子どもの健やかなる成長を願って行われるのが「初節句」です。

 

初節句とは

・女の子の場合は・・・桃の節句(3月3日)

・男の子の場合は・・・端午(たんご)の節句(5月5日)

と呼ばれています。

 

これらの名称は聞いたことがあるけれど、一体何をしたらいいのか?どのように準備したらいいのか?など

第一子の場合は、特にわからないものですよね。

 

ここでは、「初節句」について詳しくご紹介していきます。

初節句をお祝いする理由とは?

初節句とは、子どもの健やかなる成長を願って、無病息災(病気をせずに健康であること)や良縁に恵まれることを祈ります。

 

あと男の子の初節句の場合は、上記の他に立身出世(社会的に高い地位につき成功をおさめること)という意味も込められています。

初節句って何をするの?

初節句とは、生後初めて迎える節句の日に生まれてきた赤ちゃんの健やかなる成長と幸せを願って厄除けを行います。
女の子の場合はひな人形を飾り、男の子の場合は五月人形(鎧兜よろいかぶと)などを飾ります。
「子どもの厄や災いを肩代わりして守ってもらう。」という意味合いで、これらを飾るのです。
ですので、毎年、ひな人形は、2~3月頃(桃の節句は3月3日)
五月人形は、4~5月頃(端午の節句は5月5日)に飾ります。
生まれてきた赤ちゃんに対してお祝いをする!というのが初節句ですので、第一子だけではなくて、第二子、第三子・・・と生まれてきた赤ちゃん全員1人1人お祝いします。
もちろん、ひな人形や五月人形は子どもたちみんなで共有しても全く問題はありません。

では、一体どんなことをするのでしょうか?

ほとんどのご家庭では、家族や親族みんなで集まって初めて節句を迎える子どもを囲んで、記念写真を撮りながら楽しく食事をするといった形が多いようです。

つまり、特別な儀式的な何かをするというわけではありません。

初節句はいつするもの?

女の子の場合は、桃の節句(ひな祭り)を3月3日にします。

男の子の場合は、端午の節句(こどもの日)を5月5日にします。

 

ですが、必ずしも上記の日にしないといけないというわけではありません。

3月3日や5月5日に近い、家族みんなの都合の良い日に設定しても特に問題はありません。

 

それに、3月3日や5月5日少し前に生まれた場合は、初節句を翌年にするご家庭も非常に多いようです。

やはり出産直後ですと、まだまだお母さんの体調も万全ではないでしょうし、赤ちゃんもお母さんも生活のリズムが整っていない場合もあります。

無理をしてお祝いをせずに、きちんと整った翌年に持ち越した方がいい場合もあります。

初節句のお祝いの仕方は?

初節句は、女の子の場合はひな人形を飾ります。

男の子の場合は、鯉のぼり、鎧兜、五月人形を飾ります。

そして、おばあちゃんやおじいちゃんなど親族みんなでお食事会をされる方が多いようです。

 

お料理の内容に特に決まりはありませんが、女の子(桃の節句)の場合には

ちらし寿司やハマグリのお吸い物、そして、ひなあられなどを食べます。

男の子(端午の節句)の場合には、かしわ餅やちまき。

そして、鰹(かつお)や鰤(ぶり)などの縁起物のいいお魚(出世魚)などを食べます。

片づけるタイミングはいつ?

ひな人形も五月人形も、「邪気をはらう。」という意味合いがあります。

ですので、ひな人形は3月3日を過ぎたら、五月人形は5月5日を過ぎたら

邪気がそこに留まらないためにも、すぐに片づけるようにしてくださいね。

 

よく、ひな人形をすぐに片づけなかったらお嫁に行くのが遅くなる…。

なんていうことを聞きますよね。

そうならない為にも、3月3日を過ぎたら早くに片づけるようにしましょうね。

初節句のお祝いはどこでするの?

では、初節句のお祝い(お食事会)はどこでしたらいいのか?を場所別にメリットとデメリットに分けてわかりやすくご紹介していきます。

 

 

初節句は自宅がいい?

<メリット>

・赤ちゃんが慣れた環境である

・赤ちゃんのお世話セットがそろっている

・赤ちゃんが泣いても周りの人に気を遣わなくてもいい

・食事代金を安くでおさえることができる

・移動手段を確保しなくてもいい

・時間の縛りがない

 

 

デメリット>

・準備や後片付けが大変

・食事以外の準備も大変(掃除など)

・時間の縛りがないのでエンドレスになってしまう

 

 

初節句はお店がいい?

<メリット>

・準備や後片付けをしなくていい

・準備や後片付けがないので座ってゆっくりと話ができる

・時間が決められているので時間通りに事が運ぶ

・外出することでリフレッシュができる

 

 

デメリット>

・予約などの日程調整が面倒

・費用が多くかかる

・個室がないと周りが気になってゆっくりと食事ができない

・個室がないと赤ちゃんのお世話がしにくい

(授乳やオムツ替えなど)

・赤ちゃんのお世話でゆっくりと食事ができないかもしれない

・赤ちゃんが泣いてしまったら周りの目が気になる

・外へ出掛けるための準備が大変

・荷物が多くなる

・移動が大変

 

 

初節句は実家がいい?

<メリット>

準備や手間をお任せまたはお手伝いだけですませることができる

・あまり費用がかからない(実家持ち?)

・親の顔を立てることができる

・親も気楽に参加しやすい

・自分の実家だと安心できる

 

 

デメリット>

・日程調整が面倒

・パパ側の実家だと余計に気を遣ってしまって大変

・親戚がたくさんきそうでゆっくりできない(^^;)

・お呼ばれする方の両親が居心地を悪く感じるかもしれない

・費用の分担の面での話がややこしい

初節句の料理って何がいいの?

自宅で料理をつくる場合は、一般的なのはちらし寿司やいなり寿司

そして、めでたい席での定番料理といえば、鯛の尾頭付きを用意するご家庭が非常に多いですよね。

その他に、唐揚げやポテト、サラダやお吸い物があるとそれなりに豪華になりますね。

 

しかし、たくさん用意するのは大変なことなので、みんなでしゃぶしゃぶやお鍋や鉄板焼きなどもいいですね。

あとは、数種類のネタを用意して手巻き寿司にするのもオススメです。

ママ1人で全てを手作りするのはとっても大変なので、お店に売ってるお惣菜を買ったり、お寿司やオードブルなどのデリバリーを頼んだりして、うまく利用しましょう。

 

お店に食べに行く場合は、和食の御膳や懐石のようなものを食べるケースが多いです。

近年では、「初節句用の御膳」があったり、事前にお店に話をしておけば予算内でお料理を作ったり、料理の内容の相談にのってくれたりしてくれるところも多くあります。

 

料理は、このメニューじゃないといけないという決まりは特にありません。

なによりも、家族や親族みんなで赤ちゃんを囲んで、ゆっくりと楽しみながら初節句のお祝いをしてあげるということが一番!です。

初節句のお祝いをいただいたら・・・

おばあちゃんやおじいちゃんや兄弟に、初節句のお祝いをいただいた場合お返しをした方がいいのか?とても気になりますよね。

ですが、改まってお礼をする必要は特にありません。

 

気になるようであれば、お食事会に招待をしたり、もし予定が合わなくて招待ができなかったら内祝いとして、日持ちのするお菓子や紅白のお餅やお米、そして縁起がいいとされる鰹節などを贈るといいでしょう。

 

その時は、初節句のお祝いとしていただいた金額の、1/3くらいの品物を選ぶのが一般的になっています。

品物を贈るときに、気持ちのこもったお手紙を添えると「ありがとう。」という気持ちが伝わりやすいですよね。

その際、初節句の飾りと一緒に撮った赤ちゃんの写真も一緒に送ると大変喜ばれると思います。

 

品物を贈る時期は、初節句から一ヶ月以内が一般的です。

のしは、蝶結びの水引きにして、赤ちゃんの名前で贈るのが一般的になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

初めて迎える初節句は、赤ちゃんを始めママやパパはもちろんのこと、おばあちゃんやおじいちゃんにとっても気持ちが高まり、とっても幸せな気持ちになれますよね。

 

お食事会を楽しむだけでなく、記念にフォトスタジオで写真を撮ったりするのもいいですよね。

 

お祝いの気持ちを大切に思って、人生に一回しかない「初節句」をご家族皆さんで、思う存分に楽しんで大切な思い出にしてくださいね。

おすすめの記事