ベビーカーを選ぶときに、何歳から何歳まで使うのか?を考えて

購入するママさんも非常に多いことかと思います。

そして、ベビーカーの卒業するタイミングも生活のスタイルやそれぞれの赤ちゃんの性格によって

全然違うものですよね。

 

これからベビーカーを購入しようと考えているママさんや、何歳で卒業するのが一般的なのか?

を悩んでいるいるママさんも、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ベビーカーにはどんなものがあるの?

一般的に日本製のベビーカーは、主に「A型」と「B型」の2種類があり、赤ちゃんの成長の具合に合わせて

選ぶようになっています。

これは、財団法人製品安全協会が定めた基準「SG基準」というものによって分けられています。

つまり、ベビーカーの各メーカーが独自によって勝手に分けられているのものではなくて

日本全体で決まっているものなのです。

 

では一体、「A型」と「B型」とでは、どのような点が違うのか?下記にそれらの特徴についてまとめてみました。

赤ちゃんの月齢(赤ちゃんの成長の具合)や、各ご家庭の生活スタイルに合わせて

一番適しているものを選んでくださいね。

 

 

「A型」ベビーカー

対象年齢は、生後1ヶ月~3歳頃まで使うことができるベビーカーが「A型」です。

まだ首がすわっていない新生児の赤ちゃんでも乗せることが可能になっているので、早い段階から使うことができます。

A型の場合は、リクライニング機能がついているので赤ちゃんを寝かせて使うことができるので

とっても便利です。

150度以上(4ヶ月からのものは130度以上)であることが決められています。

 

A型の場合は、両対面型になっているものがほとんどです。

赤ちゃんが、前(出発方向)を向いて使うこともできますし

お母さんやお父さんと赤ちゃんが対面になって、赤ちゃんの顔を見ながら使うこともできます。

 

このように「A型」は、安定性が非常に優れており、安全面も重視した設計になっているので

赤ちゃんの月齢が若い時から3、4歳と長く使えるため、大変多くのママさんから人気があります。

ただ、このように機能が充実しているため、一般的にB型と比べてA型の方が重く

サイズも大きな作りになっているのが特徴です。

 

 

「B型」ベビーカー

対象年齢は、7ヶ月~4歳頃まで使うことができるベビーカーが「B型」です。

安定して1人でお座りができるようになる頃から使うのが、一般的になっています。

 

B型のベビーカーは、リクライニング機能がついていないタイプのものです。

なかには、リクライニング機能がついているベビーカーもありますが、その場合100度以上が規定となっています。

 

A型と比べてB型は、とても軽量ですし持ち運びが断然楽です。

それに、ベビーカーを折り畳んだ時にかなりコンパクトになるので、バスや電車など

公共機関を多く使う生活スタイルの方や、住んでいる環境が階段を多く使うという方や

歩いての移動が多い方には、こちらの軽量タイプのB型のベビーカーを使うのが非常に便利です。

 

あとA型と比べて、B型は価格も非常に安いので、そういった面でもとても経済的です。

その他にも、車に乗車している時はチャイルドシートとして使用

降車した時には、ベビーカーとして使用するというふうに多機能タイプもありますので

ご自身の生活スタイルに合わせて、選んでみてくださいね。

 

 

ベビーカーが必要なのは一般的に何歳頃までなの?

外出する際に、とても重宝するベビーカーですが、一般的に何歳頃まで必要なのでしょうか?

 

赤ちゃんが歩き始める、1歳頃から必要がなくなるのでは?と考えておられるママさんが

非常に多いことかと思いますが、歩き始めたといっても、ベビーカーに乗りたがるケースもあります。

ベビーカーに乗ってくれているとだっこをしなくても済みますし、重たい荷物もかけることができますし

移動が非常に楽ですから、できることなら、ずっと使いたいというママさんも多いことではないでしょうか?

 

赤ちゃんが1人で歩きはじめても、疲れたらだっこで対応してもいいのでは?と思うママさんもいるかと思いますが

4歳くらいになると、平均体重は約15kgくらいになります。

15kgをだっこして長時間移動したり買い物をしたりは、どう考えても大変なものですよね。

 

ベビーカーを○歳までには、絶対に卒業をしないといけないというルールは特にありません。

ただベビーカーには体重制限があるので、その体重になる前までには卒業させたいものですよね。

 

ほとんどのベビーカーの制限体重は、だいたい~15㎏までとなっています。

15㎏といえば、4歳の平均体重になります。

ですが、ほとんど1歳半~2歳くらいまでにはベビーカーを卒業するケースが多いです。

 

1歳半~2歳くらいになると、ほとんどの赤ちゃんはしっかりと1人で歩けるようになります。

ですので、ベビーカーにある一定の時間固定されて、自由に身動きできないのをイヤがり

ベビーカーに乗りたがらなくなる赤ちゃんも多数います。

 

普段ルーティンで使わなくなったとしても、ショッピングモールやテーマパークやかなりの距離を移動するときや

子どもの体調がおもわしくないときに使っているという人も多数います。

その他に、ママが妊娠中であったり下の妹や弟が小さくてだっこしないといけなかったりするご家庭では

長期間ベビーカーを使うこともあります。

 

ですので、ベビーカーを使わなくなる時期は年齢で決めるというよりかは

環境や生活スタイル、その子どもの性格や考えで大きく変わってくるということがわかります。

 

 

ベビーカーを使わなくなるタイミングは子どもによってそれぞれ

ベビーカーに乗り始める年齢も、子どもによってそれぞれ違いますが

ベビーカーを使わなくなるタイミングも、子どもによってそれぞれ違ってきます。

 

それに、子どもが持ち合わせている体力も、そして性格もそれぞれ違います。

ですので、ベビーカーを早い段階から使わなくなる子どももいれば

幼稚園や保育園に入園しても、まだまだ乗っている子どももいるのです。

 

うちの子の成長は遅い?早い??気になりますよね。こちらでもチェック!

赤ちゃんの成長が遅い子の原因とは?!成長障害と環境の関係性

 

 

自分で歩きたがる子どもは・・・早くに卒業

ベビーカーに固定されているのがイヤな子どもの場合は、歩けるようになるだいたい1歳くらいには

ベビーカーに乗ることをイヤがり、ベビーカーを卒業することもあります。

 

自分1人で歩くことが好きな子どもの意思を尊重して、ベビーカーを卒業させてあげましょう。

 

 

ベビーカーに乗るのが大好きな子どもは・・・遅めに卒業

なかには、自分1人で歩くことよりもママやパパにだっこしてもらうことよりも

ベビーカーに乗ることが、大好きな子どももいます。

 

ベビーカーが好きな子どもの、ベビーカーを卒業するタイミングは非常に難しいものですが

下に妹や弟が生まれてお兄ちゃんやお姉ちゃんになったり、幼稚園や保育園に通い始めるようになると

ベビーカーを卒業できるようになることが、非常に多いです。

 

無理やり歩かせたり、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)でしょ。」という言葉を投げかけても

なかなかベビーカーを卒業することはなく、むしろ余計ベビーカーに執着してしまうこともあります。

 

小学生になっても、ベビーカーを卒業することができない子どもはいませんので
焦らず、長い目で見守ってあげられるといいですね。

 

 

一般的には自分で歩きたがった時が卒業のタイミング!

ベビーカーに乗せる期間は、ママの生活スタイルによって全然変わってきます。

移動が自家用車の方が多い人と、徒歩や電車やバスなどの公共施設を使う人とでは

子どもがベビーカーに乗る時間というのは、全然違ってきます。

 

ベビーカーに乗る期間は、いつからいつまでという決まりは特にはありません。

子どもが自分1人で歩きたがったときが、卒業のタイミングともいえます。

 

卒業する年齢で言うと、歩き方がしっかりしてくる2〜3歳くらいが一番多いようです。

ですが、それよりも早かったり遅かったりする子どもも、もちろんいてますので

子どもによってそれぞれですので、絶対に○歳までに卒業!という風に決めなくても大丈夫です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベビーカーを使う期間には、特に決まりはありません。

各ご家庭ごとに生活スタイルも違いますし、子どもの性格た体力も違います。

子どもがベビーカーを必要としていれば、無理に卒業させずにベビーカーに乗せてあげましょう。

 

子どもが自分の意志でやめるタイミングがくれば、それがベビーカーの卒業時期になります。

子どもが1人で歩きたがるケースが続けば、それが卒業のタイミングにもなりますので

常に子どもの様子を見てあげてくださいね。

 

ベビーカーを、なかなか卒業できずに心配になることもあるかもしれませんが

そんな時は、次の方法を試してみてください。

時間に余裕のあるときは、できるだけ子どもと一緒に散歩に行くなどして

「歩く」ということを楽しむようにしましょう。

子どもが自分1人で「歩く」ということの楽しさがわかれば、知らないうちに自然とベビーカーを

卒業していくものです。

 

ちなみに、うちの子達はほとんどベビーカーを使うことがありませんでした。

外出する際は、ほとんど車移動でしたし、ショッピングモールや大型のテーマパークなどでは

子どもを乗せることができるカートをお借りしていたので、ベビーカーの出番が

ほとんどありませんでした。

 

このように、本当に各ご家庭の生活スタイルや子どもの性格や体力によって

ベビーカーの出番の時期というものは変わってきます。

皆さんのご家庭やお子さまにあった方法で、ベビーカーを使い始めたり

卒業したりする時期を決めてあげてくださいね。

おすすめの記事