赤ちゃんのオムツのサイズは、一体どのタイミングでサイズアップをすればいいのか?について悩むママさんは非常に多いものではないでしょうか?

 

実際、私もそうでした。

とにかく、オムツのパッケージに書いてある『体重○kgまでOK!』っていうのをチェックしまくってました。

ですが、メーカーによって『体重○kgまでOK!』っていう表記がまちまちであったり、サイズ感も微妙に違っていたりするんですよね~。

 

 特に、生まれたばかりの新生児の頃は、初めての育児でバタバタしていますし一体どのタイミングでサイズアップするのが正解か?

非常に迷ってしまうものですよね。

 

 赤ちゃんの身体の大きさ(おしり周りの大きさ)に対して、オムツが小さ過ぎてしまうときつくて足の付け根周りやお腹や背中部分が赤くなってしまいます。

 

そのまま放置していると、オムツかぶれの原因にもなりかねません。

逆に大き過ぎてしまうと、足の付け根周りやお腹や背中部分がユルユルになってしまっていろんなところから、おしっこやうんちが漏れてきてしまいます。

 

あと「新生児サイズのオムツを買いすぎてしまって、いっぱい余っちゃった…。」

なんて、もったいないことはなるべくしたくないですよね。

 

 では、一体どのタイミングで新生児用のオムツから、次のSサイズへサイズアップするのが正解なのでしょうか?

ここでは

・新生児用オムツはいつまで使えるのか?

・オムツをサイズアップするときのポイントは?

などについて、詳しくご紹介していきます。

 

 

新生児期は1日にオムツを何枚くらい使うの?

新生児期の1日の平均使用枚数は、8~10枚ほどです。

授乳の前には、オムツ替えをする習慣をつけていたとすると、授乳3時間ごとと計算すると、1日に8枚になります。

上記にプラスして、ウンチを1日数回するので10枚以上は使用しているかもしれませんね。

 

1日8~10枚として計算してみると、1週間で56~70枚、1ヶ月でだいたい240~300枚になります。

こうしてみてみると、結構な枚数を使用していますよね。

 

上記の計算からすると、オムツの1パックはあっという間になくなる感じですよね。

ですが、新生児期は日に日に成長していてとても成長が早い時期ですのでセールなどで安いからといって、箱買いをするのはやめておいた方が無難かもしれませんね。

 

オムツは、メーカーによって微妙なサイズの違いもありますし、このサイズ以外にもフィット感や赤ちゃんと素材との相性もありますし、使い心地も人それぞれです。

 

ですので、とくに初めて使うメーカーの場合は、まずサンプルで試してみてよければ1パック買って様子を見てから、問題なければ買い足していくというのがいいかもしれませんね。

 

確かに箱買いの方が価格的には安いのかもしれませんが、

オムツはいくら開封していなかったとしても返品不可な店舗が多いので、失敗しないためにも1パックずつ買い足していくのがベストです。

 

 

新生児用オムツはいつまで使えるのか?

これ、ホントに悩みますよね~。

初めての赤ちゃんで初めてのサイズアップの時期というのは、本当に悩みます。

実はオムツをサイズアップする目安は、2通りあるんです。

①月齢

②体重

です。

あとは、上記を参考にしつつ、体型や足の付け根の太さなども目安としてみてはいかがでしょうか?

 

一般的に、新生児と呼ばれる期間は、『生後28日間未満』と言われています。

ですので、①月齢でいうところの新生児用のオムツの使用期間は「~生後1ヶ月くらいまでが目安」といえるでしょう。

 

それと、もうひとつの目安となる体重ですが…。

こちらの体重を目安として考えてみると…。

赤ちゃんが生まれた時の平均体重は、3kg前後が一般的です。

ですので、生まれてから~5kgになるまでが一般的な新生児用のオムツの使用期間だといえます。

 

赤ちゃんは、日に日に成長が著しいです。

体重は日に日に増えていきますので、新生児用のオムツの使用期間は生後1ヶ月~2ヶ月半くらいが使用できる目安となっています。

 

新生児用オムツの使用期間って、月齢と体重とでは少し差がありますよね。

これは、オムツの各メーカーによって、目安を月齢でみていたり、体重でみていたりとまちまちですので少し差がある感じです。

 

ですので、上記2つの目安はどちらも参考にする程度で大丈夫です。

あとは、よく言われるのがお腹とオムツの間に人差し指と中指の2本を入れてみて指がすっぽりと2本入るか?そして、おへそまできちんと隠れてるか?がベストサイズの基本だと言われています。

次によく聞くのが、テープを留める位置が目盛りの一番外側にきていないか?ということです。

一番外側にきたら、そろそろサイズアップする時期だと思っても大丈夫です。

あともうひとつは、おしっこやウンチのもれの状態です。

ウンチといっても、まだまだ水っぽいものです。

そして、月齢が上がると共に母乳やミルクを飲む量も増えてきますので当然ながら、1回のおしっこやウンチの量も増えてきます。

オムツのサイズが、大きければ大きいほど吸収量も上がるので頻繁にもれるようであれば、サイズアップのタイミングかもしれませんね。

まとめますと・・・

・大きい赤ちゃんの場合ですと、~生後25日くらいまでが新生児サイズ。

・小さい赤ちゃんの場合ですと、生後28日~生後2ヶ月半くらいまでが新生児サイズ。

ということになります。

 

こうしてみてみると個人差が結構ありますけれど、平均するとだいたい~生後1ヶ月までの分を出産前に準備しておくのが無難かもしれませんね。

サイズがわからない場合はサンプルで比較しよう

ドラッグストアやスーパー、ベビー用品店に行くとオムツのサンプルが置いてあるところがほとんどです。

各メーカーのホームページから、サンプルを取り寄せることができる場合もありますし赤ちゃん用品のイベント開催時に、サンプルを配ってくれるお店もあります。

 

どのサイズにしたらいいのか?がわからない場合は、サンプルを利用して各メーカーのサイズ比較や新生児用とSサイズのサイズ比較をしてみるといいかもしれませんね。

 

新生児用からSサイズにサイズアップしたけど、大きかったときの対処方法ってあるの?

オムツを新生児用からSサイズにサイズアップしたけれど、やっぱりまだSサイズだとちょっと大きいかも?

っていう時もなかにはあるかもしれません。

そのときの対処方法として、次のことを試してみてください。

 

お腹の部分のみオムツを外側に折り返して小さくして履かせてみてください。

幼児や大人の場合でも、スカートやパンツのウエスト部分が少しぶかぶかの場合折り返してみると、フィットすることがありますよね。

 

外側へ折ることによって、足の付け根部分のゆるゆるとした感じがマシになりちょうどよいサイズ感になります。

一度ぜひ試してみてくださいね。

【月齢別】【体重別】オムツのサイズアップの目安

オムツ選びの目安として、オムツのパッケージに目安になる月齢と体重が表記されている場合がほとんどです。

ですが、同じ月齢や体重だとしても赤ちゃんによって体型やヶ所ヶ所の太さや成長の度合いが全く異なりますので

わが子の身体に、しっかりとフィットしている確認が必要になってきます。

 

【月齢別・体重別】オムツのサイズの目安は下記の通りです。

・新生児用・・生後1ヵ月、体重5kg

・Sサイズ・・・生後1~3ヵ月、体重4~8kg

・Mサイズ・・・生後3~15ヵ月、体重6~11kg

・Lサイズ・・・生後12~36ヵ月、体重9~14kg

・ビッグサイズ・・・36ヵ月以上、体重12~22kg

・ビッグより大きいサイズ・・・36ヵ月以上、体重15~28kg

 

ですが、メーカーによってオムツのサイズの大きさには微妙な違いがありますのであくまでも参考程度として見ておいてくださいね。

 

こちら見てもらったらわかるように、各サイズの目安体重がかぶっているんですよね( ;∀;)

こういうのって、ホント迷いますよね…。

そういうときは、上記で記載したものをぜひ参考にしてくださいね。

 

テープタイプからパンツタイプへ変えるタイミングはいつがいい?

Sサイズ以降のオムツには、テープタイプとパンツタイプの2種類のオムツがあるのがほとんどです。

どちらを買えばいいのか?迷うものですよね。

 

目安としては、まだ寝返りなどしていない間はテープタイプで大丈夫です。

テープタイプの方が、オムツ替えもしやすいですし安価です。

 

ですので、オムツをテープタイプからパンツタイプに変えるタイミングは寝返りやハイハイをするようになってからで問題ありません。

 

赤ちゃんが動き出すと「STOP!」っと言っても、止まってはくれませんのでだんだんとオムツ替えをするのが難しくなってきます

 

ですが、寝返りをするようになったとしても、激しく動くことがあまりない場合ですと仰向けに寝せて今までと同じようにオムツ替えができるのであればパンツタイプに変更せずに、そのままテープタイプで問題ありません。

テープタイプの方が安価ですので。( *´艸`)

 

つかまり立ちや歩き始めるころには、「オムツ替えるから寝転んで~。」と言ってもなかなか言うことを聞いてくれないものですので、立ったままオムツが替えられるパンツタイプに変更する方が便利になってきます。

 

つかまり立ちやハイハイをはじめるようになり、オムツ替えのときにじっとしていられなくなる頃にパンツタイプに切り替えるのがベストです。

 

パンツタイプにしておけば、赤ちゃんがハイハイで逃げまわっていたとしても後ろからさっと脱がせて新しいオムツを履かせることができます。

あとは、いちいち寝転ばせなくても立ったままの状態でオムツを履かせられるようになります。

 

オムツは買いだめしない方がいいの?

・オムツは1日10枚くらい使用するので、すぐになくなってしまう。

・赤ちゃんを連れて、かさ張るオムツを買いに行くのは大変…。

・まとめ買いしたら安くなるから

・期間限定で安くなっているから、その間にまとめて注文しておきたい

など、ついついオムツを買いだめしてしまいたくなります。

 

ですが、想像以上に赤ちゃんの成長は早いものです。

気づけば、すぐにサイズアウトしてしまって使えなくなってしまうことがあります。

 

余ったらもったいないからという理由で、サイズアウトしてしまったオムツを履かせ続けているとオムツかぶれの原因を作ってしまったり、お腹周りが窮屈で苦しくなってしまったりと赤ちゃんが不快な思いをしてしまいます。

 

ですので、予備のオムツは1パックくらいにしておいて、あとは様子をみながら買い足すようにしましょう。

 

かと言っても、「期間限定!セール」という言葉を見てしまうとついついまとめ買いしたい衝動に駆られてしまうものですけどね( *´艸`)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新生児の頃は、1日10回ほどと頻繁にオムツ替えをするものです。

ですので、セールなどのときに大量にオムツをまとめ買いをしたいところですが新生児用のオムツを使用する期間は、生後だいたい1ヵ月くらいが平均で、意外にも短いものです。

 

使い切らないうちに、オムツがサイズアウトしてしまってムダにならないように新生児サイズのまとめ買いは、なるべく控えた方がいいでしょう。

 

新生児以降のサイズでもむやみにまとめ買いをしないで、赤ちゃんの成長の様子を見ながら上手に買い足していくことをオススメします。

 

ちなみにうちは、新生児用はパンパースばかりで(出産した産院がオススメしていたので)

Sサイズ以降は、いろんなメーカーのオムツを試しました。

そして、オムツの中でも一番長く使用したのは、Lサイズでした。

このLサイズのなかでも、一番子ども達にフィットしたのはメリーズとマミーポコでした。

ご参考まで♪

おすすめの記事