2歳頃から悩み始めるのが、オムツのこと。

トイトレっていつからはじめるの?
いつまでもかさむオムツ代を早く浮かせたい・・・
周りはどんどんオムツが取れているから少しあせってしまう・・・


2歳を超えると取り組まなければならず、お母さんを悩ませるのがトイレトレーニング=「トイトレ」ですね。

 

暖かい時期にトイトレはおススメ!!と言われているため、
2歳の夏になったら・・・
と考えているお母さんも多いのではないでしょうか。

 

そこで2歳の夏!!!

ということで、2歳9ヶ月の息子にトイトレを実践してみました!!

3日でとれる!?と言われている「トイトレ」を試してみたところ・・・
うちの子は○日で取れました!!!

ぜひトイトレの参考にしてみてくださいね。

トイトレをするための準備物

わが家で準備したトイレトレーニンググッズを紹介します。
本当に必要なもの、準備したけれど使わなかったものなどありますので参考にしてみてください。

 

おまる

あってもなくても良いと思います。
部屋の隅においていて、いつでもおまるを使える状態にしておくと、子供はトイレのために座るということに抵抗がなくなるので練習として持っていても良いですね。
「補助用便座」という大人の便座にセットできる子供用便座もあるので、そちらを準備しておくと便利です。
わたしはおまるを準備しましたが、正直ほとんど使用していません・・・。

おまるにもなり、便座部分が外れて、おまる部分は踏み台になるタイプだったので、便座部分を直接トイレにセットして、踏み台はもう少し大きくなったときに自分でトイレに登れるときのためにトイレの片隅においていました。
もし、おまるで排尿してしまった場合、おまるを洗う場所はあるのか、消毒はどうすればよいのかなど疑問点も出てきます。

 

 

トレーニングパンツ(布製、おむつ)

布製のトレーニングパンツは、3層や6層といったように厚みに種類があります。
布製も、おむつも、濡れることによりおしっこがでたことを自覚させるためのアイテムです。

しかし実際は、今まで普通のオムツをしていてある程度の湿気などがあったせいか、おしっこが出てしまっても教えてくれることはありませんでした。
布製は3層でも6層でも、結局は漏れてきてしまい、ズボンまで到達することもしばしば・・・。
結局濡れてしまうので、普通のパンツでもあまり変わりありません。

またトレーニングパンツは厚みがあるため洗濯をしてもなかなか乾きづらいや、ニオイが取れにくいといったデメリットもあります。

 

 

トイレトレーニングパッド

普通のパンツにつけるタイプのトレーニングパッドもあります。
ナプキンみたいなイメージですね。
こちらも濡れた感じが分かるように作られているため、量が多いと漏れてきてしまいます。
結局取り替える必要があるので、紙おむつを使用しているときとあまり代わり映えがありません。
トイトレの最中に、長い外出をしなければならない時などに使えます。

 

うちの子は、保育園でトイレの練習をしていました。
おやつの時間の前に、必ずトイレに行く
という習慣をつけてくれていました。

 

兄がいるため、おしっこはトイレでするものということはなんとなく分かっていたようで、お出かけ先でも時々、兄がトイレに行くついでに「おしっこ!」と言って自らトイレに行くこともありました。
そのため、トイレでの排出は比較的容易な状態でした。

 

また、お風呂に入ったときに、おしっこの練習をしていたので、お風呂に入るたび必ず出るようになってしまいました。

そのため、お風呂からでてしばらくオムツを履かずにうろうろさせておくと、「おしっこ!でるでる!!」と自ら教えてくれていました。
なので比較的トイトレはすんなり行く予定です。

そこで、何度かトイレで排泄の成功経験がある子にはとってもおススメの方法!!
3日でオムツがとれる!!「ノーパン作戦」を試してみました!

3日でオムツがとれる?!ノーパン作戦ってなに??

「ノーパン作戦」とは、こどものオムツやトレーニングパンツを脱がせて、ノーパンのまま生活させるというもの。
パンツを履いていない状態なので、暖かい時期での実行をおススメします。
風邪を引いちゃいますからね・・・。

普段仕事をしていて、保育園に通っているため、実行するのは”土日+休日が重なった連休”に行うことに決めました。

 

 

2歳児のトイレ平均回数は?

参考にしておきたいのは、2歳の子の排尿回数です。
どのくらいのペースで声掛けをすればよいのか初めに理解していれば、お子さんへの声掛けによる負担も減ってきますね。

こどもはまだ膀胱が小さいため、大人よりも排尿回数が多くなっています。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、排尿の回数が多く1時間に1度のペースで一日に約15~20回です。
思い返せばいつもオムツ替えばかりしていましたね。

 

そんな赤ちゃんも、1歳から2歳では、2時間おきに8~12回になります。
3歳から4歳では3時間おきに5~9回となっています。

 

個人差や、その日の水分摂取量などによっても変化しますが大体の目安として覚えておけば声掛けのタイミングを計れますね。

2歳から3歳の子であれば、前回の排尿から1時間半から2時間ほど空いたタイミングで声掛けをしてみましょう
あくまで目安なので、さっき行ったばかりなのにまた?!なんてこともあります。

 

排尿したいタイミングで、

・もじもじする
・動きが活発になる
・おしゃべりをする

など、その子特有の動きをする場合もあるので注意して観察してみましょう。

 

 

ノーパン作戦1日目(土曜日)

朝起きるともちろんオムツはパンパンです。

「今日から、おにーちゃんパンツ(布パンツ)を履けるようになるために練習をするよ。」
「トイレに行きたくなったら、教えてね」
とトイトレをはじめることを伝えます。

 

そこから急にオムツを脱がせてノーパン状態に!

 

もちろんこどもは、「おむつー!ズボンー!!(なんで履かないの!?)」
と叫びます。

 

脱いでいたら、いつでもトイレに行けるね!!となんとか説得してノーパン作戦スタートです。

もちろん、雑巾も除菌スプレーも準備しておきましょう。
初めは必ず、お漏らししてくれますので。

1日目はさっそくお漏らしやってくれました。
覚悟はしていたので、処理も簡単!

 

ここでやってはいけないことは、「叱ること」
ノーパンにしたのは母親なのですから。

 

おしっこ、出ちゃって気持ちが悪いね。
おしっこはおトイレでできたらうれしいね。
と伝えてあげましょう。

 

こまめにおトイレに誘いましょう。
あまり誘いすぎると、嫌がることもあるのでタイミングを見計らうのが少し難しいですがお子さんの機嫌を見ながら誘ってみましょう。

 

2回目は飲み物をたくさん飲ませると・・・「おしっこ!!」と自ら尿意を伝えてくれました。
もともとお風呂上りには何度か伝えてくれていたので、比較的尿意を感じやすかったのかと思います。

 

3回目は「おトイレに行こうか」と声をかけ、トイレに座らせると無事排尿に成功。
お昼からはお出かけの予定があったため、本日のノーパンはここで終了。
お出かけ時はトレパンの上にオムツを履かせて、ダブルパンツでトレーニングの続きを行いました。

 

お出かけ中もトイレを見つけては、声掛けをし、トイレに座らせることを心がけます。
トイトレはお母さんもかなり疲れますね。
でも、お子さんはもっと頑張っていますから!
お母さんも頑張りましょう。

 

1日目の成果:
お漏らし 4回
声掛け排尿成功 2回
自ら排尿 2回(お風呂中、お風呂後)

 

 

トイレなど、自分の意志を表現できるようになるのはいつごろから??下の記事もチェックしてみてくださいね!

【2歳児】言葉の発達目安を教えて!どれくらい話すのが普通なの?

 

 

ノーパン作戦2日目(日曜日)

今日もおトイレの練習しようね。と伝え、朝からノーパンにしました。
午前中はお出かけのため、お出かけ前にトイレに連れて行くと成功!
自分から教えてくれることはありませんが、トイレに行く=排尿 という感覚は分かってきているようです。

 

お出かけ中はもちろんダブルパンツ。

 

オムツだけのほうが楽ですが、せっかくトレーニングしているのにオムツに戻してしまうと感覚を忘れてしまいそうだから。
本当は、外出の用事がないときに実践するのが一番だと思われます。

外出時は、周りに気になるものがあり、そっちに興味を持ってしまいトイトレどころではなくなるので自ら教えてくれることはありませんでした。

 

ダブルパンツにしたままお出かけ先で排便してくれました。

尿は洗いやすいけれど、ベンはやはり大変です。

 

しかしトイレで便を出すのは少し苦手なようで、今まで数える程しか成功したことがありません。

とりあえずは、尿をしっかりおトイレでできるように練習することにします。

 

お昼寝のときも、お布団が汚れてしまうことを恐れてダブルパンツにしました。
ダブルパンツにしていると、布パンツが濡れた際にオムツとずれてしまっていると、時々ズボンまで到着してしまうことがあります。
でも、被害は少ないので我慢です。

2日目の成果:
お漏らし 3回
声掛け排尿成功 4回
自ら排尿 1回(うち1回はお風呂)
便 ダブルパンツのままで1回

 

 

ノーパン作戦3日目(月曜日)

2日目はお漏らし回数は減ったように思えたものの、本当に3日でオムツが外れるの?!と少し不安に思いながらのスタートです。

朝からノーパンになってもらいます。
すると早速「おしっこ!」自ら教えてくれました。

 

おっっ!今日は幸先いい感じ!!と思っていたらやっぱりお漏らしです。
3日目にもなると効果がないのではないか・・・と後片付けも少しイヤになってきます。
でもおしりをだして頑張っているのは子供!信じて続けましょう。

お漏らしされるのがいやで、あまりにトイレに誘うと、いやだ!と言ってしまうので慎重に。

 

1時間半おきに誘ってみると座ると出ます。

出なかったときには少し時間を置き誘ってみます。

自分で教えてね。というと、うん!と言ってくれますが、なかなか教えてくれません。

1時間半おきにトイレは大変ですが、ノーパンなのでとても楽です。

 

便のほうは、まだまだ教えてくれませんが明らかに分かりやすい反応をするのでトイレに連れて行きやすいです。
うちの子の場合、だれもいないところに行き、一人で大人しくしていたら要注意です。
いきんでいるのが分かるのですぐにトイレに連れて行くとちゃんとトイレでも排便することができました。

お漏らしは朝の1回だけです。
これは大きな成果です!!

 

3日目の成果:
お漏らし 1回
声掛け排尿成功 5回
自ら排尿 3回(お風呂中、お風呂後)
便 声掛け1回

ここで3日間のトイトレが終了しました。

実際に3日目でぴたりとオムツが外れることはありませんでした

 

しかし、確実にトイレで排尿する回数が増えました!

火曜日からは保育園なのですが、せっかくトレーニングをしたのでお兄ちゃんパンツ(布パンツ)を履かせることにしました。

すると火曜日には先生がこまめにおトイレに誘ってくれたのか、お漏らしは1回!!

うれしい成長です。

まとめ

たった3日間でオムツがとれる!!!ということはありませんでしたが
お漏らしをしてしまうのは良くないことだということは分かってくれたようです。

トイトレから5日後にお漏らし0になりました!
オムツは卒業です!!

 

トイトレが終わっても、時々お漏らしをしてしまうことは誰にでもあります。
しかし、その時は叱らないようにしましょう。

気持ちが悪かったね。と、お漏らしをしてしまうときの気持ちを理解してあげ、
いつもトイレで排尿ができていることを褒めてあげましょう。

トイトレはお母さんもパワーを使う子育てにおいて大変な壁ですが、わが子の特徴を理解しその子にあわせたペースで進めてあげましょう。
オムツを取りたいという気持ちばかりが一人歩きをしないよう、マイペースなお子さんと向き合ってあげてくださいね。

おすすめの記事