子どもが2歳くらいになると、気になるのがトイレトレーニング(トイトレ)

トイトレを始める際の目安や、ちょうど良い時期ってあるのでしょうか?

 

周りのお友だちが始めたり、保育園などで進めてくれていたりすると

うちでもそろそろ始めようかな?と思いますよね。

ですがトイトレは、早く始めたからといって、早く終わるという訳ではないのです。

子どもの準備がまだ整っていないのに、あまりにも早く始めると

それだけ時間がかかりやすくなってしまうこともなきにしもあらずです。

 

一番大切なことは、ママやパパが一方的に焦らないこと!

我が子の発達状態をきちんと理解し、その時期を待ってから、一番良いタイミングで

オムツがはずれるように進めてあげることなのです。

そうです!うまくトイトレを進めることができなくても、それをストレスに感じたり

焦ったりしなくても大丈夫です。

トイトレで大事なことは、赤ちゃんの成長に合わせて、赤ちゃん・ママ・パパみんなが

トレスのないように進めていくことなのです。

 

よく、「夏から始めると、成功しやすいよ~。」と聞くけれど果たして本当なのでしょうか?

確かに夏の時期は、すっぽんぽんになっていても寒くないですし、おもらししちゃったとしても

洗濯物もすぐ乾くので、トイトレが進めやすいといわれています。

 

今回はトイトレについて

・いつからはじめたら良いのか?

・効果的なやり方や進め方は?

について、詳しくご紹介していきます。

 

 

トイトレの開始時期、タイミングは?

トイトレの開始時期については、下記のようなことが考えられます。

 

・おしっこの間隔が空いてくる(だいたい2時間くらい)
・おしっこやうんちが出そうになったら、何かしらのサインがある
もしくは、自分の口から伝えてくれる。
・赤ちゃんが自分の言葉で、ママやパパなどの大人と意志疎通ができ始める
・大人の言っている言葉が理解できるようになる
・1人で歩くことや1人でのおすわり(足腰)がしっかりしてくる
→おまるや補助便座に1人で座れるようになる。

 

などのサインが子どもから出始めたら、そろそろトイトレを開始する時期だと思って大丈夫です。

 

 

では何歳から始めるのがベスト?

トイトレを何歳から始めるか?という開始時期には、「○歳から!」という決まりは特にありません。

あくまでも、赤ちゃんの成長過程に合わせて、上記のタイミングを参考にして

我が子のタイミングを見極めてスタートするのが一番です。

 

トイトレを開始する時期は、一般的には2歳後半くらい~3歳くらいだと言われています。

この年齢は、子どもの成長発達とも関係しています。

1~2歳くらいの頃は、おしっこが膀胱にたまると我慢をすることがなく反射的に出てしまっていました。

ですが、3歳くらいになると、おしっこが膀胱にたまっても

少しの間であれば、我慢をすることができるようになるのです。

ですので、その間の2~3歳くらいの頃はちょうど勉強する時期にあたいするので

膀胱にたまったおしっこの感覚を、徐々に学んでいく時期になるのです。

 

つまり、膀胱におしっこがたまって自分でおしっこをしたい、おしっこが出るという気持ちが分かると

次に、ちょっと我慢することができて、そして、おしっこが出て気持ちがいいと感じる

という風に、おしっこが出るリズムがわかると、次第にオムツが取れていきます。

それができるようになるのが、だいたい2歳後半~3歳くらいにあたるというわけです。

 

ついついまわりの子どもと比べて焦ってしまうかもしれませんが、当たり前ですが

赤ちゃんの成長はひとりひとり、それぞれで違いますので、焦らずに我が子の様子をよく観察しながら

一番ベストなタイミングで始めるようにしてあげましょう。

 

 

トイトレ前に準備するもの

トイトレを始め進める前に、準備しておくものはコチラです。

 

「トイレ」の様子がわかる絵本や関連するオモチャやDVD

つまり、「トイレ」はこういうものだというイメージトレーニングをしてあげ

そして、子どもが排泄をしているイメージを作ってあげます。

それを、トレーニングを始める前に、絵本やオモチャやDVDを使って楽しみながら説明をしておくと

意外とスムーズにオムツがはずれます。

 

・トイレは何をする場所なのか?

・トイレへ行くときはどんな時なのか?

・トイレでおしっこができたらうれしいね

など、「トイレ」に対する意識づけをしてあげるといいでしょう。

 

つまり、子どもがトイレはおしっこやウンチをするところ、なので、おしっこやウンチがしたくなったら

トイレへ行くというイメージを持ち、興味や関心が持って、自分で行動ができるような

環境を整えてあげることが大切なのです。

 

うちの上の子は、上記の作戦を遂行しました。

事前に、絵本・オモチャ・DVDで説明して、子どもが関心を持ったらすかさず

DVDで流れていた音楽を歌いながらトイレへ行くようにしました。

楽しみながらトイレへ行くことができたので、あまり構えることなくトイレで排泄ができました。

 

 

補助便座やおまる

子どもがトイレで排泄をするためには、補助便座が必要になってきます。
トイレの便座から落ちないように補助便座を装着して、そこに座らせて排泄しました。

この補助便座も子どもの好きなキャラクターがあると、そこに座りたいがために

上の子はムダにトイレへ行っていたときもありました。( *´艸`)

 

補助便座では体が安定しなくて危険なときは、まずはおまるから始めてみましょう。

おまるはお部屋に置きますので、しっかりと足が地面に届いて固定されますし

トイレのような閉鎖的な空間ではないので、子どもも安心してすわることができます。

 

 

トイトレ用のトレーニングパンツ

トイトレ用のトレーニングパンツは、おしっこをしてしまうとパンツが濡れて気持ちが悪いという感覚を

よりわかりやすくなっています。

ある程度トイレでおしっこができるようになってから、トレーニングパンツにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

我が子の排泄の状態を把握しよう

我が子がおしっこやうんちを催す際に、どんなタイミングでおしっこやうんちがでているのか?

どんな動きをしているのか?などということを、しっかりと観察して把握することが大切になってきます。

状態を把握するということは、一番ベストなタイミングでトイレへ誘導したり

おまるに座らせたりすることができますので、トイトレの進み具合いにも少なからず影響するかもしれません。

 

下記のような動きが見られたら、おしっこやうんちを催している可能性があります。

皆さんのお子さんに当てはまる動きはありますでしょうか?

 

・股をおさえる
・足をバタバタとさせる
・動きが急に止まる
・急に走り出す
・おしりをもぞもぞと動かす
・ブルブルっとなる
・顔が固まる
・異常にぐずる
・ママやパパに八つ当たりする
・部屋のすみの方に行く

 

うちの子達は、マストな動き「顔が固まる」や「部屋のすみに行く」という動きをしたら

100%おしっこやうんちを催してました。

 

    トイトレの進め方

    では順を追って、トイトレを進めていってみましょう。

     

    ①「トイレ」の存在や「トイレ」は何をするところか?を教えてあげましょう。

    まず始めに、「おしっこやうんちは⇒トイレでする!」ということを赤ちゃんに教えてあげましょう。

    絵本やDVDで説明してもいいですし、ママやパパやお兄ちゃんやお姉ちゃんが

    実際にトイレで排泄をする様子を見せてあげてもいいでしょう。

    赤ちゃんは、大人や兄弟の真似をすることが得意ですので、真似をさせてあげる方が

    より早くトイレで排泄ができるようになるかもしれません。

     

    ②催しているサインがでたらトイレへ誘導してあげましょう

    寝起きすぐやご飯を食べる前など、おしっこが出そうなタイミングに

    「トイレへ行こうか?」「トイレでおしっこしてみようか?」

    などと声を掛けて、トイレへ誘導してあげるといいでしょう。

     

    出るか?出ないか?はわからないけれど、とりあえずはトイレへ行く習慣を身につけさせ

    便座に座らせることが大切です。

    これらを繰り返すことによって、徐々にトイレで排泄をすることができるようになります。

     

    ③オムツをはずしてトレーニングパンツにかえてみましょう。

    ある程度トイレでおしっこやうんちができるようになってきたら、トレーニングパンツにかえてみましょう。

    外出先でおもらしすると大変な場合は、とりあえずはお家の中にいるときだけ

    トレーニングパンツにかえてみるといいでしょう。

    最初は、トレーニングパンツの中でおしっこやうんちをしてしまうこともあります。

    ですが、赤ちゃんもパンツの中でおしっこやうんちをすると気持ち悪い感触があるとわかってくると

    徐々に、おしっこやうんちがしたいときはトイレへ行くようになります。

     

    トイトレは、1回目からうまくできるものではありません。

    何回も繰り返しおこなっていると、だんだんとできるようになってくるものです。

    最初は、「できたらラッキーだね!でも、できなくても全然OKよ!」という軽い気持ちで

    チャレンジしてみてください。

    もし、赤ちゃんがトイトレが苦痛でいつも嫌がるようであれば、いったん中止しても大丈夫です。

     

    忙しいときや外出先でおもらしをされちゃうと、ついつい怖い顔になってしまいそうになりますが

    ここはグッと我慢して、焦らず怒らず、赤ちゃんのペースで進めてあげるようにしてくださいね。

     

     

    焦らない!怒らない!しんどくなったら一旦休憩!

    上記の言葉を念頭においておいてください。

    焦っても怒っても、トイトレは前に進みません。

    赤ちゃんもママも疲れてしまったら、一旦休憩することが大切です。

     

    トイトレがなかなか前へ進まないときは、もしかしたらトイトレの時期が

    赤ちゃんにとって、まだ少し早すぎた可能性もあります。

    そんなときは、おもいきって中止するのがいいでしょう。

    そして、少し時間をおいて時期を変えて、再度チャレンジしてみましょう。

    意外と、再チャレンジ後すぐに成功したという例もありますよ。

     

    三日でトイトレ成功した例がある?!こちらの記事もチェックしてみてください!

    トイトレのやり方 3日で取れる方法!?2歳児の息子で試してみた

     

     

    トイトレのコツ&ポイント!

    トイトレを進めるにあたって、コツやポイントをつかんでおくと

    順調に進めることができるかもしれません。

    ここでは、そんなコツ&ポイントをまとめてみました。

     

     

    トイレへ誘いすぎない

    トイレへ誘う回数が多すぎると、逆にトイレへ行くことがイヤになる可能性が高くなります。

    そうならないためにも、子どもの排泄のタイミングをきちんと把握して

    ママやパパがタイミングよくトイレへ誘って、成功体験を増やすことが大切になってきます。

     

    どの時間帯におしっこを催しやすいのか?どんな時に量が多いのか?

    などを把握しておきましょう。

     

     

    トイレを嫌がるときは、トイレを楽しい空間に変身させる

    トイレへ行くのを嫌がるときは、トイレのイメージが悪かったりトイレへの警戒心が強かったり

    という可能性が考えられます。

    そんなときは、トイレを楽しい空間に変身させましょう。

    例えば、トイレのタオルやマットや便座カバーを赤ちゃんの好きな色や好きなキャラクターに変更したり

    オモチャをひとつだけ置いたり、トイレットペーパーを柄付きに変更したり

    なにかしら変えることによって、赤ちゃんも気分転換になって

    トイレの空間が好きになるかもしれません。

     

     

    失敗しても絶対に叱らない!

    トイトレを成功させる一番のポイントは、絶対に叱らない!ということです。

    忙しいときや外出先でおもらしをしたら、ついつい怒りたい衝動にかられがちですが

    ここはグッと我慢して、赤ちゃんを応援してあげましょう。

     

     

    成功したらたくさんほめまくる

    トイトレに成功したら、たくさんほめてあげてください。

    ママやパパがほめることで、赤ちゃんも俄然やる気が出てきます。

     

    ほめるポイントはいっぱいあります。

    ・トイレで排泄ができた

    ・出る前に教えてくれた

    ・出たことを教えてくれた

    ・今日はオムツを履いていない(1日中パンツでいれた)

    ・トレーニングパンツを汚していない

    ・1人でトイレに行けた

    ・1人で拭けた

    などなど探せばいっぱい出てきます。

     

    とにかく、「できた!」ということを重要視して、できたらたくさんほめてあげてくださいね。

    もし、何もできなかったとしても

    ・○○は言えたね

    ・○○は頑張れたね

    ・次はきっとできるよ

    などなど前向きな声掛けをして、トイトレがイヤなイメージにならないように

    してあげましょう。

     

     

    できたらシールやハンコを使ってやる気をアップさせよう

    トイレでおしっこやうんちができたら、シールやハンコを使って

    カレンダーや画用紙に印をつけさせてあげましょう。

    「できた!」という達成感を味合わせてあげるのに、とても効果的です。

    そうすることによって、赤ちゃんも「成功したらシールがもらえる⇒頑張ろう」

    という気持ちになります。

     

     

    まわりと比較しないで、我が子のペースで進める

    まわりでどんどんとオムツが取れていくのを見ると、うちの子は何でできないんだろう…。

    とママやパパはついつい焦ってきてしまいます。

    ですけど、一番大切なのは我が子のペースです。

    まわりの子どもと比べて焦らせずに、我が子ができるようになるまで待って

    応援してあげましょう。

     

     

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    トイトレは最初からうまくいかないものです。

    今までずっと、おしっこやうんちはオムツの中でしてきたのですから

    オムツからトレーニングパンツに変えたからといって、すぐにトイレで排泄ができるわけがありません。

     

    失敗が続くと、ついついイライラとして焦ってしまうものですが

    「いつかはとれる」と気長に構え、応援してあげるようにしましょう。

     

    そして、トイトレは当たり前ですが個人差が非常に大きいものです。

    大人が勝手に、「○歳から始めよう。」「夏はオムツがはずれやすいから、夏になったら始めよう。」

    と決めたとしても、赤ちゃんの身体と心の準備が整わなければなかなか上手く進みません。

     

    トイトレのコツや成功のポイントは、赤ちゃんのタイミングをきちんと理解してから始めて

    失敗をしたとしてもけっして叱らずに、焦っている気持ちを出さずに

    とにかくほめまくって、赤ちゃんもママやパパも楽しみながら進めていくことです。

     

    失敗が続いて、どうしてもイライラが止められないようであれば、一旦トイトレを休憩してみるのもいいかもしれません。

    そして、赤ちゃんんのタイミングや成長を待って再度チャレンジしてみてください。

     

    トイトレは、失敗を繰り返したり、ときには後退したりするものですが、先にも述べましたが

    失敗するのは当たり前のことなのです。

    赤ちゃんも頑張っているのですから、ママやパパも焦らず叱らずで

    赤ちゃんを応援してあげることができたらいいですね。

     

    ちなみに、うちの上の子は2歳後半くらいから進めたのですが、失敗は少なかったものの

    夜はなかなかオムツが取れませんでした。

    しかし、下の子は3歳から幼稚園へ通っていたこともあって、トイトレも3歳6ヶ月から

    幼稚園の方で進めてくださったのですが、一週間もかからずにあっという間に取れました。

     

    上の子の時も下の子の時も、オムツが取れるまで長かったり短かったりでしたが

    気が付いたら2人共取れていたので、ついつい焦ってしまいがちですが

    本当に全然焦ることないので、気長にチャレンジしてみてくださいね。

    おすすめの記事