徐々に出産予定日に近づいてきているママさん!出産するための入院の準備はもう終わりましたか?

ギリギリになって出産・入院の準備を行わなくていいように前もってしっかりとバックに必要なものなどを用意しておきましょう。

出産・入院の準備をする時、バックを分けて準備するという話を聞いたことはありませんか?

なぜバッグを分けて準備するのか?また、入院手続き・入院時・出産時・退院時に必要なものなどについて、初産のママでもわかりやすいようご紹介していきます。

小さいバッグ・大きいバッグに分けて準備する理由とは

バックを開けて準備する理由というものは、出産する時、貴重品や出産時に必要なものなどを大きいバックのまま持っていくわけにはいかないので、トートバッグぐらいのサイズにまとめて準備しておくと便利!

入院時は、洋服など様々な生活用品が必要になりますので、大きい旅行用のスーツケースなどに準備するようにしましょう。

少なくてもバッグを2つに分けて出産・入院の準備を行っておきましょう!

出産前の入院準備はいつごろから始める?

基本的に妊娠28週(8ヶ月)~35週(9ヶ月)までにはしっかりと入院・出産の準備を行っておきましょう。

陣痛が来た時は、基本的に冷静にはいられないと思いますし、その状態で準備を行うことも難しいので、あらかじめ前もって準備しておく必要があるのです。

準備する期間が早すぎると、おなかの中の赤ちゃんの性別が分からない場合があり、赤ちゃんのモノを準備することができなかったりしますので、性別が分かり次第赤ちゃんのモノを用意しましょう!

また、手助けをしてくれる家族などがいらっしゃる場合は、緊急入院などに備えて準備したものなどの置き場を伝えておくと安心できますね!

入院のタイミングは人それぞれだ!

入院のタイミングというものはママ(妊婦)さんによって変わってくるようです。

陣痛が来て入院をするママさんもいれば、破水をきっかけに入院するママさんもいます。その他には、検診などに行った時、すぐに入院しましょう!と勧められる場合もあるようです。

入院手続きで必ず必要になるもの

入院手続きを行うとき必ず必要となってくるものが4つありますので、準備して入院の手続きに行きましょう。

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 健康保険証
  • 印鑑

手続きする際、以上の物が必要になります。

退院する時入院費用などを支払う時や、入院中の書類提出の時などに印鑑が必要になってきます。印鑑以外のものは妊婦検診などでも準備しているかと思われますが、入院手続きの際は「印鑑」が必ず必要になりますのでお忘れのないようにしましょう。

入院生活で必要なもの

  • パジャマ、ネグリジェ(3枚)
  • カーディガン
  • T字帯
  • すそよけ
  • 授乳用ブラジャー(3枚)
  • 母乳パッド
  • 清浄綿
  • 洗面用具
  • 化粧品
  • 靴下
  • タオル、ガーゼ
  • マグカップ、お箸
  • ウエットティッシュ、ゴミ袋
  • 曲がるストロー
  • ドーナツクッション
  • 産褥ショーツ(3枚)

以上のものが入院生活で必要になってくるものです。改めてしっかりとご確認し、準備しておきましょう。

入院生活で必要なものの中から、4つほど詳しくご説明させていただきます。なぜ必要なのか?どのぐらい必要なのか?などを理解していただければと思います。

「授乳用ブラジャー」

授乳用ブラジャーもしくはカップ付き授乳インナーというものは必需品となりますので、必ず準備しておくようにしてください。 3枚ほどあれば十分かと思われます。授乳用ブラジャーは授乳する際、スムーズに授乳を行うために必要となる。また、敏感になっている乳頭に優しいのと、吸湿性がありますので、夏場などは大活躍!

「産褥ショーツ」

股の部分が開閉するようになっているので、ショーツを脱がずに寝ころんだまま診察や産褥パッドの交換を簡単にできるのです。出産直後から着用することになりますので、3枚ほど準備しておく必要があるでしょう。(必ず準備しておく必要があるものですが、帝王切開の時はなおさら必要となります。)

出産時に必要なもの

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 診察券
  • 印鑑
  • 入院に必要な書類
  • 筆記用具
  • 携帯、充電器、財布、鍵、メガねなど
  • ペットボトルの水とストローキャップ
  • 簡単に食べれるもの
  • ヘアゴム
  • スリッパ
  • デジカメ
  • 産褥ショーツと産褥パッド(1枚づつ)
  • 生理用ナプキン

以上のものが出産時に必要となるものです。改めてしっかりとご確認し備えておきましょう。

出産時に必要なものの中から、2つほど詳しくご説明させていただきます。なぜ必要なのか?どのぐらい必要なのか?どういう時に使うのか?などを理解していただければと思います。

「ストローキャップ」

ストローキャップは出産時の超必需品と言っても過言ではないアイテムです。1つは必ず準備すること!

ストローキャップをペットボトルに装着するだけで寝たまま水分補給が行えるのです。出産時・産後すぐの状態の時には必ず必要となります。(ペットボトルによってはサイズが合わない場合がありますので事前に確認しておきましょう。)

「簡単に食べれるもの」

出産中のエネルギー補給用に簡単に食べれるものを準備しておく必要があります。ウィダーインゼリーや小分けになっているお菓子などを準備しておくと、簡単に食べれるのでおすすめです。

「産褥パッド」

産褥パッドも上記で説明した産褥ショーツと同様に、出産直後から使用します。大きい産褥パッド・小さい産褥パッドがありますが、念のため大きめのものを準備しておくと安心できるでしょう。

「生理用ナプキン」

悪露(子宮から排出される血液を含む分泌物)の量が落ち着くと、生理用ナプキンで代用することが可能になります。代用しなくても良いという方は準備物から外しておきましょう。

退院時に必要なもの

退院時に必要なものも紹介しておきます。退院時に必要なものは、後からでも用意することが可能なので、無理に出産・入院準備の時に準備しておかなくても大丈夫です。(前もって準備しておくと便利)

  • ベビー肌着
  • カバーオール、ベビードレス
  • おくるみ
  • おむつ、おしりふき
  • ママの退院時の洋服
  • 化粧品

以上のものが退院時に必要となるものです。前もって準備しておくか、パパの力を借りて準備してもらいましょう。

退院時に必要なものの中から、2つほど詳しくご説明させていただきます。なぜ必要なのか?などについて記載しています。

「ベビードレス」

退院時、赤ちゃんは外に出るのが初めてですし、自分たちのお家に行くのも初めてということで、赤ちゃんにとって退院した日はとても大切な1日となりますので、おしゃれなドレス・洋服などで優しく包んであげましょう!

「おくるみ」

おくるみは、防寒対策の効果だけではなく、ママのおなかの中にいた時のように優しく包み込み、安心させる効果もあるのです。季節のよっておくるみの厚さを考えて購入することをお勧めします。

産院・病院で用意されているものとは

産院・病院で最低限必要になるものをご用意されております。用意されているものに関しては、産院・病院などで異なりますので、前もって確認しておくことが大切です。

また、産院・病院ではレンタル可能なものもありますので、入院する産院・病院などでレンタルが可能なものを事前にお聞きして、荷物を減らしたりすることもできます。

  • 新生児用オムツ
  • 産褥パッド Lサイズ、Mサイズ
  • 分娩室で着るモノ
  • 使い捨てショーツとパット
  • 体温計
  • 水やシャンプーなど

産院・病院でレンタル可能なもの

  • 前開きパジャマ
  • タオル
  • バスタオル

お産セット・レンタル可能なものは、産院・病院によって異なりますので、予め事前にお聞きするようにしてください。

ここまでは出産・入院をする際に必要となるものに関する必要事項を記載してきましたが、ここからは、出産・入院までにやっておくべきことについてご紹介していきますので、参考にして頂ければと思います。

出産のための入院までにやっておくベきこと

出産のために入院するということは、ママが入院期間中家を留守にするということになります。また、退院した際は大切な家族が1人増えた状態で家に帰ってくることとなります。このような事を考えながら、入院までにやっておくべきことを行っていきましょう。

  • 赤ちゃんが使うグッズを用意しておく
  • 赤ちゃんの寝るスペースを作っておく
  • パパの食事を作り置きしておく
  • パパにお願いすることをメモ書きで引き継ぎする
  • 日常生活に困らないようパパに場所の説明をする

このようにおなかの中に赤ちゃんがいるにも関わらず、ママのやることはすごく多いのです。赤ちゃんが使うグッズの消耗品、赤ちゃんが寝るスペース作りはパパになってもらうことができますが、家を留守にするということで、パパのことも考えなければならないので、必要事項をしっかりとパパに引き継ぎ、安心して出産・入院できるようにしておきましょう!

まとめ

出産するための入院準備でバッグを分ける理由、またバックに準備するものなど様々な項目についてご紹介していきました。また、入院手続きの際に必要となってくるものについても紹介しておりますのでご確認ください。

出産・入院準備は必ず前もって準備しておくことが大切です。陣痛が起きてから準備することはなかなか難しいので、すぐに病院に駆けつけれるよう備えておきましょう。

また、入院することで家を留守にしますので、留守にする前にやるべきことをしっかりと行なって、安心して出産・入院できるようにしておくと良いでしょう!

おすすめの記事