燥していると、静電気が発生しやすくなりますので、こまめにお部屋の湿度を調整してあげてください。

あとは、静電気の発生しにくい素材のお布団セットを使ったり、洋服を着せたりと工夫するといいでしょう。

 

 

直毛の赤ちゃんは逆立ちやすい?

やはりくるくると天然パーマな赤ちゃんの髪の毛よりも、直毛の赤ちゃんの方が逆立ちやすくなります。

成人すると、髪の毛1本1本に重みや長さが出てくるため垂れさがってくるのですが赤ちゃんの髪の毛は、1本1本が細くて柔らかくてふわふわと軽いので、垂れさがらずに逆立ってしまいます。

 

 

つむじの場所や数で髪の毛の流れが大きく変わるため

つむじの場所によっては、髪の毛が逆立ちやすい場合もあります。

つむじが複数あっても、それぞれの場所が離れていたり、髪の毛全ての流れが同じであれば逆立ちにくいかもしれません。

 

 

神経質な性格が原因?

これは、何の根拠もない間違いなんですが、耳にすることありますよね。

 

そもそも、髪の毛と性格との因果関係は何もないものです。

そうでなくても初めての育児に慣れずに、毎日バタバタしているのにこんな事を言われたら、凹んじゃいますよね…。

 

でも、絶対に気にしないようにしてくださいね。

髪の毛と性格との因果関係は、全く何もないものですよ。

 

 

髪の毛とアレルギーとの関係が原因?

こちらは、一理あるかもしれませんが、実はちゃんとした根拠はあまりありません。

 

母子のアレルギーの原因は、普段の食生活の影響を受けて出てくることもあります。

野菜や魚中心の食生活を基本としている分には、あまり問題はないのですが、脂分が多い肉などが食生活の基本になっていると、消化が悪くなるので食べ物が腸に滞在する時間が長くなってしまいます。

 

そうすることによって、アレルギーが出やすくなります。

 

ですが、髪の毛が逆立っているからといって、必ずアレルギー反応が出るというわけではありません。

完全母乳の赤ちゃんですと、ママの食生活の影響をちょっぴり受けてしまって髪の毛が逆立ちやすくなるかも?ということをよく耳にしますが、よほど偏った食生活でない限り特に問題もなく、科学的な根拠も全くないので、過度に心配する必要はありませんので大丈夫ですよ。

 

母乳が原因で髪の毛が逆立つことってあるの?

赤ちゃんの髪の毛が逆立つ原因のひとつに、母乳が原因ではないか?ということもよく耳にするかと思います、

しかし、これには科学的な根拠はあるのでしょうか?

順番に見ていきましょう。

 

 

母乳の質が悪いのが原因なの?

これこれ、昔からよく言われていることで「母乳の質が悪いと赤ちゃんの髪の毛が逆立つ」という所説がありますよね。

 

これは、母乳が出にくかったり、吸いにくい形の乳首だったりすると、赤ちゃんが頑張って吸おうとして力いっぱい力んでしまって、それが原因で髪の毛が逆立ってしまうということのようです。

 

ですが、完全母乳で育った赤ちゃんにも、完全ミルクで育った赤ちゃんにも、もちろん混合で育った赤ちゃんにも

髪の毛が逆立つ赤ちゃんはそれぞれでいてます。

 

うちの上の子も、完全ミルクで育ったのに、それはそれは立派な逆立ち髪の毛でした。

モヒカン状態、半端ない感じでした( *´艸`)

ですので、科学的な根拠は全くないと思ってください!

 

一生懸命に母乳を飲ませているのに、母乳の質が悪いから…。

なんて言われてしまうと不安になったり自分を責めたりしてしまいがちですよね…。

ですが、何回も言いますが科学的な根拠は全くありません!ので、絶対に気にしないようにしてくださいね!

 

 

母乳(ミルク)の飲ませ過ぎが原因?

母乳(ミルク)を、必要以上に飲ませ過ぎると赤ちゃんの髪の毛が逆立つ。と聞いたことがあるかもしれません。

これは、母乳(ミルク)を必要以上に飲ませ過ぎると、赤ちゃんが満腹で苦しくなって力んでしまい髪の毛が逆立ってしまう。というのが理由のようです。

 

ですけど、よく考えてみてください。

これが理由で、髪の毛が逆立つ赤ちゃんが空腹の時はどうなるのでしょうか?

空腹になったからといって髪の毛の逆立ちが直るわけではありませんよね

 

赤ちゃんは、1日数回に分けて母乳(ミルク)を飲みますよね、

その度に、赤ちゃんの髪の毛が逆立ったり直ったりを繰り返しているのでしょうか?

そんな話は聞いたことはないですよね。

こちらも科学的な根拠は全くないので、過度に心配しなくても大丈夫ですよ。

 

 

赤ちゃんの髪の毛が逆立つ時の対処方法

意外にも髪の毛が逆立っている赤ちゃんは多くいてるので、あまり神経質にならずに自然にしておくのが一番ですが、どうしても…。というときには、下記の対処方法を試してみてくださいね。

 

 

ヘアーアクセサリーで上手にアレンジ

ヘアーアクセサリーで上手にアレンジしてみるのはいかがでしょうか?

 

女の子でしたら、ヘアーゴムで可愛く結んでみたりヘアーピンで留めたりと上手にアレンジしてあげるといいかもしれませんね。

男の子でも使ってても問題がない、シンプルなヘアーピンやヘアーターバンもあるのでこちらも、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

帽子を使用する

お風呂上がりに、帽子やへアバンドをつけてしばらく置いておくと、だんだんと髪の毛が落ち着いてきます。

 

逆に、期間限定なのでおもいっきり楽しむ

赤ちゃんの髪の毛が逆立つのは、だいたい1歳頃までなので、今だけの期間限定の髪型ということでそのカワイイ姿をおもいっきり楽しむのはいかがでしょうか?

写真をいっぱい撮って保存しておけば、子どもが大きくなってから家族みんなで見返した時にとても楽しめるかもしれませんね。

 

 

少量のベビーオイルを髪の毛につける

少量のベビーオイルを髪につけて整えると、しっとりとしてきて髪の毛に重みが出てきて逆立ってしまった髪の毛もセットしやすくなります。

 

ですが、赤ちゃん用の低刺激なものを使っているとはいっても、頭皮に付いてしまうと毛穴が詰まってきて炎症を起こす原因にもなりかねないです。

 

付けるときは少量を、そして髪の毛の毛先のみにして、つけたらなるべく早めに拭いて取り除いてあげるかシャワーやお風呂で洗い流してあげてください。

 

あと、静電気の予防にもなりますので、結婚式などで正装が必要な場合にはオススメです。

 

 

静電気をおさえる寝具や洋服を選ぶ

静電気が原因で髪の毛が逆立っていることが多いので、寝具一式を静電気をあまり受けない繊維のものにしたり

身に着ける洋服の繊維も気を付けたりするのがいいでしょう。

 

 

最終手段!美容院で直してもらう

赤ちゃんの髪の毛や頭皮はとっても刺激に弱いものなので、髪の毛の逆立ちを抑えるためにいろんなことを無理矢理してしまうのは絶対にやめておいた方がいいです。

 

どうしても髪型をチェンジしたいのであれば、プロにお任せするのがいいでしょう。

 

できるだけ普通の美容院ではなくて、キッズ専門の美容院の方がいいです。

キッズ専門の美容院ですと、赤ちゃんの髪質をとてもよく理解してくれているので、なるべく髪の毛の逆立ちが目立たないように髪型を整えてくれたり、頭皮の事をちゃんと守って考えてケアしてくれますので。

 

しかし、髪の毛をカットするのだけは絶対に避けましょう。

大爆発している髪の毛をカットしたい気持ちはよくわかりますが、ここで短くカットしてしまうと爆発で済んでいた髪型が、まさかの大爆発になる可能性があるからです。

髪の毛を短くすると、余計にひどくなることもありますので、十分に注意が必要です。

逆立つ髪の毛を落ち着かせたいのであれば、伸ばし続けて落ち着くのを待った方が得策です。

 

 

赤ちゃんの髪の毛が逆立つのはいつまで続くの?

赤ちゃんの髪の毛はいつまで逆立つものなのか?気になるママさんも非常に多いかもしれません。

 

赤ちゃんの髪の毛が逆立つ時期は、産毛が生え替わって大人と同じような髪が生え揃うまでが一般的です。

赤ちゃんの逆立った髪の毛は、1本1本の髪の毛にある程度の太さが出てきたり、髪の毛が伸びてきて長くなったり、毛量が増えることで重みが増してきてだんだんと自然に髪の毛が垂れさがってくることで治まってきます。

 

髪の毛が逆立たなくなる時期は、赤ちゃんの髪の毛の伸び方や生え変わってくる時期によっても多少の違いがありますが、だいたい平均的には1歳頃までには落ち着く赤ちゃんが非常に多いです。

 

赤ちゃんの産毛は、だいたい生後3か月頃から抜けはじめてきます。

そして、3~4歳ぐらいまでにはしっかりと生えそろってくるのが平均的だと言われています。

しかし、これも個人差が非常に大きいものです。

 

産毛の時期であっても、髪の毛が少しずつ伸びてくるとだんだんと逆立たなくなることもあります。

それとは逆に、髪の毛が生え変わった後でも髪の毛が短いと、また逆立ってしまうケースもあります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんの髪の毛が逆立つ原因は、個性によるところが大きいので、あまり心配しなくて大丈夫ですよ。

あと、母乳(ミルク)のせいでもなくて、産毛の時の静電気によるものなど、赤ちゃんらしい特徴のためです。

 

1本1本が細い髪の毛で、ふわふわと柔らかくて独特の髪質と、髪の毛が逆立っている時期は赤ちゃんのときの数ヶ月間だけしかありません。

ですので、今しか見ることができない姿だと思って、むしろその時期を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

あとは、可愛くヘアーアレンジをしたりして楽しみましょう。

そして、写真や動画をいっぱい撮って保存しておいてあげてください。

後から、一緒に写真や動画を見たときに「こんなカワイイ時期もあったね~。」と家族みんなで楽しく振り返ることができますよ。

 

成長とともに髪の毛に重みが出てくると、逆立っていた髪の毛も自然と落ち着いてきますので何も心配せずに、その時のカワイイ姿を目に焼き付けてくださいね♪

 

おすすめの記事