私は、子どもができるまで夫と一度もケンカをしたことがありませんでした。

それが、子どもができた途端に、夫に対して何かイライラすることが増え(笑)

ストレスも増えました(笑)

 

まぁ、夫とは違う環境で育ってきたわけですし、当たり前のことですが

ずっと仲良しでいるというのも、難しいことなのかもしれませんよね。

 

ですが、子ども達にとっては大事なパパなわけです。

子ども達の為にも、自分の為にも、少しでも夫に対してのイライラがおさまるように

自分に言い聞かせながら(笑)ここでは、原因と対処方法をご紹介していきます。

夫にイライラするのはなぜ?

私の場合は、初めての子育てや普段の家事に振り回されて、いっぱいいっぱいな状態の時に、夫は、それらの理解がなくおもいやりのない発言や態度を繰り返したので、夫に対しての嫌悪感が増発したのです。

 

もちろん、夫も子育てや家事、結構いろいろな面でサポートはしてくれてはいたのですが(ママ友曰く、子どもの相手はしてくれるしご飯も作ってくれるしでかなりサポート力は素晴らしいみたいですが…(^^;))

なんせ、空気が読めない(笑)

そこに、常にイライライライラしてました。

 

ここでは、私の体験も含め世間の妻たちは、夫のどんなことに対してイライラすることが多いのか?についてまとめました。

 

「そうそう。」

「うっわぁ~、ホンマそれなー!」

「めっちゃわかる~!」

「ホンマ、なんでやねん(怒)」

ということだらけだと思います(笑)ので、楽しみながら読んでいただけたら幸いです♪

 

子育て中のイライラが原因での夫婦喧嘩

こちらの記事も嫁のイライラ満載です!笑

夫に対してイライラする原因とは?

そもそも、夫の何が原因でイライラしてしまうのでしょうか?

夫にイライラしてしまう、あるあるな原因を6つにしぼってご紹介していきます

 

 

その① 妻の大変さを理解しない(理解しようとしない)

妻は、子育て・家事・仕事など、24時間365日稼働しっぱなしです。

休みの日なんてありません。

休みたくても休めません。

 

毎日いっぱいいっぱいな状況なのに、その大変さに夫がなかなか理解を示してくれないとき、妻は夫に対してイライラが止まらなくなるものです。

 

こんなに大変な状況に気付かない夫の場合は、その「鈍感さ」にイライラが募ります。

そして、気付いている夫の場合は、みんな口をそろえてこう言います。

「俺だって、仕事では妻と同じくらい、いや、それ以上に大変なんだぞー!」

と、まさかのファイティングポーズをとってくるのです。

そう!その「傲慢(ごうまん)な態度」に、イライラが募るんですよね~。

 

これ…。ほんとにあり得ませんよね(笑)

 

その② 子育て・家事というものが、どれだけ負担が大きいものなのか?ということを理解していない(理解しようとしない)

きっと、世の夫たちが子育て・家事を何も気にせずに妻に丸投げしてしまう理由のひとつには、子育て・家事というものが、どれだけ負担が大きいものなのか?ということを理解していないし理解しようとしないからなのではないでしょうか?

 

そして、その妻の大きな負担を夫自身は軽く見ているから、全く気づくことができないのではないでしょうか?

もう、こうなったら最悪ですよね…(笑)

 

実際、世の夫たちが思っている以上に、子育て・家事というものはハードなものです。

 

妻からの言い分としたら、普通に一般的な会社に勤めていたとしたら、きっちりとオン・オフのケジメをつけることができます。

 

つまり、どれだけ仕事が忙しかったとしても、いざ仕事の時間が終わると完全にオフの状態を作ることができるのです。

 

そして、その後は自分1人のために、自分だけの時間を確保することができるのです。

そうです!自分1人のプライベートな時間を持つことができるのです。

 

 

しかし、家事は少しばかり手を抜くことができたとしても、子育てに関しては、休みなどということは全くなくて、24時間365日ずっと気を抜くことができません。

 

いくら目の中に入れても痛くないカワイイわが子だったとしてもギャーギャー泣き叫び、24時間365日ずっと振り回されっぱなしだとママだってちょっとだけでもいいので、休息をとりたくなるものですよね。

 

そんなママの気持ちを、少しだけでもいいから夫に理解して欲しいものですよね。

子育てがつらい・・・旦那にもわかって欲しい!もっと手伝ってほしい!

 

 

その③ 子育て・家事は、全部 妻の仕事だと思っている

妻もパートに出たりと働く主婦が増えた近年。

全部とは思ってはいないかもしれませんが、少なからず、子育て・家事といった家庭内での仕事は、妻が主体でするものだとまだ思っている夫の方が多いかと思います。

 

世の夫たちへ

毎日、子育て・家事、そして夫のサポートを頑張っている妻に対して

「ありがとう。」といった感謝の気持ちを、きちんと言葉に出して伝えてますか?

 

24時間365日、どれだけ子育て・家事を頑張っていても「妻だしママなんだから、それくらいはやって当然だよね~。」と言わんばかりの態度を夫に取られてしまうと世の妻たちは、イライラが溜まり爆発しそうになるものです。

 

もちろん、世の夫たちも家族のために仕事を頑張ってお金を稼いでくれているのだから世の妻たちも「毎日、お仕事頑張ってくれてありがとう。」と夫に、言葉に出して伝えることも大事ですよね。

 

 

その④ 家事や育児に協力する姿勢がない(協力する気がない)

子育て・家事全般を妻に丸投げしてくる夫に対して「なんであなたは手伝ってくれないの?」「なんで私ばっかりなの?」という不公平感がイライラを増長させるのです。

 

夫婦共働きの場合はもちろん、比率は違えどきちんと分担して子育て・家事をして欲しいですし、たとえ専業主婦であったとしても、子育て・家事をすべて妻1人でこなすのは大変なハードワークになるということを世の夫たちに声を大にして伝えたいものですよね。

 

そんなときに「いつもありがとう。」「いつも感謝しているよ。」という言葉を伝えてくれたら、嬉しいものなのですが、妻に対しての感謝の言葉もなく、そもそも子育て・家事に協力する姿勢がないと夫に対しては、腹立たしさしか残りません(笑)

 

 

その⑤ 心ない言葉を浴びせてくる

子育て・家事のサポートもない。

もちろん感謝の言葉すらもないなら腹立たしさは置いといたとしても、そこに期待はしなくてすみます。

 

ですが、何にもしないくせに、口出しだけはしてくる。

ましてはそこにプラスして心ない言葉を浴びせられたら・・・。

そりゃもう、イライラが大爆発してしまいますよね。

いやぁもう、考えただけでも腹が立ちます(笑)

 

よくある話がこれですよね~。

妻がしんどくなって寝込んでしまっているのに・・・「俺のメシは?」と催促したり。

「おい、○○が泣いてるぞ~。」・・・と子どもに見向きもせずに、自分はゲームをしていたり。

挙句の果てに、妻が横になっていると・・・

「それぐらいすぐに治るって。そんなにしんどくはないんでしょ?それより、早くご飯の支度して~。」

と、まるで妻が仮病を使っているかのような、心ない言葉を浴びせられたりしたことってありませんか?

 

もうこれって、夫が妻に絶対に言ってはいけない、やってはいけないことベスト3ですよね(笑)

 

 

その⑥ 対等に話すことができない

もう、子育てや家事を手伝ってくれないのなら、そこに多くを望まないからとりあえず、困っている時に話だけでも聞いて欲しいって時はありませんか?

 

そんなとき妻は、たいがいこんな気持ちになっていると思います。

ただただ私の話を「うん。うん。」とうなずいて聞いてくれるだけでいいの。

そして、私のこの気持ちに共感してくれるだけで十分なの。

 

なのに、空気が読めない夫は、妻に何かを相談されると上に立ちたいのか?無意識なのか?

一般論を述べて偉そうな態度で接したり、妻とは異なる意見を言ったり…。

なかには、妻の言ったことに対してきちんとした本音を聞き出さずに、自分の意見を押し付けたり最悪な場合は、妻を非難してきたりします。

 

「いやいやいやいや、何?ケンカ吹っ掛けてるの?」とつい、ファイティングポーズを取ってしまいそうになりますよね(笑)

ママ友や実家の母は、すぐにわかってくれて共感してくれるのに、なぜ一番近くにいる夫はこんなにもトンチンカンな回答をしてくるのでしょうね?(笑)

不思議ですよね。

夫にイライラした時の対処方法は?

では、次に夫にイライラした時の対処方法について、ご紹介していきます。

 

ついつい、感情を夫にぶつけて文句のひとつも言ってしまいたくなるものですが、夫婦円満のためにも、ここはグッと我慢して下記の方法を試してみてくださいね。

意外とスッキリするものですよ。

 

夫に過度の期待をしないこと

きっと夫に、「もっと手伝って欲しい。」「これは、何も言わなくてもちゃんとやってくれるよね~。」と過度に期待をしてしまうあまりに、その期待が裏切られると、ついイライラとしてしまいます。

 

相手に何かを求めることによって、それが成されないとイライラが始まるのです。

なので、最初から何も求めないことが一番です。

 

こちらの予想に反してやってくれたら、「わぁ~、ラッキー!」と思うくらいに留めといた方が気持ちが断然楽ですよ。

 

 

夫が簡単にできることのみやってもらう

たとえば、電球を取り替えてもらうことや遠出をする際に運転をしてもらうことなどは夫に任せましょう。

そうすることによって、夫は何もしないという考えからも離れられますし、夫自身も得意なことを任せてもらえて、満足感を得ることができます。

 

 

イライラする理由を簡潔に伝える

妻がイライラしている時の詳しい理由を、ほとんどの夫はわかっていないし理解していないことが残念ですが非常に多いものなんです。

ですので、なぜイライラしているのか?という理由を伝えてみてください。

 

伝えるときは怒りながら伝えるのではなくて、丁寧に諭すような感じで具体的に、そして簡潔に伝えるようにしましょう。

グダグダと長々と話していても、きっと夫には伝わらないものですよ。

 

 

1人になってみる

夫に対してイライラしたら、別の部屋にいったり外出したりして、1人になってみましょう。

とにかくその場にいても、夫の姿が見えるだけで声を聞くだけで、しまいには一緒の空気を吸っているだけでイライラが増長してしまうだけです。

 

1人になって、気持ちを切り替えることが大切です。

時間がないときや夜遅い時は、大きく息を吸って時間をかけて吐いてみましょう。

大きく深呼吸をするだけでも、イライラがマシになることもありますよ。

子育てに疲れた時はどうしたらいい?ママが楽になれる方法

 

 

1ヶ月に1回でも、子育て・家事を変わってもらう

子育て・家事がどれだけ大変なものなのか?をわかってもらうためにも、1ヶ月に1回夫に全部お願いしてみましょう。

 

その日は、1日外出するなどして全て夫に任せるのがいいでしょう。

 

子どもを1日だけでも夫に1人で見てもらうと、子育ての大変さが身に染みてわかると思います。

大変だから…といって、ご飯の準備をしてから外出しては意味がありません。

ここは心を鬼にして、子どもの相手をしてもらいながらご飯も夫に作ってもらいましょう。

 

できたら・・・掃除もして欲しいところですが、あんまり詰め込みすぎたら妻の大変さをわかってくれるどころか、妻に対して愚痴しか出てこなくなってしまうのでほどほどに。

そして日を増すごとに徐々に業務を増やしていってみてください。( *´艸`)

 

もしかしたら、1人で子どもをみるのが大変だからといって、夫の実家に行ったり義母を家に招いて、全部義母に任せてしまうかもしれませんが、そこは見なかったことにしないと、後々大ゲンカに発展してしまうかもしれませんよ。

 

そして、妻も心に余裕ができると、「細かいことは・・・まぁ、しょうがないか~。」と

夫に対して寛大な気持ちが出てくるかもしれません。

 

 

趣味や興味のあることを見つける

お金や時間が許せる範囲内で、ドキドキ楽しい趣味をみつけてください。

たとえば、テニスやパッチワークを習ったりセルフネイルを勉強してみたり。

好きなアーティストのコンサートや舞台に出掛けてみるのも、いいかもしれませんね。

 

気持ちをリフレッシュできる時間を持つということは、心や身体の健康のためにもとても大切なことなんですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夫に対してイライラしてもしょうがない、意味がないとわかってはいても目の前にいる夫の言葉や態度に対して、ついイライラとしてしまいがちです。

 

妻の大変さを夫が理解してくれなかったり、子育てや家事の負担に対する不公平感を感じて「私だけ何で~。」っと思ったりしてしまいますよね。

 

そうならないためにも、夫は妻の大変さに共感を示したり、手伝ったり。

そして、きちんと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

その他に、子育てや家事の役割分担を事前に決めておくといいでしょう。

 

妻は、自分だけの1人の時間を作ったり、没頭できる趣味をみつけたりして、イライラをうまく解消する方法をみつけましょう。

そして、イライラが解消できたら、夫に対しても寛大な気持ちで接することができるようになります。

イライラする気持ちを夫にぶつけるのではなくて、うまく自分の気持ちを切り替えられるようになれるといいですね。

 

心に余裕が持てるように努めることができるのが一番良いことです!

夫婦円満で子育てをすることが、子どもにとっても自分にとっても気持ち的にも楽になるものですよ♪

 

こんな風に執筆していますが、わたし結婚してもう16年経ちますがしょっちゅう夫に対してイライラしてしまうんですけどね(^^;)

上記の対処方法を試して、今日から常に心に余裕が持てるように精進したいと思います(笑)

おすすめの記事