お食い初めとは、生後100日くらいに行う行事です。

「お食い初め」の他に、「百日祝い(ももかいわい)」とも呼ばれています。

 

どうして生後100日くらいに行う行事か?というと、乳歯が生えてくるのがだいたい生後100日くらいだからです。(大きく個人差はありますが)

 

それに合わせて、これから赤ちゃんが「一生食べ物に困らないように。」との願いを込めて、赤ちゃんに初めて母乳以外を食べさせる真似を行う儀式になりました。

 

お食い初めの時の食事は、儀式用のお膳としてメニューが決められています。

そして、食べる順番や食べ方などもあります。

 

ここでは、お食い初めの正式なやり方やお食い初めにふさわしい服装。

そして、マナーなどについて詳しくご紹介していきます。

お食い初め百日祝いってどんな行事?

それでは、具体的にお食い初め(百日祝い)についてご紹介していきます。

 

お食い初め(百日祝い)の由来とは?

お食い初め(百日祝い)は、平安時代から続いている伝統的な行事です。

昔は、今みたいに医学が発達していなかったので、栄養失調を始め病気で亡くなる人が多かったのです。

ですので、赤ちゃんが誕生してから、無事に20才の誕生日を迎えることが難しい時代でした。

そのため、子どもの健やかなる成長の節目を祝う行事がたくさんあり、家族や親族みんなで、盛大に祝っていました。

 

その中のひとつに、乳歯が生え始める時期の生後100日くらいに「一生食べ物に困らないように。」

との願いを込める行事で、 赤ちゃんに初めて母乳以外を食べさせる真似を行う儀式がありました。

 

これが、「お食い初め(百日祝い)」にあたります。

 

 

生後100日くらいに行う行事

上述にもありますように、生後100日くらいに「一生食べ物に困らないように。」との願いを込めて行う行事は

ちょうど赤ちゃんの歯が生え始める時期とほぼ同時期です。

そのため、「歯が生えたことを喜ぶ。」という意味も込められて「歯固め」や「箸ぞろえ」や「箸始め」という名称で呼ばれている地域もあります。

 

 

歯固めの石を使って丈夫な歯に!

お食い初めといっても、まだまだ母乳やミルクのみの赤ちゃん。

その赤ちゃんに、実際に食べ物を食べさせるというわけではありません。

祝い箸を食べ物にチョンチョンと付けて、その祝い箸を赤ちゃんの口に持っていき食べさせる真似をするだけです。

 

また、お食い初めの祝い膳に「歯固めの石」があります。

赤ちゃんに歯が生えたことを喜んで、その石のように丈夫で硬い歯になるようにとの願いを込めて、祝い箸を歯固め用の石にチョンチョンと付けて、その祝い箸を赤ちゃんの歯(歯茎)にチョンチョンとあてるようにします。

 

 

お食い初めの場所は?

お食い初めを行う場所には、特に決まりはありません。

昔は、自宅や実家などで行うことが多かったのですが、近年では自宅近くのお店で行う方が非常に多いです。

 

まだ、生後100日…。

まだ、生後3か月半くらいです。

赤ちゃんもお母さんも、毎日バタバタでしょうし体調や母乳(ミルク)の時間のことを考えると

やはり、上げ膳据え膳で行えるお店の方がゆっくりできますよね。

何を用意すればいいの?

お食い初めには、主に下記のものが必要になります。

 

祝い膳・食器

その名の通り、赤ちゃんに食べさせる真似をする料理を載せるためのお膳です。

正式なものは、食器は漆の器を使用して、お箸は柳の白木を使用するのが一般的です。

 

そして、祝い膳には男の子用と女の子用とでは違いがあります。

・男の子用・・・器の内側と外側の色の両方が赤色になっているものを使用します。

そして、祝い膳の足の高さは低いものを使用します。(将来あぐらをかいて座るため)

・女の子用・・・器の内側の色が赤色で、外側の色が黒色になっているものを使用します。

そして、祝い膳の足の高さは高いものを使用します。(将来、正座をして座るため)

 

 

歯固め用の石

人間は長生きするためには、丈夫で健康な歯が必要ですよね。

入れ歯ではなく、一生自分の歯でご飯を食べたいものですよね。

 

お食い初めでは、赤ちゃんに石のように丈夫で健康な歯が生える事を願って「歯固め(はがため)」という儀式を行うのが一般的です。

 

ちなみに、この歯固め用の石はお宮参りで参拝した時に、祝器や祝箸などと一緒に神社からいただくことが多いようです。

 

その他にも、神社の境内にある石をお借りしたり、近くの川や海などで拾ったり、近年ではインターネットで購入することもできます。

神社でお借りたした石は、お食い初めの後はお返しするようにしてくださいね。

 

歯固め用の石は、祝い膳の上にのせて、この歯固め用の石に祝い箸をチョンチョンとつけた後に、赤ちゃんの歯茎にチョンチョンとつけて、丈夫で健康な歯が生えてくることを願います。

 

 

祝い膳の料理

祝い膳の上にのせる一般的なメニューは、一汁三菜が一般的になっています。

 

・赤飯・・・白ご飯でもOK

・尾頭付きの魚・・・鯛が一般的

・煮物・・・筑前煮や季節の野菜を使った煮物・黒豆など

・お吸い物・・・ハマグリの潮汁が一般的

・香の物(漬物)・・・梅干しや紅白なますなど

・紅白の餅・・・地域によってあったりなかったり

・歯固め用の石

・祝い箸

 

と言われています。

お食い初めのやり方は?

まず始めに、「歯固めの儀」を行います。

「丈夫で健康な歯が生えますように」という願いを込めて、祝い箸を歯固めの石にチョンチョンとつけます。

そして、その祝い箸を赤ちゃんの歯茎にチョンチョンとつけます。

 

次に、祝い膳にのっているメニューを順番に食べさせていきます。

もちろん、まだ食べることができないので食べさせる真似を行います。

 

食べさせる(真似をする)メニューの順番は・・・

お赤飯→お吸い物→お赤飯→焼き魚→お赤飯→お吸い物→

お赤飯→煮物→お赤飯→お吸い物→お赤飯→香の物→

お赤飯→お吸い物→お赤飯→歯固めの石→お赤飯→お吸い物

の順番になります。

同じような順番を、3回繰り返すのが一般的になっています。

 

そして、食べさせる真似をするのは、お食い初めに参列する家族のなかで、一番年齢を重ねている人が行います。

つまり、おじいちゃんやおばあちゃんが行います。

しかし、近年ではママやパパが行うことも多いようです。

 

これらは、食べさせる真似をするだけなのですが、ときどき赤ちゃんが食べたがるときがあります。

そのような場合には、米粒を1粒だけ食べさせる「ひとつぶなめ」ということをする習慣もあります。

ただ、まだ生後100日くらいですので、うまく食べられない場合もあります。

のどにつまらせないようにするためにも、目を離さないようにしてあげてくださいね。

 

お食い初めの順番はこちらの記事でも紹介しています!

お食い初めのやり方!食べる正式な順番は??

料理に込められた意味は?

メニューそれぞれに願いが込められています。

 

赤飯(白ご飯でもOK

昔から、赤い色は邪気を払いのけ魔よけの力があると言われています。

ですので、赤飯を食べることによって(食べさせる真似をすることによって)

病気や災難にあうことがなく、丈夫で健やかに成長するようにという願いが込められています。

 

 

尾頭付きの魚(鯛が一般的)

鯛は、「めでたい(鯛)」という意味がある縁起物の魚です。

皮が魔よけの赤色、そして身は白色ということで「紅白」のめでたい色合わせから、祝い膳には欠かせない魚になっています。

 

 

お吸い物

一般的には、貝の入ったお吸い物が多いようです。

貝は「良縁」を意味していて、将来結婚をするときに「二枚貝のように、ぴったりと合う伴侶に出会うことができる。」

という願いが込められています。

その貝の中でも、特に縁起がいいハマグリを使った潮汁が用意されることが多いようです。

 

 

煮物

地域によって異なります。

一般的には、筑前煮や季節の野菜を使った煮物や黒豆の煮物などが多いようです。

 

 

香の物

しわの多い梅干を入れることによって、「しわがたくさんになる年齢まで生きられますように。」といった願いが込められています。

その他にも、紅白なますなどが用意されています。

 

 

たこ

たこは「多幸」という意味であったり、足の数が末広がりの「八」になっているため

ずっと幸せに過ごせますようにといった願いが込められています。

赤ちゃんはどんな服装?

お祝い着が赤ちゃんの正式な服装になります。

お宮参りの時に着用した着物などを、再度着用するのが正式な服装になっています。

 

ですが近年では、真っ白なベビードレスや袴を着せたり、赤ちゃん用のタキシードやワンピースといった

ちょっとよそ行きの恰好だったりする場合もあります。

 

普段と違った服装をすることによって、赤ちゃんが不快に感じることもあるので

写真撮影のときにだけ正装をして、あとは普段着でも大丈夫ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんやママやパパにとって大切な行事でもあるお食い初め。

正式なやり方や服装で行うのもいいですが、赤ちゃんに負担がなく家族みんなで楽しめる範囲で行うことが一番ですよね。

ぜひ、一生に一回のステキな行事にしてくださいね。

おすすめの記事