離乳食が安定してくると同時に、より一層食に興味が出てきて、子どもが自分の手を使って食べ始めるようになります。

最初は、手づかみで食材を口に運びますが、やがて自分で徐々にスプーンやフォークを使って

ママやパパの手助けがなく1人で食事ができるようになっていきます。

 

スプーンやフォークを上手に使えるようになってくると、次はいよいよ「お箸」の練習ですよね。

ですが、お箸を使い始めるのに適した年齢や練習方法について、どうやって教えればいいのか?

そして、具体的にどんな風に練習を始めていったらいいのか?など

難しいな・・・?きちんと教えることができるかな?などと不安に思っている

ママやパパも多いことかと思います。

 

周りにいる同じ年頃のお友達が、上手にお箸を使っているのを見ると

ついつい焦ったりしたことはありませんか?

 

当たり前のことですが、お箸の持ち方は大事なマナーのひとつになります。

子どもが小さいときから、正しい持ち方を身につけあげさせたいものですよね。

大人になってから矯正しようとしても、一度身についたやり方を正すのは

なかなか難しいものです。

 

そこでこちらでは

・子どもがお箸を使えるようになるのに適した年齢は何歳頃なのか?

・最初はどうやって練習を始めたらいいのか?教え方のコツってあるのか?

・子ども用のお箸の選び方は?オススメのお箸は?

など、子どもの「お箸」について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

 

子ども用のお箸はいつから練習するのがベスト?

子ども用のお箸の練習を始める時期ですが、「○歳から練習を始めるとよい!」という

はっきりとした年齢の決まりは、当たり前ですが特にありません。

 

子ども自身に、お箸に対する興味やヤル気がないと、お箸の練習を始めることは難しいですし

子どもの手先の力や動かし方がある程度発達していないと、お箸を1人で持つことも難しいです。

それに、教える時にある程度の理解力や言語の発達が進んでいないと

正しいお箸の使い方をきちんと伝えるということは、とても難しいことになります

 

「○歳になったからお箸の練習を始めましょう。」というものではなくて、下記のようなことができ始めたら

「そろそろお箸の練習始めてみようかな~。」と軽い気持ちでスタートさせてみるのがいいでしょう。

 

 

最初のとりあえずの目安は2歳の誕生日を迎えたら

上記でも述べたように、お箸を使い始める時期には特に決まりはありません。

子ども用のお箸に「2歳用~」と表示されているものも多いので、とりあえずの目安として

2歳の誕生日を迎えた頃から始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

もし、子どもがまだ全然「お箸」に興味がなく、スプーンやフォークの方がいいと言うならば

無理にお箸に変えなくても大丈夫ですよ。

 

一般的には、2歳頃からお箸の練習を始める方が多いようですけど

もう少し後の、3~5歳から始めても全く問題はありません。

 

 

お箸に興味を持ち始めたら

家族みんなで食事中に、ママやパパが使っているお箸を赤ちゃんがジッと見つめているときってありませんか?

あとは、同じ年頃の仲の良いお友達がお箸を使って食事をしているのを見ると

「私も(僕も)お箸を使ってみたい~。」と興味が湧くかもしれませんね。

そんなときは、チャンスですのでぜひお箸を使わせてあげてください。

 

子ども自身が興味を示す前に、大人の都合で無理やり始めたとしても

子どもが嫌がって断固拒否してしまうこともあります。

ですので、焦らずに子どもがお箸に興味を示しお箸を持ちたがってから練習を始めてみましょう。

 

最初から上手にお箸を使うことはできませんので、うまく使えないからといっても

怒った顔を見せずに、ニコニコ笑顔で「次は、ちゃんとできるようになるよ~。」と言った

前向きな言葉掛けをしてあげることが大切です。

 

 

フォークとスプーンを「鉛筆持ち」できるようになったら(下から持てるようになったら

お箸の練習を始める前に、フォークやスプーンの持ち方が鉛筆持ちができるようになっておくのが基本です。

鉛筆持ちができないと、正しくお箸を持つということは子どもにとっては非常に難しいものです。

 

ですので、フォークやスプーンを使う時に、徐々に鉛筆持ちのやり方を教えてあげましょう。

フォークやスプーンの持ち方は、成長とともに変わっていくものです。

最初は、フォークやスプーンを上から(グーの形で)横に持っていたとしても

2歳前後になると、上からグーではなく3本の指で持ったり、はたまた下から持ったりして

次第に上手に食べられるようになっていくものです。

 

何回か練習をして、フォークやスプーンを鉛筆のように持って、こぼさないように食べられるようになったら

同じ持ち方で、お箸を持つ練習をスタートさせることができるようになります。

 

 

手でピースサインができるようになったら

赤ちゃんは、指5本を一辺にまとめて動かすことはできるのですが

指の1本1本を、それぞれで細かく動かすということは、なかなか難しくてできないものなんです。

 

ですので、ピースサインができるようになったということは、指の1本1本をそれぞれで

上手に動かせることができるようになったという証明にもなります。

 

ピースサインができるようになったら、そろそろお箸の練習をスタートさせても大丈夫です。

 

 

保育園や幼稚園で練習

保育園や幼稚園での給食の時間に、年齢によってはお箸を使って練習をする園もあるようです。

一般的には、保育園ではだいたい3歳頃までにはお箸が使えるようにするために

2歳児クラスの頃から練習を始めるところが非常に多いようです。

 

幼稚園では、3歳児クラスの2学期か3学期から、年中クラスにかけてお箸の練習を始める園が多いようです。

ですので、自宅でも同じ頃にお箸の練習を始めると相乗効果もあっていいかもしれませんね。

 

 

オススメの練習方法とは?

次に、オススメの練習方法についてご紹介します。

 

まずは食事の時間ではなくて遊びの時間からスタート!

練習をスタートするとき、まずはご飯の時間は絶対に避けましょう。

・食べたいのにお箸を使うとなかなか食べられない

・食べ物が予想以上に散らかってしまう

・お箸を使って上手に食べさせなければいけない。という気持ちが強くなってついイライラ

という風に、ついつい教えるママやパパも教わる子ども達も集中できなかったりします。

そして、上手くお箸を使えない現状に、家族みんながついついイライラしてしまいがちです。

 

当たり前ですが、最初から上手にお箸を使えるわけがありません。

失敗してしまうことの方が多いものです。

 

ですので、初めてお箸を使うときはご飯以外の時間、できたら遊びの延長線上(おままごとなど)で

お箸の練習を楽しみながらすることをオススメします。

小さく切ったスポンジや小さく丸めた紙やティッシュを使って、練習用のお箸で掴む練習をして

お箸に慣れさせることから始めてみましょう。

 

 

指先・手先を使った遊びをたっぷりと行ってから

指先の力を強くするためにも、手先をきちんと動かせるようにするためにも
遊びの時間の中で、身体を使って指先・手先をたっぷりと動かしているということが必要になります。

ブロックや積み木、粘土を使って遊ぶことも大事ですし

シールをペタペタと貼ったり、画用紙や折り紙を使って工作などを楽しみ

指先・手先をたっぷりと使う遊びを行ってみましょう。
指先・手先の力が強くなったら、次のステップとして
お箸を使ってご飯を食べ始めてみましょう。

お箸の選び方

子ども用のお箸といっても、いろいろな種類があります。

どれがいいのか?迷ってしまいますよね~。

 

こちらでも詳しく特集中!チェックしてみてくださいね~

子供のお箸を買うのに気をつけたいこと。サイズをどれを選べばいいの?

 

自分の子どもに合ったお箸を用意しよう

丸い輪っかがついたトレーニング用のお箸は、とても持ちやすく練習しやすいので
2歳前後の小さな子どもが練習するには、ちょうどよいと思います。
ですが、うちの子ども達もそうでしたが、使いやすすぎるために
なかなか普通のお箸に移行するのに苦労しました。
丸い輪っかが付いた練習用のお箸の他にも、指を添える箇所にくぼみや印が付いた矯正箸もあります。
あとは、滑らない素材の箸や右利き用・左利き用と、利き手に合わせた形のもの
そして、子どもの好きなキャラクターが付いたものなどもあるので、子どもの年齢や発達の度合いに合わせて
我が子に合う最適なお箸が見つかるといいですね。
出典元:楽天  マミーショップ

子どもの手に合ったサイズのお箸とは?

そして何より、子どもの手のサイズに合ったお箸を用意することが大切になってきます。

子どもの手に合ったサイズのお箸を使うことによって、お箸の使い方の上達にもつながるからです。

 

では、子どもの手に合ったサイズってどのようにして調べるのか?をご紹介します。

まず、利き手の親指と人差し指を直角(L字)に開いて、親指の先と人差し指の先を直線でつないだ長さを測ります。

その長さに、1.5をかけた長さがその手にぴったりのお箸の長さになります。

 

サイズの合わないお箸を使うことは、子どもにとってとても負担になります。

ですので、サイズの合わないお箸は、絶対に使わないようにしてください。

サイズの合わないお箸をずっと使っていると、なかなかお箸を上手に使うことができなくて

途中でお箸の練習をすることが嫌いになってしまうかもしれませんので、十分に気をつけるようにしましょう。

 

長さの目安は

・お箸13cm・・・身長100cm以下(~2歳)

・お箸14cm・・・身長100cm~110cm(3歳用)

・お箸15cm・・・身長105cm~115cm(4歳用)

・お箸16cm・・・身長110cm~120cm(5歳用)

・お箸17cm・・・身長120cm~125cm(6歳~)

 

 

上手に使えたらたくさん褒めてあげる

お箸を上手に使うことができたら、とにかくたくさん褒めてあげてください。

ほとんどの子どもは、褒められると俄然ヤル気が出てきます。

「また、ママやパパにたくさん褒めてもらいたいから頑張ろう!」と意欲がどんどんと出てくるものです。

ですので、少しでも上手に使うことができたら、これでもかーーっていうくらい

たくさん褒めてあげてくださいね。

 

そして、上手に使えなかったとしても叱ることは絶対にやめましょう

最初から上手にお箸を使える子どもなんていないものです。

個人差もあって、練習してすぐに上手にお箸を使えるようになる子どももいれば

何回練習しても、なかなか上手くお箸を使うことができない子どももいるものです。

 

もし、上手にお箸を使うことができなくて泣いたり元気がなくなったりしてしまったら

その日の練習をすぐにやめるようにしましょう。

そして、気分を変えまた違う日にチャレンジするようにしましょう。

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

お箸を練習するにあたって、一番大切なことは、親が焦らないこと子どもに焦らせないことです。

お箸を早く使えるようになってほしいからといって、ついつい叱ってしまいがちですが

叱ると逆効果になるものです。

叱ることによって、子どもがお箸を使うことを嫌いになってしまうかもしれません。

最初から上手にお箸を使うことはできないものなので、たくさん褒めて

焦らずに練習に付き合ってあげるようにしましょう。

 

お箸を上手に使えるようになると、みんなでご飯を食べることが今まで以上に楽しくなるはずです。

上手にお箸を使うことができたときには、たくさん褒めてあげて

子どもにたくさん自信を付けてあげましょう。

 

そして、お箸の練習はもちろん大切なことなんですが

・まずは楽しく食べること!

・食事の時間を楽しむこと!

などを優先して、家族団らんの時間をご家族皆さんでより一層盛り上げてくださいね♪

おすすめの記事