ご懐妊おめでとうございます!!!

心音も確認できて、母子手帳も受け取って、母親の自覚と幸せがじんわり・・もつかの間。

襲ってくる倦怠感、吐き気、熱っぽさ、頭のモヤモヤ。。。

とにかく調子が悪い。もしかしてこれが。。。

 

つわり?!

 

私も現在生後7ヶ月になる娘を妊娠中、結構壮絶なつわり体験をしたんです・・

その経験談も含めつわりについて紐解いていきましょう。

 

つわりについてのお悩み記事はこちら。

つわりの種類と個人差

 

つわりとは、軽度、重度、症状も様々ですがおよそ9割の妊婦さんがなんらかの体の不調を経験するといわれています。

その種類は、代表的な

・吐きつわり

・食べつわり

そのほかにも

・よだれつわり

・眠気つわり

・頭痛つわり

など、人によって本当に様々です。

どれも軽度、重度あるとは思いますが、赤ちゃんを守らなきゃという責任感と、体調への向き合い方でものすごくストレスを抱えると思います。

また、会社勤めの方、他のお子さんを子育て中の方もいらっしゃいますよね。

まだ安定期ではなく周りに言えなかったり、
お腹も目立っていないのでなかなか気を使ってもらえなかったりで一番大変な時期なのかもしれません。

いつごろピークを迎えるの?

個人差があるつわりですが、だいたい5週くらいから始まり、8~9週くらいでピークを迎え、14週くらいで終わり出す方が多いそうです。

ただ、これは本当に人によるとしかいいようがありません。

多くの方は上記のようなパターンであるとはいえ、例外もすくなくありません。

 

実際、わたし。。

 

産むまでつわりが終わらなかったんです。。

 

ただ、ピークはあり、上記のとおり8〜12週ごろだったように思います。

 

ほとんど動くこともできなくて、頭を左右に動かすことさえ辛かった日々。

思考も停止。人の話やメールを理解するのにいつもの何倍も時間がかかっていました。

 

食パン1枚食べるのに半日かけたり、ガリ⚪︎リくんしか食べられない日があったり、その時は5~6キロ痩せましたね・・

 

朝起きて寝るまで休みのない吐き気
二日酔いや車酔いの比ではない気持ち悪さ。

 

毎日泣き通し。

「つわり いつ終わる」と何十回検索したことでしょう。笑

 

本当に精神的にギリギリまで追い詰められました。

 

唯一の支えは、それでも子供が順調に育っていてくれたこと。

栄養のあるもの食べられなくてごめんね、
でもママ、あまりにも辛くてくじけそうよ・・・となんどもなんども話しかけていました。

 

そんな状態で仕事できるわけもなく、
正社員だったのですがあまりの辛さに限界を感じ、ご無理言って休職させていただきました。

 

検診も自宅から病院までドアtoドア。

 

その後、自宅から徒歩5分のコンビニまで外出できるようになるまで2ヶ月ほどかかりました。

今思えば、安定期といわれる時期だったように思います。

 

サラダなどを食べられるようになって一時的に復職したのですが、1ヶ月あまりでまた体調もすぐれなくなって再び休職・・

復帰を目指しましたが、結果的にそのまま産休に入るまでほとんど外出も出社もままならなかったです。

 

ただ、ピーク時よりは少し良かったので、子供のことを考えて前向きな気持ちになれたり、少しずつ食べても吐かなくなりました。

 

それでも毎日毎日、つわりいつ終わるかなと考えていたのですが、もう7ヶ月を過ぎたあたりから

『あ、これ産むまでコースだな』

と諦めましたけど。笑

つわりとの向き合い方

では、私はどうやってつわりを乗り越えたか。

 

すくすく育ってくれている赤ちゃんのことを考えていた。

 

やはり、大きな大きな強さになりました。

ただ。。

 

正直。。

 

それでも辛かったですよ。

 

「母親なんだから」

「望んだ妊娠でしょ」

妊婦さんに励ましのつもりで言っちゃったことないですか?

 

これは、絶対禁句ですよ。笑

 

もちろんそうなんです。
100も200も承知ですよそんなこと。当たり前です。

 

それ以上に、辛いんです。つわりって。

 

赤ちゃんを諦めてしまおうかと考えてしまうくらい、骨と皮になるまでやせ細ったり、水も飲めなくて入院してしまうママもいます。

 

その人のつわりはその人しか、わからないんです。

 

 

向き合い方。

 

ただひたすら時が過ぎるのを待った。

 

それだけでした。

 

すがる思いで検索していただいた妊婦さん、申し訳ございません。

子供の成長に幸せを感じるのはもちろんです。
でもそれが真実なんです。

 

ただ、私のような経験をした妊婦もいた。他にも辛い思いをしている妊婦さんもいる。

 

今はネット社会です。

いろんな方の経験談をみて、その人たちが出産を経て待望の赤ちゃんと対面している。

 

『いずれ私にもそんな日が来る』

 

そんな日を夢見てすごしてみてください。

 

必ず

 

いつか必ず終わりますから。

 

そしてそれは

 

赤ちゃんに会えるということだから。

 

 

つわりを少しでも軽減したい!そんなママのためにまとめた記事はこちら。

 

まとめ。つわりを経験して。

さて、

陣痛まで続いたつわり。

分娩を終えたら嘘のようにすっきりしていて、
直後に出された昼食をぺろりと完食できて出産と同じくらい感動した私ですがひとつだけ、つわりに感謝していることがあります。

 

それは、

 

他の妊婦さんに寄り添ってあげられること。

 

妊娠全体に言えることなんですけど、
経験しないとわからず、
私もこれまで妊婦さんに不親切だったなと反省することがたくさんあったんです。

 

もちろん、全く同じ体調や経験することはできないんですが、

もし身内であれば、「私にできることない?」と声かさせてもらったり道行く妊婦さんであれば、席をゆずったり、なにか手伝えることがないか見守らせてもらったり必ず味方になりたいと思います。

 

大丈夫。

 

なんども言いますが

 

絶対に終わりはきます。

 

幸せとともに。。。

おすすめの記事