こんにちは!2歳の女の子ママのASAKOです。

可愛いわが子の七五三ってママやパパもわくわくしますよね。

しかし、七五三って3歳・5歳・7歳でするのはなんとなく知ってるけど、それ以外はあまり知らない…ってママも少なくないんではないでしょうか。

私もそのクチで、女の子も男の子も3歳・5歳・7歳全てで祝うものだと思っていました^^;

今回は「七五三」をテーマにご紹介します!

なぜ七五三は3歳 5歳 7歳でお祝いするの?由来は?

そもそも七五三ってどういう行事なんだろう…。

子供の成長を祝う行事っていうのは知っていましたが、なぜ3歳・5歳・7歳という年齢でするのか?

 

昔は赤ちゃんの死亡率が非常に高かったため、7歳以下の赤ちゃんはまだこの世に命が定着していない者として扱われていました。

死亡率が低くなる7歳を過ぎた段階で、ようやくこの世の仲間入りというわけです。

ですので、7歳になる事は、第二の誕生と言うべき節目だったんです。

そのため、人生の通過儀礼として三歳・五歳・七歳の間にお祝いが行われるようになったと言われています。

 

なぜ2歳・4歳・6歳ではなく、3歳 5歳 7歳なのかというと、奇数年が子供の厄年にあたる年と考えられていたので、大人でいう厄払いもかねていたという説もあります。

また、3歳で言葉が理解でき、5歳で知恵づき、7歳で乳歯が生え代わるといった、発育してゆく上で病気にもなりやすい、節目の時期なので、氏神様に健やかな成長をお祈りをするという意味合いもあります。

 

七五三の意味として7歳までの子供は神の子(神様からの授かりものである)とされていて、それまで無事に生きてこられましたという神様への感謝と、これからも長生きが出来ますようにという願いをこめて行う儀式なのです。

年齢別で違う七五三

3歳

当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3〜4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録しました。

子供が無事に3人別帳や氏子台帳に登録できるようになると、親はようやく自分の子供となった記念に子供の髪を伸ばし始めます。

この男女ともに髪を伸ばし始める儀式が「髪置きの儀」です。

5歳

男の子は、5歳になると子供用の着物から初めて袴をつけることが許されます。

5歳には男の子が男として認められるようになるといった意味が込められています。

この男子が袴を着用し始める儀式が「袴儀」です。

7歳

女の子は、7歳になるとそれまで着物をとめるのに利用していた紐を帯に変えるようになります。

この儀式を「帯解きの儀」とし、女の子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀式です。

大人の女性として認められるようになるといった意味が込められています。

七五三はいつするの?

七五三は毎年11月15日に祝います。

 

なぜ11月15日なのかというと、この日が鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたからです。

旧暦の11月は秋の実りを神に感謝する月でしたので、その月の満月にあたる15日に、氏神に収穫の感謝すると共に子供の成長の感謝・祈願をしたものと考えられています。
また、徳川綱吉が息子の健康を祈って始まったとされる説もあります。

 

ただ、必ずしも11月15日当日に参拝やお祝いができなくても問題ありません。

15日はド平日であることも多いので、共働きが多くなってきた現在はむしろ15日は避けるご家庭も多いです。

一般的にお祝いする時期は、10月〜11月の土日祝がやはり多いです。

前撮りは9月くらいの早めにする!というご家庭も多いようです。

数え年?満年齢?いつ七五三はするの?

パパやママが悩むのが、七五三のお祝いを「数え年」でするか「満年齢」でするか。

そもそも「数え年」と「満年齢」ってなんぞや?って感じですよね。

満年齢

その時点での年齢=満年齢です。

産まれた年を0歳とし、誕生日を迎えるごとに1つずつ年齢が増える数え方。

普段私たちが使っているのが満年齢です。

数え年

数え年とは、産まれたその日にすでに1歳で、元旦(1月1日)に全ての人は年をとる、という考えかたです。

例えば、平成30年の12月1日に産まれた人はその時点で1歳です。

平成31年の1月1日になると2歳になります。

 

昔は数え年が主流でしたが、今は「満年齢」でお祝いするご家庭が多いです。

理由は「数え年ですると子供が幼すぎるから」

3歳の七五三を数え年で祝うとすると、子供はまだ2歳。

2歳の子供に着物を着せて、神社でご祈祷して…と、考えただけでドッと疲れます。

ですので、まだ小さい子供に負担をかけてまでするより、満年齢で少しお兄さん・お姉さんになったころにお祝いするご家庭が増えたのです。

 

ただ、年が近い兄弟姉妹がいる場合、満年齢・数え年混合する場合もあります。

上の子が7歳(満年齢)で下の子が5歳(数え年)なんだけど・・・という場合。

できれば、年が近ければ毎年するより1回で済ませてしまいたい…ってママも多いですよね。

その場合でも問題ありません。

神社やお寺でも「上の子は満年齢。下の子は数え年なんです」と伝えれば、ちゃんとご祈祷なども対応してくれますよ。

男の子は何歳?女の子は何歳で祝う?

七五三は男女でお祝いする年齢が違います。

女の子は3歳・7歳

男の子は3歳・5歳です。

3歳のお祝いは地域によって男の子はしない地域もあります。

地域によって、男女の年齢で祝うタイミングが違ったりしますので、一般的な年齢に合わせるか、育った地域にあわせるかはご家庭で相談しながら決めていくのがいいと思います。

七五三ってなにするの?

七五三の1日の基本的なスケジュールはおそらく皆さんこんな感じ。

朝:着付け

午前中:近所の氏神様に参拝し、ご祈祷をしてもらう(事前予約したほうがいいです)

お昼:家族または親戚揃って食事

 

このあと、写真館で記念撮影するご家庭もあると思いますが、記念撮影は別日にするご家庭も多いです。

慣れない服装で移動するため子供も思ったより疲れますし、神社でのご祈祷も思ったより気疲れするもの。

ご飯食べ終わったあとは、お昼寝時間も確保したいですしね。

記念の写真撮影に関しては、写真館の混み合う七五三シーズン(10月、11月)を避け6月頃から前撮り撮影をすることも多くなってきています。

その場合ハイシーズンよりもだいぶお安く撮影をすることができるようなので、おすすめですよ。

七五三はどんな格好するの?洋装でもOK?

女の子は着物・男の子は袴がやはり主流のよう。

昨今では写真館で着物レンタルでき、ご祈祷がおわったら写真館でそのまま撮影。というプランもあるようです。

着付けもしてくれるので、ラクチンですね。

最近は着物を購入しなくてもレンタルできるところも多くなってとっても便利になっています。

 

また、「子供が着物をイヤがるからスーツでもいいのかな?」「可愛いワンピースで参拝したい!」って人もいますよね。

洋装でも全然OKですよ!

実際にワンピースでご祈祷している3歳の女の子を最近見かけました。

 

「でも神社にスーツやワンピースって大丈夫?」って不安もあると思います。

娘のお詣りに行く予定の、地域で一番有名な神社では「ご神前にてご祈願する事は、神様の前でお願いする事です。失礼の無い服装で有れば、着物で無くても大丈夫です。」という回答がありました!

神様に失礼のない服装であれば洋服で七五三のお詣りに行っても問題ないという事ですね!

神社の神主さんが言っているのだから、絶対大丈夫!

 

着物は可愛いけれど、色々なデメリットも。

  • 子供がすぐに疲れてしまう
  • 着物は汚す不安が大きくて参拝後の食事では全く落ち着かなかった
  • 前撮り写真では着物にしたので、参拝当日は動きやすいワンピースにした
  • 着物に比べてとってもリーズナブルに済んだ

メリット・デメリットを考えて子供とプランに合わせた服装でお祝いしたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

七五三は子どもの成長を願う行事ですから、あまり年齢や服装に縛られず、「子どもの成長を祝う節目」として家族そろって笑顔で七五三を迎えられるといいですね。

七五三の記事はこちらもチェックしてみてください↓

2018年!七五三はいつ・何歳でする?数え年?満年齢?ベストな日は?

おすすめの記事